【VF甲府】ロッテさん、しばらく甲府に「マウエ」を貸してくれ(意味不明)

J1昇格プレーオフ圏争いは今季も大混戦! 6チームが3枠を争う状況で最終節へ(フットボールチャンネル)

甲府、ここに来て6位に浮上しまして(大汗)。とはいえ、7位の京都とは勝ち点・勝敗数すべて並んでいて得失点差のみという「なんだこのプレーオフ圏争い?」っていう前代未聞の大混戦に。

そして千葉ロッテの「マウエ」ばりの(以下略)

明治安田生命J2リーグ第41節の試合が16日に各地で開催された。J1昇格に向けたプレーオフ圏となる6位以内の確保に向けた争いは、混戦のまま最終節へもつれ込んでいる。

 2位以内での自動昇格を争う横浜FCと大宮アルディージャはすでに6位以上を確定済み。残り3つとなるプレーオフ枠を、前節終了時点でわずか2ポイント差にひしめく6チームが争っていた。

 13時キックオフの試合では4位のモンテディオ山形が山岸祐也のハットトリックによりレノファ山口FCに3-2の逆転勝利。プレーオフ圏内を維持して最終節を迎えることを一足先に決めた。

 続いて14時キックオフの試合では7位のヴァンフォーレ甲府がFC岐阜に3-1、8位の京都サンガF.C.がジェフユナイテッド千葉に1-0でそれぞれ勝利を収め、暫定でプレーオフ圏内へ浮上。一方9位のファジアーノ岡山は横浜FCに0-1で敗れる結果に終わった。

 15時キックオフの試合では、前節時点で山形と並んでいた4位タイの水戸ホーリーホックが鹿児島ユナイテッドFCに0-1で敗戦。6位の徳島ヴォルティスは東京ヴェルディを2-1で下し、京都を押し出す形でプレーオフ圏に再浮上した。

 今節の結果により、勝ち点70の山形と徳島、勝ち点68の甲府が6位以内で最終節を迎える。京都は得失点差で甲府に劣り7位、水戸はその両チームに1ポイント差で8位となっている。岡山も数字上は6位浮上の可能性を残しているが、勝ち点だけでなく上位チームとの大きな得失点差も覆す必要があり非常に厳しい状況となる。

 最終節は24日に全試合同時刻開催で行われる。J1昇格へ前進を果たすのはどのチームになるのだろうか。

▼J2順位表(上位)
1. 勝ち点81(得失点差+40) 柏レイソル
2. 勝ち点76(得失点差+24) 横浜FC
3. 勝ち点74(得失点差+22) 大宮アルディージャ
4. 勝ち点70(得失点差+20) モンテディオ山形
5. 勝ち点70(得失点差+19) 徳島ヴォルティス
6. 勝ち点68(得失点差+22) ヴァンフォーレ甲府
7. 勝ち点68(得失点差+15) 京都サンガF.C.
8. 勝ち点67(得失点差+18) 水戸ホーリーホック
9. 勝ち点65(得失点差+3) ファジアーノ岡山

▼J2最終節 プレーオフ圏争い関連カード
モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア
水戸ホーリーホック vs ファジアーノ岡山
柏レイソル vs 京都サンガF.C.
横浜FC vs 愛媛FC
ヴァンフォーレ甲府 vs FC琉球
ツエーゲン金沢 vs 大宮アルディージャ
徳島ヴォルティス vs レノファ山口FC

しかし甲府はJ3降格がかかるFC岐阜が相手、という実に難しい試合だったんですが…2ゴールのピーター・ウタカ氏にもびっくりですが、ここに来て後半出場で3試合連続ゴールの金園英学にもびっくりですわ。

↑お借りしてきました(多謝)。ヴァンくんいいなあ(笑)

スポンサーリンク

まさに台風の目だ…。

この結果、

水戸ちゃんが負けて、その他の山形・徳島・甲府・京都が勝ったのでこの順位に。とはいえ「6位」の部分だけ着目すると、チャンスがあるのは勝ち点差3の9位・岡山までということに。

それにしても甲府は去年の最終節前の段階では6位のチャンスすらなく、今季も夏場から秋口にかけて「あっさり失点して勝ち点を失う」試合を続けていただけに。GKの河田の神がかりのファインセーブと、怪我が癒えた新井の守備(ま、今日の1失点時の河田との連携ミスは今後の反省課題として…)、更にスーパーサブの金園がここまで「効果大」だったとは。

で、最終節は琉球戦。順位は甲府よりかは下の方ではありますが、今年前半では首位をひた走る快進撃を見せ、その勢いを、琉球のホーム無敗記録を止めたのがこの甲府だっただけに琉球も一矢報いるべく必死なプレーを見せてくるでしょう。ゆえに決して油断なさらぬように。

ま、それはそれとしても…。

本当にピーター・ウタカ氏、林家こん平師匠によく似てるわ(意味不明)

そして奇しくも明日はロッテも甲府もファン感謝デー(笑)

あとこれは「偶然」だと思うんですが、千葉ロッテとヴァンフォーレ甲府は明日は実は、

「ファン感謝デーorサポーター感謝デー」なんすね。甲府はまだ次節が残ってるんですけど。

いやあこういう偶然もあるから、甲府は来月の昇格プレーオフまで千葉ロッテから「マウエ↑」のキャッチフレーズをしばらく借りちゃえ(笑)。ま、ロッテの方は最終戦で西武にボコボコにやられてCSには行けなかったんすけど(←やめなさいw)

チャランポラン闘病記――多発性硬化症との泣き笑い2000日
林家 こん平
講談社
売り上げランキング: 778,038

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ