【VF甲府】今季初黒星。ロスタイム被弾よりも「なんとなく同点弾」の方が…。

無敗の“首位獲り合戦”は水戸に軍配!!甲府は逆転負けで今季初黒星(ゲキサカ)

昨年の今頃に比べれば上々過ぎるスタートダッシュを決められましたが、ここで今季初黒星。ロスタイムのFKは仕方がない。

[4.14 J2第9節 甲府1-2水戸 中銀スタ]

 J2第9節が14日に行われ、3位水戸ホーリーホックは敵地で2位ヴァンフォーレ甲府と対戦し、2-1で勝利を収めた。前半2分に甲府のMF横谷繁に先制点を許したが、同26分にMF黒川淳史、後半アディショナルタイム4分にDF志知孝明が決めて逆転。無敗チーム同士の一戦を制し、暫定で首位に立った。

 首位山形を勝ち点2差で追う2位甲府と3位水戸の直接対決。先手を取ったのは甲府だった。

 前半2分、MF内田健太の右CKからゴール前で混戦となり、最後は横谷が体で押し込む。今季から甲府に加入した横谷は、これが新天地での初ゴール。得点直後、選手たちはベンチに駆け寄り、7日に第二子長男が誕生したDF小柳達司を祝うゆりかごパフォーマンスを披露した。

 水戸は黒川とFW村田航一の2トップを中心に反撃を仕掛けると、前半26分に同点弾が生まれる。MF白井永地からのロングパスを村田が粘って落とし、流れたボールを拾った黒川が細かいタッチでPA内の密集を突破。GK河田晃兵が飛び出してきたが、冷静に左足で浮かせたシュートを決め、1-1とする。黒川は2試合連続ゴールで今季2得点目を記録した。

 試合は1-1のまま終盤を迎え、引き分けが見えてきた後半アディショナルタイム4分にスコアが動く。水戸がPA手前左でFKを獲得すると、キッカーの志知が左足で低いシュート。壁の左横から巻いたボールがゴール左に決まり、2-1と逆転する。志知の今季2点目が決勝弾となり、水戸が暫定首位に浮上。甲府は今季初の黒星を喫した。

まあ個人的には、冒頭にも書きましたが、前半2分に混戦の中で強引にゴールに押し込んだ気迫みたいなのが、

その20数分後に、実に「あっさりと」失点を喰らって同点に追いつかれてしまったのが痛かったですね。未だになんであんなに守備が緩々になったのかがわからん同点劇で。

凄い結果論になって恐縮ですけど、よくサッカーの試合で言われるフレーズの「点が取れる時に取れないとこうなるよね」という典型的な試合でしたし。それをモノにした水戸ちゃんの方が一枚上手だった、ということなんでしょう。

スポンサーリンク

将棋で言えば「飛車角3枚並べて」勝てるもんでもない、と。

で、この試合、甲府はピーター・ウタカ、ドゥドゥ、ジュニオール・バホス…と、強力3トップを並べて「うわっ」って感じのコワモテな3トップを構成して臨んでましたけども…逆に最後の「詰め」の部分が甘かったのがなんとも残念、と。これだとしたら、おそらく佐藤洸一と共々、バホスをスーパーサブ的な使い方をして、ウタカ・ドゥドゥに的確なパスを出す司令塔的なパサーを投入したほうが、相手の守備網にあっさりひっかからずにもっと多彩な攻撃ができるんだろうな、というのがある意味で確認できたのが、それはそれで良い収穫だったのか。

と同時に、コワモテなストライカーを3枚並べりゃいいってもんじゃないんだなってことも勉強になりましたわ。将棋で言えば「飛車角を(相手から1枚奪って)3枚持ってても勝てるとは限らん」というのと「銀とか香車の使い方(=要は攻撃の組み立て方、等)も肝心だよ」と(苦笑)。かの加藤一二三大先生のいうとこの「銀は営業部長」って言葉が本当に心に染みますな(をい)

ただ、甲府からすれば、これが今年の夏場あたりに酷暑の甲府の夜に「愕然」とする負け方でそれ以降のシーズンに響きそうな感じになる前、こんなシーズン序盤の4月の、GWの前にはっきりできて良かった…と個人的には思いたいですね。それと同時に怪我して出れてないプレイヤーの諸氏が早く癒えるように祈る次第です、はい。

 

【Amazon.co.jp限定】加藤一二三名局集
加藤 一二三
マイナビ出版 (2015-11-25)
売り上げランキング: 382,723

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ