甲府1-3金沢。問題はこの「自滅による大敗」を次にどう活かすか…。

痛恨のPA外キャッチからオウンゴール…金沢が甲府を下して14位浮上(ゲキサカ)

一応DAZNをつけっぱなしで見てたり、作業中は音声聴きながらチェックはしてましたが、まあ豪快にヤラレましたね。曽根田がゴール決めなきゃ「なんだこのヘボサッカー」って記事を書くトコでしたわ(苦笑)

[7.4 J2第18節 甲府1-3金沢 中銀スタ]

 4日、ツエーゲン金沢はJ2第18節でヴァンフォーレ甲府とアウェーで対戦し、3-1で勝利。5月6日のJ2第13節・東京V戦以来のアウェー戦白星となった。

 当初6月9日に行われる予定だったが、甲府がルヴァン杯グループリーグを突破したため日程変更。甲府は中3日、金沢は中2日と過密日程の中行われた。

 試合は前半22分に動く。金沢は甲府GK河田晃兵がPA左外でボールをキャッチし、FKを獲得。キッカーのMF金子昌広が低くて早いクロスを入れると、DF高野遼のオウンゴールを誘発し、先制に成功した。

 さらに金沢は前半32分、GK白井裕人のパントキックからDF小出悠太のクリアミスを見逃さなかったFW垣田裕暉が完全に裏へ抜け出し、右足ループシュート。GK河田の頭上を越えてゴールに吸い込まれ、2-0で前半を終えた。

 2点を追う甲府は、ハーフタイムで2枚替えを敢行。小出とFW阿部翔平に代え、DF秋山拓也とFW田中佑昌を入れた。対する金沢は、2点目を決めた垣田を下げ、MF清原翔平を投入した。

 次にスコアが動いたのは、後半12分だった。MF大橋尚志を後方から追い越してPA左でパスを受けたMF宮崎幾笑が、滑り込んだ相手を華麗にかわして右足シュート。体勢を崩しながらもゴールに流し込み、金沢が3-0とリードを広げた。

 苦しい状況となった甲府は後半38分、右サイドを縦に仕掛けたFW道渕諒平が低くて鋭いクロスを供給。こぼれ球を途中出場のMF曽根田穣が左足で決め、1点を返した。しかし、反撃もそこまで。試合は3-1で金沢が勝利。3試合ぶりの白星を飾り、14位に浮上した。一方の甲府は3試合白星なし(1分2敗)となった。

結果、甲府は今季7敗目にして初めて2点差以上ついた負け試合を喫する次第になったわけですな。

スポンサーリンク

今日の試合を「ロッテの負け戦」に例えた私…(苦笑)

つーか、この試合、いつも見てるロッテ戦で例えるとこんな感じでしたわ。

あんだけgdgdな前半をやってたらそりゃ勝てんわって感じ。怪我人続出は不可抗力的に仕方ないがその為の控え組のあんたらへのチャンス(=ターンオーバー)だったわけだし、過密日程に関しては金沢だって中2日で来てるんだから条件はイーブンでしょう。

もっとも序盤ミスって失点を与えることになった、GK・河田、DF・小出、そしてDF高野遼(まあ高野のあれは不可抗力だと思うんですけど)は、実はどっちかというとリーグ戦にも出てるレギュラー組の面々だな…というのはこれを書いてて気づきましたけどね。

で、最終的には後半、ポジションチェンジやら選手交代やらが効いていつもの前半怒涛の攻撃をして後半バテる甲府とは真逆の、甲府の後半の怒涛の攻めが見れたわけですがさすがに金沢もそこまで守備が緩いわけではなく1失点で逃げ切って試合終了、となった次第でした。

さっさとうまいもん喰って爆睡して切り替えろ。

まあ本当は控え組の選手たちがここでアピールして結果出して更にチーム内競争が激化してスタメン争い、ベンチ入り争いにも活気が増してくれるといいんだけどなーなんて思ってたんですが怪我明けの小椋とかはさすがに試合勘が戻ってきれてないようで…。

でもこういう時はもうゴールを決めた曽根田GJ!! 曽根田といいクロス供給した道渕はもちろんのこと、あとの選手たちはうまいもん喰ってとりあえず爆睡して切り替えろ!!としか言いようがないですね。つーか、ここで切り替えられないようじゃプロじゃないですわ。それはいうまでもなく選手も監督もチームスタッフも、ですけどね。

ただ、甲府、多少の補強は必要かもしれないけどね。そこらへん佐久間GMなんか水面下で動いてるんだろうか。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ