【VF甲府】J2最終節。一応、千葉ロッテから「マウエ」を借りとくわ(爆)

【甲府】昇格POへ「勝負」 小出主将が覚悟「大きな思い」(スポーツ報知)

いよいよJ2は最終節。甲府はホームで琉球を迎えての大一番。プレーオフと入れ替え戦に繋がるかそれとも今年何度もやらかしたポカで「最終戦」となるのか…。ゆめゆめ油断すんなよ、そしてオフに入った千葉ロッテから「マウエ」を借りとけ(爆)

J2ヴァンフォーレ甲府は24日、ホームで琉球と戦う。J1参入プレーオフ(12月1日から)圏ギリギリの6位で迎える最終節。同じ勝ち点68の7位・京都には得失点差「7」上回っており、有利な立場にある。伊藤彰監督(47)は「昇格という2文字にチャレンジできるポジションにいる。つかみ取らないといけない」と4連勝でしめくくり、一発勝負の昇格プレーオフに弾みを付ける。

 「(前節で)6位に入ったからといって、何も決まっていない。負けたら9位まで落ちる。勝てば4位まで行く。勝負しなきゃいけない」。伊藤監督は、シーズン最終戦へ向け、ライバルの試合経過にとらわれず、ただ琉球戦勝利だけを目指す姿勢を改めて示した。

 京都戦の後半ロスタイムにGK河田晃兵(32)が大殊勲のPKストップ。引き分けすら許されない土壇場でもぎとった1―0勝利から、3連勝は始まった。甲府が琉球に勝ち、4位・山形と5位・徳島が引き分け以下に終われば、4位に浮上。12月1日のプレーオフ1回戦をホームで戦える可能性も残されているが、MF佐藤和弘(29)は「次の琉球戦に勝たないと意味が無い。プレーオフを見過ぎると失敗してしまう」と気を引き締めた。

 今季限りで退団するベテラン4選手が発表された。後日去就が明らかになる選手もいる。「クラブのいろんな決定事項がある中で、よく頑張ってくれてるなと思う。みんなクラブのために戦ってくれている。もう一度(全員で)熱いもの見せられたらいいなと思う」と伊藤監督。試合前日のこの日、恒例となっているセットプレーを中心にした軽めのメニューだったが、気合いの入った声が多くの選手から上がっていた。

 今季から主将を務めるDF小出悠太(25)は「ずっとサッカーをやってきて、高校時代最後の試合などで、かける思いがあったが、(琉球戦は)本当に大きな思いがある」と断言した。累積警告で出場停止のMF小椋祥平(34)の代役にはMF横谷繁(32)の起用が濃厚。これからは勝てば希望がつながる。その先に3年ぶりのJ1復帰がある。

前節を終えた時点での順位はというと、

こんな感じ。

スポンサーリンク

「失うものはない」が「まだ何かを成し遂げたわけ」でもない。

ゆめゆめ「琉球は下位だしヨユー。仮に先制点取られても、取り返そうと思えばいつでも点は取れるさ」…などと思わないことですな。琉球さんが今季シーズン序盤に快調に首位をひた走ってたことと、それの調子を思いっきりくじいたのは「ホーム無敗記録」を止めたシーズン前半の甲府戦だったのを考えると、琉球さんだって「一矢報いてやる」と思ってるのは当然。しかも琉球の樋口監督は2015年シーズンの時に甲府の監督を途中交代を余儀なくされた人ですし。

なので「スラムダンク」のゴリ…もとい湘北の赤木キャプテンのいうとこの、

まさにこの状態ですわ。実際に「スラムダンク」でもタイムアウトの直後に、王者・山王工業に目が覚めるようなスーパープレイをやられて現実に引き戻されてたわけですが。

ユルい守備陣があっさり破られて先制されて、ちょっと(選手もスタンドで応援してる甲府サポも)毎度毎度概してレベルの低いJリーグの審判のジャッジのおかしさに腹を立ててる間にカード出されて、対戦相手にいいようにボールも時間も使われて自滅…する前に、だったら「俺らは絶対に1点も取られねえ。どこかでピーター・ウタカかゾノさん(=金園英学)にいい仕事をお膳立てすっから、身体を張って琉球を全力で倒しに行くべや」ぐらいの気概は見せて欲しいな、とそこは強く思いますね。それで負けたり引き分けて「最終戦」になったら仕方ないでしょう、来年リベンジを図るべしとなればいいだけの話で。

ついでにロッテから山室球団社長と謎の魚を招聘できねえかな(泣)

…しかしわからんのが、チームの編成上の都合とは言え、スタメン級の30代のベテランの選手を堂々と切るなや。

これで退団した30代の選手の代わりに、他チームから「年俸が安い」もっと年上の選手を大量に補強したら笑うしかねえけどな。だったらそこは本気になって、

【ロッテ】山室球団社長が退任「FA宣言します」(スポーツ報知)

いやー、どうにかスポーツ界の人脈や甲州の政財界人脈を駆使して千葉ロッテの山室球団社長を「招聘」して、チームの経営基盤そのものから立て直したほうがいいと思うぞ?いやマジで。

ロッテは22日、山室晋也球団社長(59)が12月1日付で退任することを発表した。河合克美代表取締役オーナー代行(67)が球団社長を兼任する。

 山室氏は、みずほ銀行の支店長時代は常に好成績を記録。16期中15期で表彰を受ける快挙を達成するなど、エリート街道を歩んできたことから当時、流行したドラマの主人公にかけて“リアル半沢直樹”と呼ばれた。14年に現職に着任し、20億~30億円ともいわれていた赤字球団の立て直しに奔走。観客動員数は就任前の13年は126万439人だったが、今季は球団最多の166万5891人に増員するまでの成長を遂げた。

 「何よりも12球団一のファンの皆さまと分かち合えた勝利の喜びはこの上ないものでした。黒字化もできて、やり尽くしたと思う。今後は何も決まってないです。FA宣言します」と明るく振る舞った。数多くの功績を残してきた名物社長が惜しまれつつ、ロッテを去る。

なんやかんやで招聘されたもののTwitterで「ただの口舌の徒」にしかなってねえ栃木SCの「えとみほ」氏よりも何十倍もいい仕事をしてくれそうだ(苦笑)。ついでにファンサービスの一環で、少しずつ使用頻度が下がり始めている「謎の魚」もレンタル移籍させて(以下略)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ