浦和レッズの「柏木の師匠」がこんな形で退団する事になるとは…(;゚Д゚)

浦和・柏木陽介が退団、移籍へ 沖縄キャンプ中に外食 2度目の規律違反に断罪(デイリー)

個人的には甲府と共に贔屓にしている浦和レッズなんですが、まさかキャプテンまでつとめて11年も在籍していて、私自身は愛着を込めて(?)「柏木の師匠」と、ブログ等では呼んでいた柏木陽介選手がこんな展開になるとは…(大汗)

J1浦和の戸苅淳フットボール本部長(52)が16日、オンラインで取材対応し、沖縄キャンプ中に規律違反のあった元日本代表MF柏木陽介(33)を移籍先を探した上で退団させると発表した。

 同本部長は「柏木選手に関しては浦和レッズの経験豊富な選手であり、チームをリードしてく選手として期待していました。ACL優勝や数々のタイトルをもたらせてくれた選手であり、社会貢献活動も積極的に行ってきましたが、チーム内における規律を保つことは重要と考え、本人と話し合った上で移籍する方針で調整していく方針となります」と説明した。

 「契約解除ではなく、移籍先を探して退団するということ」とし、今後移籍先を探した上で退団となる。柏木は戸苅本部長と2度話し合いの場を持ったという「現状を鑑みて移籍し別々の道を歩む事で合意しました」と明かした。

 柏木は沖縄キャンプ中の4日午後4~6時頃にFW杉本健勇(28)とともに飲食店を貸し切って外食した。新型コロナウイルス感染防止策として、クラブは近隣のコンビニ以外の外出及び外食を禁止、Jリーグのプロトコルでも外出、外食を控えるよう呼び掛け、沖縄県では独自の緊急事態宣言を出し、外出自粛を要請していた。重大な規律違反だった。

 事態を重く受け止めたクラブは6日以降2人を練習から外し、厳重注意と罰金の処分を科した。杉本は10日の練習から参加を許されたが、昨秋にもクラブの規律違反を犯して都内で外食していた柏木については合流時期が未定となっていた。

 柏木は広島ユースから06年広島入り。10年に浦和に移籍した。MFとして攻守に存在感を発揮。高度なパスセンスでアシストも多く記録。18、19年には主将も務めた。J1通算392試合出場56得点。昨季は出場9試合にとどまっていた。2010年に日本代表に初選出。国際Aマッチ11試合無得点。ニックネームは「浦和の太陽」。

いやあ勿体ねえなあ。実力が劣って戦力外・構想外のような形で契約満了で他チームに移籍…だったらまだわかるんだけども、全然主力でプレーし続けていて(ここ2年ほどは少しずつ出場機会は減っていたとはいえ)、11年も在籍してた浦和とこんな形でサヨウナラすることになるとはねえ。そして長く浦和を応援してた熱心なサポーターの皆さんからしても多少の覚悟はしてたかもしれないが「無念」の一言に尽きるでしょうな。

スポンサーリンク

どうしても「甲府→仙台の道渕」「ロッテの清田」を思い出す。

で、やはり甲府および浦和、そして千葉ロッテを贔屓にしてる私としては、

甲府→仙台に移籍した道渕諒平が、また恋人相手にDVをやらかすとは…(;゚Д゚)

2020年10月20日

↑甲府時代の大卒1年目の時に恋人相手に暴行事件を起こして警察沙汰をやらかし謹慎処分を喰らい、移籍先の仙台でもまた恋人相手にDVやらかして解雇された道渕諒平という選手の一件と、

【千葉ロッテ】清田選手よ、不倫もいかんが「球団への虚偽説明」はもっと駄目だわ。

2021年1月7日

【千葉ロッテ】清田育宏に「無期限謹慎処分」が…こればかりは致し方無い。

2021年1月15日

↑去年、新型コロナ禍の遠征先・札幌で不倫相手と飲みに行ったりしていて球団に虚偽報告をして現在、無期限謹慎を食らっている清田育宏の一件…をそれぞれ思い出しますねえ。

ま、今回の場合は「キャンプ中に規律違反を引き起こした」という話で、どっちかというとロッテの清田の件に近い話(もっと言えば札幌で大酒かっくらってた岩下大輝の話に近いと思うのですが)で、警察沙汰は起こしてないし、不倫のようなプライベートの倫理的にアレな話ではなく、あくまでも浦和レッズのチーム内の規律を破った、しかもキャプテンまで経験した中心選手が過去も含めて2回も、という意味では「そうでもしないと示しがつかない」と浦和のチーム側のフロントや現場が判断したんでしょうね。

それと清田の一件と違って「まだまし」と思える話もありまして、

規律違反の浦和・柏木 外食発覚は「チーム内から情報」理由は「ストレスを感じて…」(デイリー)

同じくデイリーの記事なのですが、上記の記事と中身は似てるんで抜粋して引用しますが、「ここらへん」なんですね。

外食した事実は「チーム内の方から『行ったらしい』という情報があり、本人に確認したという経緯です」と説明。「飲酒については若干あったと聞いています。キャンプ中の飲酒が禁止されているわけでないですが、3杯くらいあったと聞いています。2人以外の人がいらっしゃったとは聞いていません」という状況だった。

この点です。要は「チーム内部から情報があった」というとこですね。ここらへんに関しては残念ですが千葉ロッテ球団が週刊誌やスポーツ紙などの情報が先行して、球団本部長とかが動かない前にまごまごと「大事(おおごと)」にしちゃって記者会見もロクにせずに清田の処分を喰らわせたという後手後手の対応はやはりプロスポーツチームらしくない対応と言われてもグウの音も出ないでしょう。むしろ今回の浦和の「対応」および「処分」の方が「然るべき対応」だなとしみじみ思いますね。

やはりここは過去に何度もサポーターとかが騒動を引き起こして、罰金やら無観客試合やら喰らってもなかなか動かなかった親会社の三菱自動車→三菱重工からの出向してきてた浦和のフロントとかが「あのやり方はさすがに今のは通じない」「やはり襟を正すとこは正さないと」と懲りたという側面もあるかもしれないですね。そうでなきゃ11年もプレーしていて背番号10をつけている中心メンバーでもあり、キャプテンまでつとめた「功労者」をこんな形で追い出す事をなかなか決断できないでしょうし。

ついでに書くと「一緒にでかけていた」杉本健勇選手には正直針のむしろで気持ち的にはつらい日々を過ごすかもしれないですけども、今回の一件は決して忘れずに今季はプレーの方で頑張ってほしい、と書いておきましょうかね。

で、「柏木の師匠」の元ネタなんすけども。

なお最後に私が勝手に呼んでいる「柏木の師匠」。こちらは元ネタがありまして、それは、

かつての昭和時代の落語の名人と呼ばれていた6代目・三遊亭圓生師匠が、たまたま新宿の柏木町に住んでいたので「柏木の師匠」と呼ばれていたとこから拝借いたしました(苦笑)。ちなみに↑の古典落語の演目は「一人酒盛り」。まあざっくりと言えば「性質(たち)の悪い酒飲み」が出てくる噺です。ま、飲みに行ったのは一人ではなく杉本健勇と二人だった点はともかく(をい)

※それにしても昨日はクイズサークルのブログで圓生師匠の話を書いてまさか2日連続で書くことになるとは…(;゚Д゚)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ