「あの」トランプ大統領夫妻まで感染するとは…新型コロナさん半端ねえ(大汗)

トランプ大統領夫妻 新型コロナ陽性 ツイッターで明らかに(NHKニュース)

よりによって大統領選挙直前に感染・罹患するなんて…。てか、飛ぶ鳥を落とす勢いの新型コロナ師匠(?)も半端ねえというか容赦ねえというか。

アメリカのトランプ大統領は、みずからのツイッターで新型コロナウイルスの検査で陽性の結果が出たと明らかにしました。また、メラニア夫人も陽性と判定されたとして、直ちに隔離と回復のためのプロセスを開始すると表明しました。

トランプ大統領は2日未明、日本時間の2日午後2時前、みずからのツイッターで「今夜、妻と私は新型コロナウイルスの陽性と判定された。直ちに隔離と回復のためのプロセスを開始する。この新型ウイルスを、ともに乗り越えていく」と投稿しました。

トランプ大統領とメラニア夫人は、最側近のホープ・ヒックス氏が1日、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたことから検査を受け、自主的な隔離措置をとっていました。

主治医「体調良好 公務に支障ない」

ホワイトハウスは、トランプ大統領の主治医がまとめた報告書を日本時間の2日午後2時すぎ公表しました。

このなかで主治医は、トランプ大統領とメラニア夫人が、新型コロナウイルスの陽性の結果が出たことの報告を受けたとしたうえで「2人とも体調は良好で、回復するまでホワイトハウスにとどまる予定だ」としています。

また「引き続き、職務にあたることができると判断している」として、公務に支障はないという見方を明らかにしました。

そのうえで主治医は「ホワイトハウスの医療チームが注意深く見守っていく」としています。
アメリカで新型コロナウイルスの感染が拡大し続けるなか、トランプ大統領は当初、消極的だったマスクの着用を国民に呼びかけ、みずからのマスク姿も見せて感染防止対策をとっていると主張していました。

しかし新型コロナウイルスをめぐる大統領の言動については、専門家の助言を軽視しているとして、疑問視する声があがっていました。

大統領選挙がおよそ1か月後に迫る中、トランプ大統領が陽性と判定されたことは選挙戦にも影響を及ぼす可能性があります。

トランプ政権では、ことし5月にはペンス副大統領のミラー報道官が、7月にはホワイトハウスで安全保障問題を担当するオブライエン大統領補佐官の感染が明らかになっています。

ま、本人がツイートできる程度なんで命には別状がない程度の病状なのは何より…なんだろうな。

スポンサーリンク

しかし「波乱万丈」な大統領だこと…(^_^;)

ま、過去にアメリカ大統領で現役のまま病気で死んだり、暗殺されたりで亡くなってる人が何人かいるんですが(暗殺だとリンカーンやケネディ、病没だとフランクリン・ルーズベルトあたりがそれになりますかね)、初期の頃の大統領ですごい人は大統領の就任演説ってのは大概1月中頃に行われるんですけども、どえらい寒い日に外套も着ずに長々とスピーチをやって直後に肺炎で死んだ、という人もいるぐらいで。

また最終的には暗殺未遂で助かった(しかもよりによって就任した直後に狙われるも助かって最終的には2期・8年間全うできた)レーガンとかもいますし、レーガンみたいにその中に「列せられない」ように気をつけな。ついでにニクソンみたいにスキャンダルで途中で辞めさせられないように気をつけな…と書いておきましょうかね。

…で、これで先日「子供のケンカ」みたいな討論をやった民主党のバイデンも一緒に感染したりしてな。辛口のマスコミからは「喧嘩両成敗」とか皮肉られそうですけど(意味不明)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ