巨人・田口投手とヤクルト・廣岡選手の交換トレード、両チーム間のは実に44年ぶりだそうで…。

巨人とヤクルトの交換トレードは44年ぶり 浅野-倉田のようにVの使者となれるか(デイリー)

昼間にこのトレードのニュースを聞いてえらくびっくりしたんですが、両チームの交換トレードってのも44年前にあったきりという話にもびっくりしましたな。両選手頑張ってほしいっす。

巨人・田口麗斗投手(25)とヤクルト・広岡大志内野手(23)の交換トレードが合意に達したことが1日、両球団から発表された。両球団の間でFA移籍や金銭トレードの例は過去にもいくつかあるが、交換トレードとなると、1976年オフのヤクルト・浅野啓司投手と巨人・倉田誠投手の1対1の交換トレード以来、実に44年ぶりとなる。

 浅野は73年に14勝12敗で防御率2・38、74年に12勝15敗5セーブで防御率2・39と活躍。入団10年目、27歳だった直近の76年は23試合登板で3勝6敗1セーブ、防御率3・51だった。

 対する倉田は73年に18勝9敗、防御率2・74で最高勝率のタイトルを獲得。入団12年目、30歳だった直近の76年は30試合登板で1勝2敗1セーブ、防御率3・12だった。

 両者の交換トレードは、ともに優勝への貢献という最高の形で結実した。

 浅野は移籍1年目の77年に9勝4敗1セーブ、防御率2・52でカムバック賞を受賞。長嶋巨人のリーグ連覇に貢献した。倉田も移籍2年目の78年に中継ぎ、抑えとして43試合に登板して5勝2敗4セーブを挙げ、広岡達朗監督率いるヤクルトのリーグ初優勝を支えた。

 2017年に13勝を挙げている25歳の田口と、昨季は代打中心に8本塁打を放った23歳の広岡。44年前に実現した浅野-倉田の交換トレードのように、両球団に優勝をもたらす価値ある移籍となるか。

浅野啓司と倉田誠の両選手以来ですか…。なんかさんざんFAとか金銭トレードとかでやたらと移籍が多い印象があるんですが、1対1の交換トレードってが物凄くレアなチーム同士だったんですね。意外だ。

スポンサーリンク

お互いのチームで最高のトレードだと言われるように頑張れ(笑)

うちの実家に今でも残ってると思うんですがコロコロコミックに連載されていた「リトル巨人くん」にはこの両選手も出てましたね。浅野投手は眼鏡をかけてひょうひょうと投げてた印象があります。何より倉田選手は引退後、巨人のフロントのけっこう偉い人になってましたし、浅野投手も巨人戦の野球解説者やヤクルトなどのコーチもつとめていたりして、引退後もご活躍されてたんで、この両選手の交換トレードは両チームにとっては大成功だったんでしょうね、きっと。

それと巨人とヤクルト間のトレードだと、同じ首都圏に1軍球場も2軍球場や練習場も勿論あります(巨人はよみうりランドだから多摩の稲城市、ヤクルトは埼玉の戸田市だった記憶があります)。なので基本的には1軍の場合は巨人・ヤクルト・DeNA戦の時は遠征せずに自宅(ないし選手寮)から通えるでしょうし、昔ほどチーム間のライバル意識が強いわけではないから口をきいたことがない選手よりも、多少は面識がある選手のほうが多いでしょうから(それに高校・大学の直の先輩後輩とか、対戦相手とかもいるハズですから)両選手も馴染むのは早いんじゃないでしょうかね。

あと個人的には田口投手は、あの風貌が小中学校時代の幼馴染によく似てまして(笑)。まあそういうわけで巨人戦で登板したらなんか昔からの知り合い感が強くて内心は応援してました。もっともその幼馴染当人は大の広島ファンだったんですけども(苦笑)。

それと昼間、Twitterを見てたら凄い方がいらっしゃいました。

…をを、予言者様が(;゚Д゚)

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ