甲府、痛恨の逆転負けで遂に降格圏へ。でも何故苦笑しつつも「わくわく」してんだろ俺…。

鳥栖、95分の劇的ゴールで逆転勝利! 甲府は退場が響き1点を守れず | サッカーキング

全部ではないですがDAZNを視てました。橋爪の退場が試合の流れを一変させちゃいましたな。

2017明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、サガン鳥栖とヴァンフォーレ甲府が対戦した。

 試合開始早々、アウェイの甲府が試合を動かす。カウンターからリンスが持ち上がると、右サイドに展開。再び中央に折り返されたボールを遠いサイドにいたリンスが押し込み、先制に成功した。

 甲府は63分、橋爪勇樹が2枚目のイエローカードで退場になる。すると65分、ついに鳥栖が追いつく。コーナーキックの混戦からビクトル・イバルボの折り返しをチョン・スンヒョンが足を伸ばして押し込み、試合を振り出しに戻した。

 6分のアディショナルタイムが与えられ、5分が経過したところで鳥栖が劇的なゴールを決める。イバルボが力強いドリブルでエリア内に進入し、折り返す。これをキム・ミンヒョクが押し込んで終了間際に試合をひっくり返した。試合はそこで終了、鳥栖が逆転勝利で勝ち点「3」を手にした。

 次節、サガン鳥栖は23日にアウェイで浦和レッズと、ヴァンフォーレ甲府はホームで横浜F・マリノスと対戦する。

今季に入って毎度毎度書いてますが、「昨年よりかはまし」なのは間違いないです。ボールが奪えない取れない守備がダダ崩れ…ではないだけに。ただし何かが足りない。それはリードした時のドタバタぶりなのか、それとも肝心要な部分で攻めきれない・守りきれないなのか。

ただ、不思議なもので試合が終わってしばしして、深呼吸をした後にふと自分の気持ちを思うと、明らかに苦笑いはしてるんだけどわくわくもしている自分もいるんですよね…。

スポンサーリンク

勝負はこうでなくちゃ面白くねえ(by立川談志)

いつも負けた後に探して視てるツイートが有ります。それは、

日頃から敬愛してやまない立川談志師匠の名言・格言botさん、なんですけどね。

他の甲府サポの方々はおそらく地元だからとか好きな選手がいるからから始まってると思うのですが、私は千葉出身東京在住、大学は神奈川…と甲府には地縁はありません。で、なんでハマったのか、というと、

判官贔屓100%

なんですね。これはたまたま地元球団ではありますが千葉ロッテマリーンズにも言えることで。千葉ロッテの場合は1998年の18連敗がきっかけでしたけど。

なので今でこそ勝ち負けで一喜一憂してますが、かつては千葉ロッテも甲府も、そして甲府の前にメインで応援してた浦和レッズも「弱かった頃」にハマって、言葉は悪いんですが「負けて当たり前。勝ったら大ラッキー」から入ってるんで、たぶんそこなんでしょうね。よほどひどいポカミス等で心底腹は立たないのは。

※まあ今年の千葉ロッテは「よほど」のことが起きてるんでさすがに怒ってるわけで(以下略)

なので基本的には、特に甲府戦の場合は自分から「後に引かない」ように気持ち的な切り替えを心がけるようにしています。

ただ、残り8試合に関しては、

という言葉も前提に見守りつつ、念を送りたいと考えてる次第です。

努力とは馬鹿に与えた最後の希望である。

つーか、既に甲府は、エース格であるウイルソンを手放して豪州の長身選手を獲得して、ポーカーでいうとこの「カードは切った」わけですから。その選手がいつものような「海の物とも山の物ともつかぬ」選手で大外れでそのままJ2へGOになってもそれは仕方ないですし、その逆であれば勿論「やりやがったな(笑)」になるわけですし。

ただ、仮にこのままJ2に落ちても、中途半端に吉田達磨監督を切るのは辞めて欲しい。あのタイプの育成型の監督はすぐに結果を出すタイプではない。初めて「腰を据えて」若手を育てて底上げを図ってるのだから、私自身は3年間は様子見しますわ。これで吉田監督を切る(更迭であれシーズン終了後の辞任であれ)のは長い目で見て決して甲府というチームには決してプラスにはならないでしょう。

Twitterでフォローさせてもらってる甲府サポの方がすごいいい事を言ってました。

まあそう思うしかないですよねえ?ここまで来たら…。

なので私自身は「降格が決まったら決まったでその瞬間から来年以降のことは前向きに考える」にとどめておきたいと思いますわ。それまでの残り8試合。全部勝て…とはさすがに言えるような環境ではないけども。必死にもがいてほしい。俺らも必死にもがくから。

そういえば3年前のシーズン終盤にこの言葉を見て、思わず涙が出たのを思い出しました。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ