こりゃ時津風部屋、親方が2代続いて「解雇」という前代未聞の事態も(呆)

時津風親方また違反で解雇も 場所中にマージャン店(日刊スポーツ)

馬鹿だねえ…。

部屋の「開祖」である元横綱の双葉山氏が草葉の陰で泣いているぞ、こりゃ。

大相撲の時津風親方(47=元前頭時津海)が初場所中、日本相撲協会作成の新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反したことが26日、分かった。

関係者によると、同親方はマージャン店のほか歓楽街に出向いていたという。協会は近日中に理事会を開き、処分を決める方針。同親方は昨年9月にもゴルフコンペに参加していたことが判明して2階級降格処分を受けており、違反は2度目になる。解雇を含めた厳罰は避けられない見通しだ。

大栄翔の初優勝などで初場所が盛り上がった直後、水を差すような行為が判明した。時津風親方が本場所中にもかかわらず複数回、雀荘でマージャンに興じていたことが分かった。また、マージャンだけでなく、歓楽街にも繰り出していた。関係者によれば、同親方は今場所に限らず、雀荘に出入りしていたという。

日本相撲協会は、新型コロナウイルス感染拡大を予防するためのガイドラインを作成し、力士、親方らに不要不急の外出を禁じている。初場所前に協会員878人全員がPCR検査を受け、力士5人が陽性となった。このほか直近で力士らの感染が判明した計5部屋に所属する親方や力士らの全休を決定。力士65人が休場して、初場所を実施した。

多くの協会員は、感染予防を徹底しながら15日間を過ごした。その結果、出場した力士らに感染者は1人も出ず、無事に完走。八角理事長(元横綱北勝海)は観客に感謝しつつ「外出できない中、力士も行司も呼出も床山も、そして親方衆も、その家族もよく頑張ってくれた。医療従事者にも感謝」と話したばかりだった。

時津風親方は昨年9月、友人に誘われて宮城県に旅行し、ゴルフコンペに参加。さらに、密状態ながら居酒屋にて会食していた。これが発覚して秋場所を謹慎し、場所後に「委員」から「年寄」への2階級降格処分を科された。出直しを期したはずが、違反を繰り返す事態になった。

手本を示すはずの親方の2度目の行為に対してあきれる親方は多く「クビは避けられないでしょう」と指摘する声もある。時津風部屋は今場所、正代が優勝争いに加わり、弓取りの幕下将豊竜が新十両に迫るなど、最後まで出場した15人中12人が勝ち越し。同じ屋根の下に暮らす親方の行為は、彼らの頑張りを台なしにしかねなかった。千秋楽からわずか数日、熱戦の余韻が消えていく。

まあサッカーで言えばイエローカード2枚でレッドカード・退場レベルの話でしょうよ。ま、もしかしたら今回のはイエローが1枚出てる状態で肘打ちとかやって一発レッドかもしれないけどね(失笑)

スポンサーリンク

となると、2代連続して親方が「解雇」されるかもしれんのか…。

で、時津風部屋というのはもともとは戦前期の大横綱・双葉山が現役中に(注:昭和30年代までは現役のまま親方を兼任することができました。これを「二枚鑑札」と言います)、立浪部屋から独立して立ち上げた部屋で、ここまで時津風親方となったのは歴代で5人います。その双葉山と、元横綱・鏡里(双葉山の次の世代の横綱でした。「10勝に達しなかったら引退する」と記者陣に宣言して本当に引退してしまったて逸話もあります)、更に元大関・豊山…と、ここまでは名力士であり、特に双葉山と豊山は相撲協会の理事長もつとめた程だったんですが。

ところが一つ前の元小結・双津竜の前・時津風親方は10数年前に部屋の序ノ口力士をリンチ状態で死に至らしめた「時津風部屋力士暴行死事件」の時の親方で、泥酔してビール瓶でぶんなぐったり、幕下力士に無茶な稽古を命じたり…で、相撲協会を解雇された人だったりします。その時に解雇された関係で後継者を決めておらず、ただちに新しい時津風部屋の親方を決めないと部屋が解散・消滅してしまうため、やむなく現役引退をして新しい時津風親方となったのがこの元前頭の時津海でした。

となると、もしこの現親方が「解雇」されることになると、もともと日本相撲協会では「解雇」された力士・親方というのが以前は極めて少なく、最近になって(たぶん公益財団法人になって監督官庁やマスコミの目が厳しくなったから、というのもあると思いますが)ぼちぼち出てくるようになりまして、ゆえに近年の相撲協会の部屋の親方としてはたぶん史上初めての「2代連続で同じ相撲部屋の親方が解雇される」可能性が出てきた、ということにもなります。ま、少し前だと肥満体質のうえに鯨飲馬食だった元力士の親方衆もそんな長寿ではない人がほとんどだったので(なので「これは非常におめでたい」ということで元横綱の親方衆などが還暦を迎えた際に「還暦土俵入り」というイベントを行う次第でして)、2代ないし3代連続して40代の若さで亡くなってしまい、下手すると後継者が立てられずに相撲部屋事態が消滅、所属力士や行司さんなどは一門の別の部屋に転籍…という事がたびたび発生しておりました。

ちなみに現在、時津風部屋には4人の部屋付きの親方が在籍してまして、元・蒼樹山の枝川親方が最年長で、元・土佐豊の間垣親方、元・旭里の中川親方、そして元豊ノ島の井筒親方(ただし元逆鉾の先代・井筒親方のご遺族から借りている「借株」の状態だそうです。将来的には先代・井筒親方の愛弟子でもある横綱の鶴竜が引き取るんじゃないかという話もぼちぼちあるそうで…)、という皆さんなんですが…。

まあ将来的にはもっとも若い親方か、今現役の幕内力士、例えば大関の正代関とか、幕内の(当代の)豊山関が継ぐことになるんでしょうけども、枝川親方は「前回の謹慎時の」時津風親方の代理としていろいろと仕事をこなしてた実績もありますし、現親方が「解雇」されたとしても、そこらへんの後継者に困るような事はないでしょう。むしろ部屋の力士や残った親方衆などが「親方はやらかしてしまったが、我々は時津風部屋の汚名返上できるように頑張ろう」と、より一層、肝心な本場所でいい成績を残せるように必死に稽古して頑張っていくしかないんでしょうね。

しかしアホだなあ親方。麻雀どころか実生活の方で役満級の振り込みをしてどーすんだか(呆)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ