っかし「担任が教え子を自宅から誘拐・監禁致傷」…は前代未聞だわ。


Alexas_FotosによるPixabayからの画像

容疑者は被害少女の担任教師 群馬・高崎の監禁事件

つーか、こんな事件は聞いたことねえわ。何考えて自宅を急襲した挙げ句、人気のない山林まで連れ出してんだか…。

少女を車内に監禁したとして、群馬県警が私立学校教員内田慎也容疑者(27)=同県高崎市寺尾町=を監禁容疑で逮捕した事件で、容疑者は中学2年の学級担任で、少女は教え子だったことが学校への取材で分かった。

 捜査1課によると、内田容疑者の逮捕容疑は、高崎市寺尾町の山林で25日午後4時半ごろ、停車中の乗用車内に少女を監禁したというもの。「間違いない」と容疑を認めている。

 少女の母から25日午後1時ごろ、「留守番中の娘が家にいない。室内が荒らされている」と110番通報があった。防犯カメラの映像などから容疑者の車を特定。山林内で見つけた車の後部座席に容疑者と少女がいたため、捜査員が窓ガラスを割ってドアを開け、少女を保護した。内田容疑者は包丁を自分の腹に突きつけたが、捜査員が取り押さえたという。

 少女の自宅は家具が倒れるなど争った跡があり、県警は容疑者が無理やり連れ出したとみている。捜査関係者によると、少女は首に圧迫痕や両目に出血があったことから、首を絞められた可能性もあるという。県警は、容疑を住居侵入や監禁致傷などに切り替え、27日に送検する方針。

 内田容疑者が勤務する県西部の学校によると、容疑者は2016年に採用された数学の専任講師。25日は期末試験があり、生徒たちは午後には帰宅していた。内田容疑者は休みを取っていたという。

「動機」は何だったのかは知らんが、あまりにひどすぎて。

スポンサーリンク

「圧迫痕ができるぐらいの首を締めた=殺意」ありありですやん。

つーか、「変質者がたまたま担任でした」って話なのか、「担任やってて殺意を持つぐらいこの女子生徒に何らかの感情を抱いた」…のかはさだかではないけど、わざわざ家族が留守中の家に訪れて、家具が倒れるぐらい大暴れして連れ出して、車で山林の人気がいないとこに連れて行かれたら「…これは殺されるかもしれない」って女子生徒も覚悟してたかもしれないね。

しかし「家まで訪れて家具をぶっ倒すほど大暴れした担任教諭」。これだけでもじゅうぶんアウト(=住居侵入)なのに、更に車で無理やり連れ出して拉致して、更に警察が来て捕まる直前にてめえの腹をつきつけて…って、これはさすがに「どんな同情的な事情があれども」、トリプルプレーもののアウトばかりで、まあ仕事はクビでしょうな。

仮に「この先生、生徒たちにいじめられてました。そしてこの首謀者がこの女子でした。だからこの女子を頃して自分も死のうと(以下略)」という最大限の同情できなくはない事情…かもしれないけど(たぶん違うと思うけどね。それだとしたら犯行は学校で「生徒たちをまとめて」行うでしょうよ…)、それでも住居侵入と誘拐、更に不法監禁でアウトでしょうね。更に「圧迫痕ができるぐらい首を絞めた」だと、殺人未遂や傷害罪or暴行罪も加わるでしょうから。まあ同情の余地はないでしょう。ゆえによくぞこの女子生徒が頃される前にご家族が動いて警察も場所を特定できたな、と。それだけが不幸中の幸いですな(無論、この女子生徒はPTSDとかが残る可能性はあるから、さらなるケアは必要なのは言うまでもありませんけど)

たぶん警察の取調べや刑事裁判では「殺すつもりはなかった」と弁明するんでしょうが、いやー「圧迫痕ができる程度の強さ」は頃す気満々ですやん。さらに心中用の包丁まで用意してるってことは、「計画性」もあった可能性も高いしで。しかし色んな意味で「前代未聞」すぎて、まさに危機一髪って感じですな、本当に…。

 

先生って! ~人間教師としての仕事術
金沢智恵子
教育芸術社
売り上げランキング: 208,662