進路指導教諭「ごめん君らの願書、出し忘れて間に合わなかった(てへぺろ」←をい

高校が願書出し忘れ、生徒4人受験できず(TBSニュース)

毎年こういうのは1-2件は出てくるな。でもこれ、本人の資質と責任感の問題で高校教師がブラックな勤務環境とかは関係ないと思うぞ? まったく生徒たちの人生を何だと思ってんだか…。

去年11月、神戸市の県立高校で進路指導の教諭が大学の推薦入試の出願書類を期限内に提出できず、生徒4人が受験できなかったことが分かりました。

 兵庫県教育委員会によりますと、去年11月、神戸市内の県立高校に通う生徒4人が、兵庫県立大学の推薦入試を受験することになっていました。

 出願書類は高校ごとにまとめて提出することになっていましたが、進路指導の教諭が提出期限の確認を怠り、期限当日になって出願書類を郵送しました。このため、期限内に書類が届かず、4人が受験できませんでした。高校は生徒や保護者に謝罪しましたが、一部の生徒はまだ進路が決まっていないということです。

 県教委は教諭らを懲戒処分とした上で、「生徒の人生を左右しかねない重大なミスであり、大変申し訳ございません」とコメントしています。(13日13:47)

で、別の記事だと、推薦入試に落ちた後は一般入試向けに「特別補習」を学校で組んで生徒をバックアップしたそうですが…いやあ、それじゃあ済まないだろうな。「一部の生徒はまだ進路が決まっていない」ってのはそういう意味(?)なんでしょう?

スポンサーリンク

つーか、「期限当日」だったら直接持っていけよ(呆)

しかしわかんないのは、「うっかり忘れてました→気づいたら期限当日でした」…の流れで、そこから郵送したって間に合うわけはないじゃないすか。ちなみに「兵庫県立大学」もこの高校と同じ神戸市内にあるそうで、だったら直接持っていけよ、ってツッコミは禁じ得ないなあ、これ。仮に高校と大学の位置関係が神戸市内の端と端かもしれないけど、一応、車で持っていって駐車場から大学の入試課まで息切れするぐらいダッシュするなりして「誠意」は見せろや、と。

で、可能性としてありうるのは「実は期限日すらうっかり失念してました」的な話なんですけどね。だって締切日が今日まででそこから郵送して間に合うなんて思うほうがアホで、個人的には「ははーん、実際は期限日すら忘れて出し忘れてたな?」って思いっきりうさんくささを感じちゃうんですけども。つまりは、教師の大ポカを「期限日にひとまず郵送はしました。でも大学側が受け付けてくれませんでした。先生は一応の努力はしましたでもダメでした。生徒のみんなごめんね(てへぺろ」と、小ポカ(?)にごまかす為のウソだったんじゃねえの?とすら。

実際は…たとえば本当は2日が締め切りだったのに、20日って勝手に記憶して出しちゃってたりとか、実際は「もっと程度の低いポカミスで言い訳のしようがない」次第のような気がするんだけどなあ。

来月になったら新年度で「リセット」するつもりなんでしょう?

でも仮に「懲戒処分」って言ったって、どうせ重くて減給、軽くて訓戒とか厳重注意とすなんでしょう?

きっとこの進路担当教諭、今頃は「一般入試で合格できなかった生徒は、推薦入試だって合格するわきゃねえだろ」とか勝手な論理でもう開き直って、「さあ数週間もすれば新年度だ。次、次っ」ととっくに勝手に頭を切り替えててめえのポカミスを忘れてたりしてな…。生徒の人生を何だと思ってんだか、と。

だとすれば、いっそのこと「この仕事、自分には合ってないようです」と潔く辞表出してその多少は出るだろう退職金で予備校費を全額補填してやったら?って思うわ。学年と一緒にてめえの仕事もリセットしちゃえばいいのにな(失笑)。

部下を幸福にできない上司は辞表を書きなさい
梅津 政記
セルバ出版
売り上げランキング: 1,130,081
一切の不安なく辞表が書ける転職の教科書
本杉 芳和
ごま書房新社
売り上げランキング: 722,040