ま、女性差別か否かは別にしても…次回以降は「電車は降りる人優先」でヨロシク(苦笑)

池内さおり氏、駅で男性にぶつかられ「女性差別だ」(日刊スポーツ)

一応、記事を5回ぐらい読んだんですが…、

いやあ降りるお客さんを全部見届けてから乗車するぐらいの心の余裕は持ちたいもんですね。ましてや国会議員までなった御人であるのならば(^_^;)

共産党の前衆院議員、池内さおり氏が、駅のホームで激突した男性とのやりとりをつづり、「あまりに失礼。女性差別だ」と訴えた。

池内氏は26日、ツイッターで、電車に乗ろうとした際の出来事について書き出した。「今の時間は全く混雑無し。電車が到着しスピードが落ちる。私の乗り口は降りようとする人も2人。私から見て右側から出ようとする乗客を目視し、私は左寄りのスペースから乗ろうとした」と状況を説明し、「すると私より背も高く大きな体の男性が突然方向転換して私の右肩に激突。明らかに意図的に変えてぶつかってきた。しっかり体に力を込めてぶつかられたことで、私は首まで衝撃を受けた。背も体格も劣勢な私は、後ろに突き飛ばされた」とつづった。

「あまりに失礼。女性差別だ。私はその男性をホームで追いかけ『痛い。謝るべきだ』と私。その男性は『なんだよ邪魔なんだよなんだよお前』 私も暇じゃ無い。電車に乗り遅れたく無いし、このままだと殴られそうな威圧感を感じ、私は電車へ。その男は私を追いかけてきたが、電車の前で立ち止まる」と、男性とのやりとりをつづり、「安全なはずの日常空間で、暴力や差別を受けることの理不尽さ。この嫌な気分は、私は『誰かを傷つける形』では発散しない。性別問わず誰もがストレスを抱えてる。この政治じゃね。でもだからと言って、より弱い方に暴力で発散するのは最悪の選択肢だと思う。共に政治を変えようと、呼びかけたい」と結んだ。

ま、強いて言えば「変な人に絡まれちゃったんだね、気の毒に」で済む話なのに、そこに「女性差別だ!」みたいな(本人にとっては)「錦の御旗」というか、世間を黙らせる「無敵な武器」みたいなのを取り出すところがなんともはや…と、損してるなあと思うですね。

スポンサーリンク

基本的には「降りる人優先」なのは間違いないんだけどね。

これは単純に「絡んできた男の頭がおかしい。だったら駅員呼んで警察沙汰まで行きゃよかったのに」と。これがもし絡んできたのが男ではなく、おばさんや若い女性だったらどう反応したのか。

で、「私も暇じゃ無い。電車に乗り遅れたく無いし」は単純にあなたの都合であって、国会議員までつとめた人だったらその後の後日譚までしっかりとつとめあげて(?)、実際に女性差別とはどういう現状があるのか…みたいなものもフィードバックできるように頑張ればいいのに。それをすっ飛ばして主観的に「私は何も悪くない。女性差別女性差別、私は被害者ナノデスヨー」と喚くようじゃ、「そりゃ選挙にも落ちるわ」と揶揄されても仕方ないでしょうね。むしろその場において本当にご自身に非がなかったのか、100%の被害者としてカミングアウトしても問題なかったのかぐらいの省みる余裕はあっても然るべきなんでは?と、あえて「誤解を恐れずに」言わせてもらえればそんなとこですかね。

でも、それでもはっきり言えるのは「いや、電車やエレベーターはまず降りる人優先だよね?」と。てか、本人の言い分=事実かどうかもわかんないし、都合よく捻じ曲げてる可能性だってあるわけで。「じゃあ実際何があったのか、そこの駅の監視カメラで確認しましょうか?」ってなったら、意外に一番困るのはこの人かも…と書くのはただの意地悪ですかね?

とりあえずこれに懲りて(?)、次回以降は電車やエレベーター等は「降りる人優先」でヨロシクです(苦笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ