「貴乃花親方、日本相撲協会を退職届を提出」というニュースにびっくりした。

貴乃花親方が退職届を提出(スポニチ)

しかしまー、昨年の今頃には全く想像してなかった展開になってしまったな…。

大相撲の貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会に退職届を提出したことが分かった。

 貴乃花親方は8月21日に夏巡業先の秋田市で倒れて救急搬送され体調が心配されていた。また、全ての親方は今月27日の理事会までに、5つある一門のいずれかに所属しなければ厳罰が下される可能性がある中、貴乃花親方は無所属の状態が続いていた。

 24日には「貴乃花応援会」のサイトに「千秋楽迎え、貴乃花部屋を支えて下さる皆様へ」とのタイトルで「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。厚く御礼申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上げます」との意味深なコメントを寄せていた。

今日は少し遅いお昼ご飯を食べながら「ひるおび」を見つつ、「ミヤネ屋」にチャンネルを替えてたんですが、

平尾昌晃氏の遺産相続をめぐっての記者会見がぶっ飛んでこちらのニュースに(;゚Д゚)

スポンサーリンク

でも「一門統制」なんてあまりにロコツな…。

今年の7月の理事会にて、現在の相撲協会が、一門の他に存在してた「グループ」を廃止すべく「既存の5つの一門に入れ」と、「一門統制」みたいな話をいきなり出してきてそんな取り決めをして、貴乃花親方が抜けて阿武松親方率いるグループが二所ノ関一門に入る(もしくは戻る)みたいな話が出てたんですが、個人的にはこれに関しては、

ロコツな貴乃花外しでしょう?

としか思えないんで(まあそもそもが協会ナンバー3から平年寄に降格させた時点でも相当な「嫌がらせ」ですけどね)、しかしこういうのを公益財団法人がやっちゃいかんわ。

中小企業のワンマン社長の会社ぢゃあるまいし。「あいつ気に食わねえから退職に追い込んじゃえ」はないわ。「あいつどこの一門も引き取ってくれないだろうから協会辞めるぜ」という思惑でこの「一門統制」を思いついたんじゃねえの?としか言いようがないな。しかも一代年寄でしょう? 大鵬さんも北の湖さんも亡くなって(事実上の一代年寄扱いだった千代の富士さんも亡くなってしまったし)、今や唯一の一代年寄であり、しかも1990年代の大相撲ブームの牽引役でもあった立役者をこんな感じで追い込んじゃうとはなあ。

そういう意味では北の湖理事長が数年前に亡くなったのは痛かったな…。貴乃花親方が嫌いな年寄衆は元々いたかもしれないけど、北の湖理事長がどうにか「いやいや待ってくれ」とストップかけるだろうし、貴乃花親方とサシで話し合いができて時には諭す事もできるでしょうし。そこは「他の理事の顔色をうかがう」八角親方ぢゃ力不足だったんだろうね。

…というか貴乃花親方をして、八角理事長のことを「俺よりも格が下」と思ってて「北の湖理事長が亡くなったからタナボタ式に理事長になりやがって」と思ってるような気もするしで。たぶん八角理事長はあっさり受理するんだろうなあ。

しかし一番心配なのは、貴乃花部屋の弟子などの皆さんでしょうな。関取だって何人もいるわけですから。実は部屋を開いた親方が全員が全員、65歳の停年退職までの間に関取をひとりでも育てられるわけではなく(全く関取にできないまま辞めた親方も少なくないです)、あの40代半ばの若さで何人も関取を育て上げている「名伯楽」であるのも事実なわけで。いずれにしても公益財団法人として、このやり方はどうよ?って感じは否めないなあ。だったらプロレス団体みたいに「株式会社」にして膨大な法人税を払うシステムにして好き勝手にやれよ、と言いたいわ。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ