大相撲九州場所。「貴乃花の元弟子」の貴景勝が優勝できて良かったねー(笑)

大相撲九州場所 小結 貴景勝が初優勝(NHKニュース)

いやあ「このまま優勝しちゃうといいなー」と10日目あたりから思ってたら。高安関には悪いけどスカッとしたわ(笑)

大相撲の小結 貴景勝が九州場所千秋楽の25日、錦木にはたき込みで勝って2敗を守り、同じ2敗の大関 高安が敗れたため、初めての優勝を果たしました。22歳3か月での初優勝は、年6場所制が定着した昭和33年以降では6番目の若さです。

九州場所は、14日目を終えて大関 高安と小結 貴景勝が2敗でならび、いずれも初優勝をかけて千秋楽の取組に臨みました。

貴景勝は千秋楽の25日、平幕の錦木と対戦し、はたき込みで勝って2敗を守り、高安が敗れたため、13勝2敗で初めての優勝を果たしました。

貴景勝は今場所、低い立ち合いからの突き押しと力強いいなしが光り、初日に横綱 稀勢の里を破り、序盤から上位の力士に勝って勢いに乗りました。

後半戦からは、優勝争いの単独トップを守り続け、重圧を感じさせない冷静な取り口で白星を重ね、三横綱・一大関が休場した場所を引っ張りました。

日本相撲協会によりますと、昭和33年に年6場所制が定着して以降、22歳3か月での初優勝は6番目の若さです。

また昭和33年以降で、前相撲で初土俵を踏んでから26場所での初優勝は、4番目にならぶ早さとなります。

序盤で横綱・大関との対戦が続く小結が優勝する例は少なく、小結の優勝は平成12年夏場所の魁皇以来、18年ぶりで、平成では4人目になります。

新たに千賀ノ浦部屋に移籍して濃密な稽古ができてたんだろうな…と思いつつも、前師匠である貴乃花親方の退職や部屋の閉鎖などでえらくバタバタもしてたろうに、あの状況でよく集中してここまでやり遂げたもんだと考えると、本当に頭が下がる思いですわ。3横綱が不在な中、ものすごく明るい話題を提供してくれましたし。

スポンサーリンク

しかし高安への痛恨のテロップが…(大汗)

で、今日の取り組みは貴景勝が「これより三役」のひとつ前で、貴景勝が先に買って支度部屋にいったん引っ込んだ後に、「これより三役」の3番だったんですが、結びの一番の前の、松鳳山対栃ノ心戦が「手がついてない」で待ったが連発したり、栃ノ心のかち上げで松鳳山が流血したり、最後は栃ノ心の足の先が土俵を割ってた…みたいな長い一番になってしまいまして、「これは高安も、勝って待つ貴景勝も長く感じるだろうな」という相撲でした。

で、結びの一番で、

御嶽海の粘りになかなか攻められず、

高安が負けてこれで貴景勝の初優勝が決まった次第でした。

しかしまー、NHKさん、ある意味で「痛恨だなあ」と思ったのは、

負けた高安のどアップに対して、

支度部屋の貴景勝の画はこんな感じで、

全視聴者が「えーい、わかっとるわ」でツッコミを入れるでおなじみの、NHKの6波のニューステロップが引き上げる高安のおでこのとこに流れる始末(泣)。これは高安関、より悔しいだろうな…。

しかし麻生大臣が登場するとは。

その後、表彰式が行われました。

国歌斉唱。よくよく見れば高見盛の振分親方が横に。

まさか八角理事長も権力争いを繰り広げた(?)「元・貴乃花親方…の愛弟子」が移籍後すぐに優勝するとは思ってなかったろうな…。

で、内閣総理大臣賞、誰が出てくんだろうと思ってたら、

麻生財務大臣が(苦笑)。選挙区が福岡なんで週末で帰ってたんだろうか…。

えらく重そうでした(トロフィの向こう側に補助役の呼び出しさんがちゃんと支えてます)。

ま、何はともあれ、まだ22歳だし、他の力士と違ってテーピングの類を全くしてない「怪我に強そうな」力士っぽいので、いっそのこそ、前・師匠の貴乃花を超えるすごい大関・横綱を目指して頑張って欲しいですね。それと千賀ノ浦部屋もお弟子さんが増えただけに、JA賞のお米一俵とか、その他諸々の食料品の副賞は大いに助かるんだろうなあ(笑)。いずれにしても本当におめでとうございます。スカッとしました(笑)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ