台風14号め、おとといきやがれ→で、いったん南に下がるって勘弁してくれ(泣)

台風14号 近畿・東日本・伊豆諸島に接近 土砂災害などに警戒を(NHKニュース)

昨日今日と自宅周辺は結構な本降りの大雨でして…昨日は息子の通学バスへの送迎、今日は息子の歯医者、といずれも傘をさすのに苦労してずぶ濡れになってきました(ノД`)シクシク

台風14号は紀伊半島の南の海上を東よりに進んでいて、近畿や東日本、伊豆諸島に近づいています。台風と前線の影響で雨が降り続いていて、土砂災害に厳重に警戒するとともに、暴風、高波にも警戒が必要です。

気象庁によりますと、台風14号は10日午後1時には和歌山県潮岬の南150キロの海上を1時間に15キロの速さで東北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の北側130キロ以内と南側75キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

近畿と東日本の太平洋側を中心に雨が降り続いています。

伊豆諸島の八丈島では、降り始めからの雨量が530ミリに達し、平年の10月、1か月分を超えています。

正午までの72時間で観測された雨量は次のとおりです。

▽和歌山県那智勝浦町の色川 516ミリ
▽三重県尾鷲市 477.5ミリ
▽伊豆諸島の三宅島 343.5ミリ

紀伊半島と伊豆諸島などでは土砂災害の危険性が高まっているところがあり、奈良県と、伊豆諸島の三宅村、御蔵島村では「土砂災害警戒情報」が発表されています。

各地で風が強まっています。観測された最大瞬間風速は次のとおりです。

▽伊豆諸島の三宅島 30.9メートル(午前9時前)
▽静岡県御前崎市 25.4メートル(午前11時すぎ)

雨降り続き 大雨のおそれ

台風はこのまま東よりに進み、10日夜にかけて近畿や東海、関東地方、伊豆諸島に近づき、その後、進路を南寄りに変えると予想されています。

台風からのびる前線の活動が活発になり、紀伊半島や伊豆諸島では局地的に雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

11日昼までの24時間に降る雨の量は、多いところで、伊豆諸島で300ミリと予想されています。

風と波の予想は

西日本では10日、東日本の太平洋側では11日にかけて、海上を中心に非常に強い風が吹く見込みです。

各地で予想される風は次のとおりです。

▽伊豆諸島
 最大風速 28メートル
 最大瞬間風速 40メートル
▽東海
 最大風速 25メートル
 最大瞬間風速 35メートル
▽近畿
 最大風速 23メートル
 最大瞬間風速 35メートル
▽関東甲信
 最大風速 20メートル
 最大瞬間風速 30メートル

波も高く、
▽伊豆諸島で8メートル
▽近畿、東海で7メートルの大しけとなり
▽四国と関東でしける見込みです。

気象庁は土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、川の増水のほか、暴風や高波にも警戒するよう呼びかけています。

どうも都内でも大島とか三宅島の島しょ部がちょっと心配なんですけどね。

スポンサーリンク

で、いったん「南に下がる」ってどういうことだ(大汗)

ま、去年も確か今の時期に「戦後最大級」クラスの台風19号が来てた…ので、10月に台風が来るってのは仕方ないと思うとしても、だ。

一昨日までの「予報」はこんな感じになってて、月曜日の朝ぐらいには「おとといきやがれ」とばかりに太平洋のあっちの方に行ってる…って感じだったのに、

いったん南に下がって「待機」って、おい(爆)

どうもこれは秋雨前線だか北にある高気圧がめちゃくちゃ強くて台風の進路を「塞いでいる」ってのが原因らしいんですが…いやいや、ここまで来たらもう太平洋の向こう側に行っちまえよ。ムーンウォークじゃあるまいし(号泣)。

いやーこれは台風の規模自体はさして大きくはない(あくまでも今の時点での数字的には)とはいえ、雨台風で累積的に降水量が爆増してさらに被害が大きくなるのはそれはご勘弁って感じ。直撃しそうな地域に住まわれてる方々は本当にお気をつけて…。以上です。