まさか高田川部屋の力士が新型コロナ感染で亡くなるとは…。

大相撲・三段目の勝武士がコロナで死去、28歳…受け入れ先見つからず症状悪化(読売新聞)

先月に高田川親方をはじめとして部屋の親方・力士衆が新型コロナに感染したというニュースを見てびっくりしたんですが、まさか亡くなる人まで出てしまうとは…いや、本当に残念でならないです。

 日本相撲協会は13日、大相撲の三段目力士の勝武士(本名・末武清孝さん、山梨県出身、高田川部屋)が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため同日死去したと発表した。28歳だった。新型コロナウイルス感染で日本のプロスポーツ選手が死亡するのは初めて。厚生労働省によると、国内で20歳代の死亡者はこれまで同省に報告されていないとしている。

 相撲協会によると、末武さんは4月4日ごろに発熱症状がみられたが、受け入れ先の医療機関が見つからず、同8日に都内の病院に入院。症状が悪化し、PCR検査で10日に陽性が確認された。その後も入院して治療を受けていた。

 末武さんが所属する高田川部屋では、師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)らも感染していたが、親方らは既に退院した。相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠ってほしいと思います」との談話を発表した。

しかも「日本のプロスポーツ選手で初めての死亡者」であり「国内では(厚生労働省いわく)初の20代の死亡者」とは…。

スポンサーリンク

ご本人も「無念」だったろうな…。

高田川部屋の勝武士がコロナ感染死 28歳(日刊スポーツ)

日刊スポーツさんの記事より。どうも糖尿病などの持病があった上に、受け入れ先の病院がなかなか決まらなかったってのもあるらしいんですね…。

日本相撲協会は13日、新型コロナウイルス感染のため入院していた高田川部屋の三段目の勝武士(しょうぶし)さん(本名・末武清考)が、同日午前0時半にコロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため都内の病院で死去したことを発表した。山梨県出身。28歳だった。

勝武士さんは中学卒業後に高田川部屋に入門し、2007年春場所初土俵。身長165センチと小柄ながら、強い足腰を武器に最高位は東三段目11枚目。明るい性格で知られ、巡業などでは初っ切りを務めたこともある。糖尿病の持病があり、入院後も体調が心配されていた。

協会が発表した勝武士さんの経過は以下の通り。

▽4月4、5日 38度台の発熱。師匠らが保健所に電話をかけ続けたが、つながらず。

▽4月4~6日 近隣の複数の病院に依頼したが、受け付けてもらえず。

▽4月7日 近隣の医院にも相談したが、医療機関は見つからず。

▽4月8日 熱が下がらず血痰(けったん)が見られたため救急車を呼んだが、なかなか受け入れ先が決まらず、夜になって都内の大学病院に入院。簡易検査の結果は陰性。

▽4月9日 状態が悪化し、別の大学病院へ転院。

▽4月10日 PCR検査で陽性と判定。

▽4月19日 状態が悪化し、集中治療室で治療を受ける。

▽5月13日 午前12時30分、都内の病院で死去。

八角理事長(元横綱北勝海)は、協会を通して以下のコメントを発表した。

「この度は悲報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。1カ月以上の闘病生活、ただただ苦しかったと思いますが、力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠って欲しいと思います。懸命の措置をしてくださいました医療機関の皆様には、故人に代わり、深く感謝申し上げます」

うちの知り合いが先月ぐらいに高熱が出たりして明らかに体調に異変が生じて「これはもしや新型コロナでは」と、地元の保健所に電話して相談したら、最初は全くつながらず、さらにやっとこつながっても「けんもほろろ」な態度で話にならなかった…と憤ってた話をFacabookに書いてました。幸い、まもなく平熱に下がって今も元気でやってるんですが…。こういう話を聞いたり、この勝武士さんの発症から入院、更に検査陽性までの経緯を読んでいると…どうしても「隠れ陽性」な人は想像の何十倍以上もいるんじゃないのかな?って疑わざるを得ないのも事実ですね。

いや本来は「血痰」、つまりは血が混じったたんが出た時点で周りもびっくりするし本人も半端なく不安に襲われたでしょうし(それが咳のしすぎで気管支から出血したのか、または肺炎で肺から出血したのかはさだかではないですが)、行政(今回は区の保健所)や病院などが医療崩壊を防ぐために患者の絶対数を減らすために施したこと…が、長い目で見ればそれがベストだったのかベターだったのかはわかりませんけども、ただこうして「もしかしたら初動、ないし初期の段階でなんとか投薬・治療すれば助かったかもしれない」可能性を思うと、いろいろな意味で「無念」としか思えない次第です。もちろん仮に持病持ちで一般の人達に比べてリスクが高い状態での罹患だったとしても、ですね。


↑ほんの3ヶ月前の「大相撲トーナメント」では元気に「初っ切り」を担当してたんすけどね…。

何より今は高田川部屋の皆さんの一日も早い快癒と、そして惜しくも亡くなられた勝武士さんのご冥福をお祈り申し上げます。














ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。