そして大相撲春場所も「無観客試合」での開催になったんか…(;゚Д゚)

大相撲春場所 無観客で開催へ 力士感染なら中止も(NHKニュース)

各種イベントなどが中止、無観客試合で対応…となっている中、地方場所での宿舎での共同生活がゆえに「たぶん一番状況が厳しい」と思われる大相撲はどうなるんかと思ったら、そうなりましたか。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、日本相撲協会は臨時理事会で、今月、大阪市で予定されている大相撲の春場所について「社会全体で感染拡大を防いでいることなどを勘案した」などとして、観客を入れずに開催することを決めました。相撲協会は、今後、力士などに感染者が出た場合は場所の途中でも中止にする方針です。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、政府は大規模なイベントの主催者に、今月15日までの間、中止、延期、規模縮小などを行うよう要請し、各競技団体の大会の中止や延期の決定が相次いでいます。

日本相撲協会は1日午後から大阪市で臨時の理事会を開いて今月8日から大阪府立体育会館で始まる春場所について協議しました。

その結果、観客を入れずに開催することを決めました。

大相撲では昭和20年6月の夏場所を非公開で行い、軍人などが見学したケースがありますが、観客を入れずに本場所を開催するのは今回が初めてだということです。

理事会のあと記者会見した日本相撲協会の八角理事長は「政府の要請や社会全体で感染拡大を防いでいることを勘案し、このような判断になった。専門家の意見などを踏まえて、お客さんには迷惑をかけられないというのがいちばんの理由だ」などと説明しました。

そのうえで「無観客であっても力士の白熱した取組を約束する」と話しました。

また八角理事長は、今後、力士などに感染者が出た場合は、場所の途中でも中止にする方針を示しました。

春場所は前売りのチケットが8時間ほどで完売し、連日およそ7000人の観客が予定されていました。

相撲協会は今後、チケットの払い戻し方法を検討し、ホームページなどで周知するとしています。

「一応、無観客でも開催はするが、もし力士などに感染者が出たらそこで即中止にする」という判断をチョイスした、と。いや、実際は新型コロナウイルスがパンデミック(世界的大流行)になったら後者になるのが一番怖いんですけどね。

スポンサーリンク

しかし興行的には「痛い」話だな…。

で、記事の続きに戻りますが、

「年に1度の大阪場所なのに」「中止でよかったのでは」

大阪 岸和田市の51歳の男性は「国全体で感染防止対策を進める中でしかたがないとは思うが、年に1度の大阪場所なので楽しみにしていた人も多いし、残念です」と話していました。

去年に続いて観戦する予定だったという大阪市の86歳の女性は「去年、生の相撲を見てすごく楽しかった。ことしも楽しみにしていたので残念です。生での応援はできませんがテレビの前で応援するので、力士たちには頑張ってもらいたい」と話していました。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中での春場所の開催に不安の声も聞かれました。

大阪市の37歳の女性は「初日のチケットを購入していましたが、中止になると思っていました。幕下以下の力士の中には電車などを使って会場に来る人もいて感染のおそれがあるので、個人的には中止にしてもよかったのではと思う。相撲ファンとしては複雑です。ただ開催が決まった以上は15日間、力士たちが無事に相撲を取れることを祈っています」と話していました。

「相撲茶屋」は大きな痛手

春場所の会場で弁当やお土産を販売している相撲案内所、いわゆる「相撲茶屋」は大きな痛手を受けることになり、関係者が落胆しています。

大阪に8軒ある「相撲茶屋」は、日本相撲協会からチケットの販売の委託を受けているほか、大阪 浪速区にある会場の大阪府立体育会館では弁当やお土産の販売も行っています。

大阪の「相撲茶屋」は1年間の収入のほとんどが春場所の期間に集中しているということで、大きな痛手を受けることになります。

大阪大相撲案内所の組合長で、みずからも老舗の茶屋を経営する真喜代司さんは、この期間中に数千万円の売り上げを見込んでいたということで、「ほとんどの案内所は春場所で生計を立てているが、観客がいないと商売にならないし大変困った。商品の発注なども終わってあとは開催を待つばかりという状態だった。チケットの売り上げもよかったし、朝乃山の大関昇進がかかる場所でもあったので、大変期待していたが残念だ」と落胆した様子で話しました。

2日以降、相撲案内所では今後の対応について相撲協会と協議していくということです。

おそらく相撲茶屋や出入りの業者にはそれなりの補償はするとは思うんですけどね、日本相撲協会は。少なくてもここ数年の遠藤関のブレイク以降の、本場所が連日満員御礼になってチケットもなかなか取れないという状況を考えれば少なからず「内部留保」は抱えてるハズですから。むろん、それが相撲茶屋などにとって満足が行く「補填」になるかどうかは未知数ですけど。

まさに「76年ぶりの異常事態」というわけですが。

ついでに書くと、最初の方の記事にあった「大相撲では昭和20年6月の夏場所を非公開で行い、軍人などが見学したケースがありますが」の補足説明をすると、この年は5月に神宮外苑の屋外で大相撲本場所が行われる予定だったんですが、直前に空襲などがあって6月に流れて、この際には3月の(城東地区への)東京大空襲で半壊した当時の両国国技館で非公開7日間の本場所として開催したそうです。ただし、国技館で相撲をとったのは十両以上の関取衆のみで、幕下以下の力士は春日野部屋の稽古土俵で相撲協会の幹部の立ち会いのもとで取ったのみで、その国技館の相撲の際には一般のお客さんは入れずに、傷病兵士などの招待したお客さんだけを招いた「非公開」での開催だったそうです。

実はこの時はかなりの力士が赤紙で兵隊として取られていて戦地に行っていたこともありますが、ほとんどの相撲部屋は、食糧事情があまりにも悪化してたので地方の後援者を頼って東京を離れて勤労奉仕や慰問相撲をしながらどーにか食料を確保するのに精一杯で(逆に言えば数度に渡る東京大空襲で亡くなった相撲関係者が意外に多くなかったという側面もあるんですが)、とてもじゃないけど15日間も本場所を組める状況ではなかったんですね。それに東京の相撲部屋のほとんどは基本的には国技館に近い両国界隈にあったんで空襲で焼失してるわ、拠点としている地方から超満員の夜行列車に乗って東京に来てもそもそも食べるものがないわで。

ま、個人的に思うのは…というレベルで書かせていただければ、「今は朝から生中継してくれるAbemaTVとかのネット中継があって本当に良かった」と思うのと同時に、「あまりに力士の身体が巨体化していて、正味2ヶ月程度では治せない怪我を抱えてる力士が少なくないのだから、一度本場所を飛ばしてもアリなんじゃないの?」とも思うんですけどね。

ただまあ、各部屋の力士たちや相撲関係者はほとんどが既に大阪の宿舎に入ってるわけで、例えば…という話ですれば、私自身いつもよく拝読している高砂部屋のホームページでも今場所は、ご近所やファンの方はもとより報道陣や後援会などの部屋関係者の稽古見学もお断りしてましたし。

今後果たして「無観客興行」となった本場所ですら無事に15日分開催できるのか、下手すると直前に関係者が罹患してその時点でアウト、という可能性も非常に高いんで正直まだなんとも言えないし、まさに「極めて状況は厳しい」としか言いようがないのがねえ…。いやはや本当に大変ですな。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ