バイト面接で「同意書・この行為はセクハラではない」をわざわざ用意してたすき家の社員とは(爆)

牛丼店「すき家」のバイト面接でわいせつ容疑 「検温と心音を測るから更衣室に来て」 元社員の男逮捕(千葉日報)

バイト面接でわいせつ行為をするのも論外だが、わざわざ「この行為はセクハラではない」という「同意書」まで用意するとは…お前バカだろ?(失笑)


夜間責任者を務めていた牛丼店でアルバイト面接を受けに来た女性にわいせつな行為をしたとして、千葉北署は10日、準強制わいせつの疑いで八千代市に住む元すき家社員の無職の男(41)を逮捕した。

 逮捕容疑は6月21日午後8時20~50分ごろ、千葉市稲毛区長沼町の「すき家 16号千葉長沼店」で、アルバイトの面接を受けに来た無職女性(51)=県内=を「検温と心音を測るから更衣室に来て」と呼び出し、体を触るなどした疑い。

 同署によると、わいせつ行為は認めているが、「触っていない部分がある」と容疑を一部否認。当時は夜間の店舗責任者だった。

 容疑者は面接後に女性を更衣室に呼び出し、「同意書 この行為はセクハラではない」などと記載した自作とみられる書類を提示していた。検温などは行われなかったという。

 不審に思った女性がすき家本社に問い合わせ、同署に被害届を提出した。容疑者は6月末に解雇処分を受けていた。

ま、そりゃすき家本社にも問い合わせると、警察にも被害届は出すわな、と。

スポンサーリンク

そんな同意書が何の意味があるのやら(失笑)

しかしわからんのは、これが大企業への新卒学生の就職活動で「相手(=就活してる女子大学生とか。あ、女子とは限りませんけどね。ホモセクハラもあるでしょうし(謎))」が、何をされても就職したい、就職できなきゃ困るという条件下(?)で、大企業の就職担当者が良からぬ事を企ててあげくに一線を踏み越えて…みたいなことはたぶん今も昔も少しはあったんでしょう(そして表沙汰にならずに泣き寝入りした学生とかも多かったんでしょう)が、

でもたかがすき家のバイト面接ごときでこれをするか?

って考えると、いやーこの面接担当の社員、何がしたかったんだろうな。そりゃバイトの面接に来た女性だって「この人、何考えてんだろう」って思うのは当然だし、「こんなとこでバイトなんかしたくねえ」って思うのは当然でしょう。そしていかがわしい事をやった後の、

「同意書 この行為はセクハラではない」

の自作書類の登場ですわ。まあ完全な故意犯あるあるなんすけども。

うーん、そもそも論としては、それ、何の意味があるのかな?と。「これをチクったらただじゃ置かないぞ」という意味なんでしょうが、それってすき家のバイトをしていればバイトを失う程度の権限を持っている(と思われる)この社員からの口止めおよび脅しでもっといえば「黙っていれば採用してやってもいいよ」っていうことなんでしょう。でも対外的にそれが何の意味があるのやら。

そう考えれば、バイト面接に来てわいせつ行為までやられた人からすればそりゃ頭にくるのは当然でしょう。すき家の本社に「おたくの会社の社員でこういうのがいるんですけど…これはバイトの面接に対していつも行ってるんですか?」って問い合わせればそれはもう問題になるのは時間の問題と。つーか、こんな事がバレないと思ってたんだったら本当におめでたい頭だなと(以下略)。

ところでバイト担当者が「心音」なんか測る意味じたいはすき家にはあるんだろうか。そういうのはすき家が契約してる産業医か、どこかで健康診断してもらってその結果を持参すればいいだけの話でしょうし。いやーもしかしたら、過去に「同意書」を持ち出して「うまくいった(=表沙汰にならずに済んだ)」ことがあったのかもしれないな。まあ百歩譲って(?)、この社員がわいせつ目的できなく単純にお医者さんごっこをしたかったのかもしれないけどもだ(意味不明)

それにしてもワンオペ問題といい、すき家もなかなかアレな企業でやっぱり社員もワンオペの強要の挙げ句、悪い意味での「一国一城の主」、もっといえば「オレが王様だ」と勘違いしてるアホがいるんだろうなと思ったり(失笑)