Jリーグは降格がなくなるし、NPBも4/10再開も厳しそうだし…本当に大変だな。

NPB、開幕の見通しは不透明…23日12球団代表者会議開催も(サンスポ)

「本来は」今日がNPBは開幕日だったんですが…さすがに無理だったんで練習試合が行われるそうです。しかしJリーグもJ1(とJ2)に関しては降格がなくなるそうですし、まさに佐藤賢了ではないが「黙れ!!非常時である!!」って感じだな。

↑なので千葉ロッテ御一行は九州・福岡へ。

日本野球機構(NPB)は19日、東京都内で12球団の連盟担当者や施設担当者が出席して開幕準備会議を開き、観客を入れて試合を実施するための準備状況を確認した。NPBの井原敦事務局長は「12球団で情報を共有するため」と語り、来週以降も継続する。

 Jリーグと連携した「新型コロナウイルス対策連絡会議」では、感染症の専門家チームから観客の感染予防のため、球場の入場口にサーモメーターや消毒用アルコールの設置、観客席、トイレなどの十分な清掃態勢などが求められている。

 備品数が十分でない場合は入場口を制限する案や、入場口が少ない球場は体温チェックなどに時間がかかるため、通常は試合開始2時間前の開門時間を早める案も出た。

 NPBは23日の第4回連絡会議で改めて専門家チームの意見を聞き、12球団代表者会議を開く。最速で4月10日を想定しているが、井原事務局長は「12球団の準備が整い、感染状況がよくならないと決められない。23日はそこ(開幕日決定)までいかないのではないか」との見解を示した。

そういう意味では常時、数万人規模のお客さんが来るNPBの主催者側は本当に予防と対策が大変だなあ…。何にしろ未だに「どうなったら伝染るのかがわからん」ってのが怖すぎる。まさにいつ来るかわからん」大地震とおんなじなんですもの。

ゆえに下手すると4月10日開幕も無理で、もしかしたらGWあたりまでもつれるかもしれないですね。東京五輪がどうなるかが本当にわかんなくなってきたんで、もしNPBが開催をするんであれば中断期間に充てる事もできるんでしょうが(ただしヤクルトは神宮球場を五輪組織委に「接収」されそうだから代替球場を探す必要はあるでしょうけど…そういう意味では早いとこ、五輪は延期が決定してほしいのが本音でしょうね)、たぶんCSはやらないんだろうなあ。

スポンサーリンク

いっその事、来季からJ1を20チームにしてほしいぐらいだわ。

J1&J2 今季「降格なし」決定 日程等の不公平相殺のため(スポニチ)

で、Jリーグは「今年は降格はなし、来季は枠を2つ増やして、一気に4チーム落とします」とのことで。うへー。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で公式戦を中断しているJリーグは19日、臨時実行委員会を実施し、今季のJ1、J2は「降格なし」とすることを決定した。J2、J3は上位2クラブが昇格。21年のJ1は20クラブで争い、同時に4~4・5クラブが降格となる見通し。25日までに詳細を協議する。

 順位の成立条件としては75%の試合消化を軸に協議を続行。2位以内でも上位カテゴリーのライセンスの取得がなければ昇格できず、その場合、来季は奇数クラブでの開催もある。関係者によれば70%以下の消化ではDAZNとの放映権契約にも問題が生じる可能性があるという。

 4月3日再開を目指すが、4月17日や5月まで先送りの可能性もある。村井チェアマンは「不公平性をのみ込んででもスポーツに立ち向かおう」と呼び掛けた。仮に選手から感染者が出た場合、濃厚接触者を含めて隔離されるが、ユース選手を積極起用してでも試合を続ける方針も議論。中止を余儀なくされる場合は五輪期間を予備日に充てるという。

 日程は過密かつ変則的となる。五輪期間も開催すれば選手招集状況による不公平が生じる。アウェーの連戦、エリア別で開催可否が分かれるなどクラブ間の偏りも懸念される。全ての不公平を相殺するための「降格なし」。年末のJ1昇格プレーオフも消滅の方向。極めて異例のシーズンとなる。

 《検温器の設置、リーグが負担》Jリーグでは各会場に設置が望ましいサーモメーター(検温器)についてリーグが負担することを決めた。それでもマスク、消毒剤など物資調達は厳しい状況が続いており、各クラブには「4月3日の再開は難しい」との声も少なくない。今後、Jリーグは23日にNPBとの対策連絡会議で専門家の助言を得て、25日の臨時実行委員会で4・3再開の可否を判断する。

ついでに書くと、年間の試合消化数の割合で更に…というオプションルール(?)もあるそうですけどね。

いやーなんか個人的には「J1の枠、これを機に20チームにして、それ以降は3チーム(18-20位)が自動降格、1チーム(17位)がJ2との入れ替え戦にしてくれない?」って気もするんですけど…そうするとルヴァンカップの兼ね合いで本当に疲弊しかねないからなあ(大汗)。願わくばそうなったら、ルヴァンカップをトーナメント一発勝負か、ホーム・アンド・アウェイのトーナメント戦にしてくれると嬉しいんだけどね。

それと他チームに比べて小規模なんだけど背伸びしてかなり先行投資としているチームは厳しいそうですね。鳥栖とか。

そしてそんなどさくさ紛れ(?)に…。

ロッテ 重光昭夫氏がオーナー就任へ 24日に正式決定(スポニチ)

えー、正直いらねえ(爆)。

ロッテは19日、元代表取締役オーナー代行の重光昭夫氏(65)が代表取締役会長オーナーに就任すると発表した。24日に開催される株主総会、取締役会で正式決定する。

 重光氏は、球団オーナーを長らく務め、今年1月に死去したロッテグループ創業者・重光武雄氏(享年98)の次男。95年からはオーナー代行を務めた。

ぜひとも「君臨すれども統治せず」でよろしく頼むわ。もしくは「カネは出すけど口は出さず」で。

以上です。

危機の政治学 カール・シュミット入門 (講談社選書メチエ)
牧野 雅彦
講談社
売り上げランキング: 144,126

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ