山手トンネルで速度超過した西武の選手に執行猶予付の有罪判決が出たようで…。


tookapicによるPixabayからの画像

速度超過運転の西武・佐藤龍世に「懲役3月、執行猶予2年」の判決 「深く反省…グラウンドで結果を」(スポニチ)

少し前に新型コロナの自粛期間中にゴルフに行く途中、首都高でぶっ飛ばしすぎて速度違反がバレた西武の選手がいましたが…あー、執行猶予付きの有罪判決ですか。

西武は、今年4月に法定の最高速度を大幅に超える速度で車を運転して8月に起訴されていた佐藤龍世内野手(23)が8日に東京地裁で開かれた判決公判で、「懲役3月、執行猶予2年」の判決を言い渡されたことを報告した。

 佐藤は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために自宅待機と不要不急の外出を禁止されていた4月12日、千葉県内のゴルフ場に自家用車で向かう道中、首都高速道路中央環状線山手トンネル内を法定最高速度時速60キロのところ、89キロ超過の時速149キロで走行。球団は8月20日に違反行為があったことを発表し、無期限の対外試合出場禁止とユニホーム着用禁止の処分を科していた。

 球団は判決を受け、佐藤に科した処分(無期限の対外試合出場禁止とユニホーム着用禁止)については当面の間継続すると発表した。

 佐藤は球団を通じて「この度の違反行為は、自らの甘さが招いたことであり、多くの方の信頼と期待を裏切ることとなり、深く反省しております。本日の判決については、大変重く受け止めており、二度とこのようなことを起こさないよう十分に注意いたします。自分が今後できることは、支えてくださっている関係の方々や期待してくださっている多くのライオンズファンの皆さまに対し、グラウンドで結果を残すことだと考えております。その日に向けて、精一杯、練習に励みたいと思います。この度は大変申し訳ございませんでした」とコメントを発表した。

 ◆佐藤 龍世(さとう・りゅうせい)1997年(平9)1月15日生まれ、北海道出身。北海から富士大に進み、3年春の北東北大学リーグで首位打者と本塁打王、同年秋に打点王を獲得。18年ドラフト7位で西武入団。昨季はチームの新人で唯一開幕1軍を果たし、52試合に出場した。今季は1軍の出場はなく、イースタン・リーグでは27試合出場で打率.303、5本塁打、18打点。1メート74、81キロ。右投げ右打ち。

そうか、運転してる方の選手だけが裁判沙汰になったのか…、煽った方の助手席の選手はどうなったんだか?

スポンサーリンク

ま、「助手席」の相内選手は今年でたぶんクビだろうけどな…。

で、「煽ったほう」の助手席の選手の方ですが、

【追記あり】あー、西武の相内選手、これで何度目だ?

2020年8月20日

その助手席に乗ってた方の西武の相内選手がこれまでも何度も「やらかして」いる件を思うに付き、「あー、この選手、来年はもう“ない”んだろうな」としか(失笑)

西武・相内誠「あきれる。」インスタ投稿で憶測広がる 佐藤龍世の初公判報道との関連指摘も(J CASTニュース)

で、その裁判中にこんな話が。10月2日の記事だったんすけども。

プロ野球・西武ライオンズの相内誠投手が2020年10月2日未明にインスタグラムのストーリー機能で「あきれる。」と投稿した。

1日の夜には、運転中のスピード超過により道路交通法違反に問われていた西武・佐藤龍世被告が初公判で「同乗していた先輩の相内さんの指示に従った」と語ったことが報じられていた。そのためファンからは、これについての投稿なのでは、と指摘する声が相次いでいる。

■「あきれるのはこっちや」

8月20日の西武の発表によると、自宅待機及び不要不急の外出禁止と定めていた期間中の4月12日に、相内投手が同乗する自動車を佐藤被告が運転し、千葉県内のゴルフ場へ向かう途中、道路交通法に違反する危険な走行をしていたという。これにより、両選手とも無期限の対外試合出場禁止及びユニフォーム着用禁止の処分となった。また、この日の報道によると、佐藤被告は首都高中央環状線山手トンネル内で法定速度を89キロ上回る149キロで走行していたという。

そして10月1日に東スポWebが、佐藤被告の初公判が9月28日に東京地裁で開かれたことを報じ、CBCラジオ「北野誠のズバリ」内で伝えられた裁判傍聴レポートについて紹介した。

それによれば、佐藤被告はスピード超過について「同乗していた先輩の相内さんの指示に従った」と語ったという。また、走行時の相内投手の様子については「オービス(速度違反自動取締装置)の場所を知らせるアプリを見ていた」などと証言したとされている。

この報道を受けてかは不明だが、2日未明に相内投手はインスタグラムで真っ黒な背景に「あきれる。」とだけ投稿。ファンからは「相内のインスタのストーリーなんなん」「相内のインスタは誰に言ってるん?自分?佐藤龍世?それとも世間?」「あきれるのはこっちや」といった反応が上がっている。

要は「ひとのせいにしやがって。」ってことなんだろうね。

しかしだな、もしそうじゃなかったら先輩として「もうちょっとスピードを抑えろ。怖いわ。」、もっと言えば「いや、自粛期間中のゴルフはバレたらやばいよ」ぐらいの一言は言うべきだったろうに(←そもそもそこだろうと(爆))。私も何度も首都高C2(中央環状線)の山手トンネルは運転したことがありますが、多少のカーブがつづくトンネルで100キロでも怖いぐらいで。ましてや149キロだなんてストレートの球速ぢゃあるまいし。

でも入団前から何度も「やらかしてる」だけにおそらく相内選手は今年でクビだろうね。で、何年かしないうちに肩書が「選手」から「容疑者」「被告」とかに替わるんじゃないですか。そんぐらい素行的にはアウトでしょう。今、謹慎中で何をしてんのかは知らんけど、ロッカーの片付けとか少しでもしてた方がいいんじゃねえの?としか。

例えば手っ取り早いとこ(?)では今回の一件をふまえて、かろーじて契約更改ないし育成契約で「生き残った」佐藤選手を「お前のせいでクビになった。どーしてくれる」とか脅迫してアウトとか、そういう展開しか見えん(爆)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ