出先で訃報に接して「あの石原慎太郎でもやっぱ死ぬんだな」と独り言ちする私が(^_^;)

石原慎太郎氏が死去 89歳 東京都知事や運輸相など歴任(NHKニュース)

今日は所用があり、羽村のジロー珈琲で小休止してる時に石原慎太郎氏の訃報に接した(スマホでNHKのニュースサイトを見て知りました)。いや、まあこれもまたひとつの時代の終わりなんだなあ、と。

東京都知事や運輸大臣などを務め、芥川賞作家としても知られる石原慎太郎氏が、1日、亡くなりました。89歳でした。

石原慎太郎氏は、昭和7年に神戸市で生まれ、一橋大学在学中に小説『太陽の季節』で芥川賞を受賞しました。
「太陽族」という流行語も生まれ一躍、文壇の寵児(ちょうじ)となりました。

弟は俳優や歌手として活躍した昭和の大スター、石原裕次郎さん。
自民党幹事長を務めた伸晃氏と衆議院議員の宏高氏、俳優で気象予報士の良純氏の父親です。

石原氏は、執筆活動を続けながら昭和43年の参議院選挙で自民党から初当選し、4年後には衆議院議員に転身して通算9回の当選を果たしました。
歯に衣着せぬ発言で知られ、環境庁長官や運輸大臣などを務めたほか、自民党の派閥横断的な政策集団、「青嵐会」の主要メンバーとしても注目されました。

平成元年には、自民党総裁選挙に立候補し、敗れました。

平成7年に勤続25年の表彰を受けた直後に衆議院議員を辞職しました。

このころ『「NO」と言える日本』を共同で執筆し、日米関係に対する考え方を鮮明にしたほか、裕次郎さんの生涯をつづった『弟』などを出し、話題となりました。

その後、平成11年の東京都知事選挙に挑戦した石原氏。
「石原軍団」も参加する選挙戦を展開して初当選しました。

在任中、▽有害物質を出すディーゼル車の規制、▽「新銀行東京」の設立、▽大手銀行への外形標準課税の導入など、独自の政策を次々と打ち出したほか、▽東京マラソンの実現を主導し、オリンピック誘致にも取り組みました。

また、中国に対する強硬姿勢を貫き、沖縄県の尖閣諸島を都が購入する考えを表明するなど国の外交問題にも影響を与えました。

平成24年10月、4期目の任期途中、突然知事を辞職して新党を結成。

当時、大阪市長で日本維新の会を率いていた橋下徹氏と手を結び国政に復帰し、2年後に引退しました。

引退後も石原氏は、執筆や講演などを精力的に行いました。
かつて痛烈に批判していた田中角栄元総理大臣を評価し、その生涯を一人称で記した『天才』は平成28年のベストセラーになりました。

また、平成27年の春の叙勲では「旭日大綬章」を受章しました。
石原氏は、1日、亡くなりました。

89歳でした。

弟の裕次郎氏を題材にした「弟」は好きで何度か読みましたねえ、あれはいい作品でしたし泣きましたねえ。

スポンサーリンク

不躾ながら思ったのは「石原慎太郎でもやっぱ死ぬんだな」と(^_^;)

で、今日は冒頭にも書いた通り、ちょっと所用がありでかけてまして、隣町の羽村市にある「ジロー珈琲」というとこで小休止してました(妻も一緒だったんで、ブレンドコーヒーとホットケーキをいただいてました)。

で、なんとなくスマホに目をやったところ、

「あらま。」と。ただ年齢としては去年の今頃亡くなったうちの妻の父よりも1つ年上でしたし「まあそれでも89歳だしな」と。ただそれと共に

「しかしまー、あの石原慎太郎でもやっぱ死ぬんだな」

と何気なく口から発してしまった自分にただ苦笑いを禁じえない始末でした(^_^;)

そしてこの人、もともとはタレントブーム(青島幸男や横山ノックの両氏など)の追い風に乗って政治家にもなって、あの談志師匠を選挙に担ぎ出して参議院全国区で定員50人の50番目で当選させて「寄席でも選挙でも、真打は最後に上がるもんだ」と言わせたあの一件も、もともとは石原慎太郎氏がスキーヤーの三浦雄一郎氏を担ぎ出そうとしたらなかなかうまくいかず仕方ないので談志師匠に声をかけて(前の年に衆議院選挙に出て落選してたのもあったんですが)、さらに今度は確実に勝てるように自分の選挙参謀も送り込んで…という話があったのを何かの本だか雑誌だかで知って「うーん、人に歴史ありだねえ」なんてつぶやいたのがなんとも(苦笑)

東日本大震災での「天罰」発言で思い出すこと。

それとこれもかなりあとに知った話として、当時の石原都知事が東日本大震災の直後に「あの震災は日本人に対する天罰だ」みたいな発言をして大いに物議を醸したことがありました。↓一応検索して調べたらこんなことを言ってたそうですね。

「アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等。日本はそんなものはない。日本人のアイデンティティーは我欲。物欲、金銭欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」

と。あん時は「あー、この人、やっぱし老害だわ。むしろお前の方が”天罰”を喰らえばいいのに」と、結局、批判がすごすぎて撤回・謝罪もしてたんすけどね。

ところがこういう意見、実はかの関東大震災の時にも知識人の中で似たようなことを言ってる人が結構多く、「天譴論(てんけんろん)」と言われてたそうです(天譴とは「天罰」のことを指しています)。で、こういう意見を言っていた代表格が、去年大河ドラマで主役として扱われまもなく1万円札の肖像画に出ることになる当時の実業家であり財界の立役者だった渋沢栄一氏で、

「大東京の再造についてはこれは極めて慎重にすべきで、思ふに今回の大しん害は天譴だとも思はれる。明治維新以来帝国の文化はしんしんとして進んだが、その源泉地は東京横浜であつた。それが全潰したのである。しかしこの文化は果して道理にかなひ、天道にかなつた文化であつたらうか。近来の政治は如何、また経済界は私利私欲を目的とする傾向はなかつたか。余は或意味に於て天譴として畏縮するものである。」

要は「明治維新以降、我々日本人は己の欲ばかり大きくなって大事なものを見失っていなかったか。そう考えるとこの震災は「天罰」のように思えてならん」ということなんですが、まあ「私利私欲に走っていた経済界」とは縁がほとんど無く、そう考えると「天罰」を受ける必要が全くない庶民や幼児とかの地震・津波・大火災に巻き込まれて亡くなったりした庶民には「いい皮の面(=はた迷惑も甚だしい)」限りなんですが、どうもあの時代、そういうことを考えていた知識人・文化人が意外に多くて、まあつまりはあの石原慎太郎が東日本大震災で言ってたのはこういうことだったんだな(もしくは文化人風情で調子こいて、ただ先人の言い分をパクっただけかもしれませんが)、と。

まあそれでも「そんなタイミングで、公人、しかも東京都知事のお前が言うな」ってのは間違いない話ではあるんですけどね(失笑)。

いずれにしても弟の裕次郎サンよりも35年も長生きするとは。それどころか「石原軍団」の二代目のボスの渡哲也氏まで鬼籍に入り、さらに石原軍団じたいが事務所解散で消滅してしまうまで生きているとは。ある意味でこんなタイプの文化人・政治家はもう二度と出てこないと思うと、「うーん、やはり昭和・平成が遠くなるなあ」って感じですね。ご冥福をお祈りしますです。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ