昨日の広島対阪神戦。試合終了が午前0時3分とはなんと凄まじい…。

0時3分…阪神2日がかり9回勝ち初 15連戦回避(日刊スポーツ)

「15連戦か?もしくは午前様か?」というのもいやーな究極の選択だ(泣)

<広島4-5阪神>◇20日◇マツダスタジアム

20日の広島-阪神21回戦戦がプロ野球史上14度目の2日がかりの試合となった。阪神が5-4で広島を下し、試合終了は21日午前0時3分。9回で決着がついた試合では史上最も遅い終了となった。降雨の影響で試合開始が1時間9分遅れ、2回裏終了後には1時間2分中断。さらに5回終了後にも12分間の中断。悪条件の中、両軍は総力戦を繰り広げた。広島のマジックは4のまま足踏みとなった。

深夜の大激闘だった。プレーボールから約5時間後、もう雨はあまり降っていない。9回裏、阪神の守護神ドリスが広島鈴木を空振り三振に仕留めて試合は終わった。前夜の神宮でのヤクルト戦から一夜明け、午前8時過ぎの新幹線で東京駅を出発。約4時間の移動による疲労とも格闘しながら日をまたいだ接戦を制し広島戦は3連勝。阪神金本監督は「久々のね。午前様ですわ」と笑った。

セ・リーグは8月28日から「連盟管理節」に入っていた。試合挙行の可否や試合開始の時刻の変更などを、セ・リーグ統括または当該試合の球審が代行する。これ以上は全日程の終了を遅らせたくない-。関係者は強い降雨の中で試合開始を模索した。午後6時開始予定の試合は1時間9分遅れで始まった。

強い雨にさらされ、2回終了後に1時間2分の中断。午後9時ごろに試合は再開された。雨は断続的に降り、グラウンドの整備が行われた5回終了後にも12分間の中断があった。金本監督は「5回がいっぱいいっぱいかなと思ったけど突然やんだからね。しんどかったね」と心境を吐露した。

この日、セ・リーグから新たに追加日程が発表され、阪神は10月9日に巨人戦(甲子園)が組み込まれた。この日の広島戦が中止となれば15連戦になる可能性もあった。「選手にケガがなかったから、それを第一の良しとして、2つ目は勝ったこと」と金本監督。最下位ながら3位巨人に1ゲーム差と迫り、上位進出への足掛かりを築いた。

◆雨広島雨天メモ 午後6時開始予定の広島-阪神21回戦は09年のマツダスタジアム開場後、最も遅れた1時間9分遅れで始まった。セ・リーグで試合開始が最も遅れたのは07年9月24日の広島-ヤクルト戦(広島市民球場)で1時間29分遅れ。また、マツダスタジアムでの試合では、この日の1時間2分の中断は4位タイの長さで、最長は14年8月14日のヤクルト戦の1時間35分が最長(ノーゲーム)。

昨日の記事で紹介したんですが、とにかく今年は阪神と千葉ロッテが雨天中止(ロッテの場合は強風中止もありました(汗))に祟られていて、他チームに比べて全然試合数が残っているという、今年の近年稀に見る悪天候続きの影響をモロに受けてる次第なんですが…。

スポンサーリンク

「加古川より向こうの人はもう帰られへんね」by福本豊氏(爆)

しかしこれで思い出したのが、25年ぐらい前に優勝が掛かってた阪神が甲子園で八木選手のホームランがオーバーフェンスしてるか否かで判定がもめて、延長線の末に終わったのが午前0時半、って試合がありましたね。

結局この打球がホームランであればサヨナラ弾だったんですが、審判の判定としてはノーバウンドでオーバーフェンスしておらず、フェンスで跳ねてスタンドインしたのでエンタイトルツーベースの判定となって阪神側が大騒ぎ、大揉めになって結局試合が終わったのが午前様、しかもこの勝ちを逃した阪神が優勝を逃して、負けが消えたヤクルトがリーグ優勝したということがありました。

偶然この試合は中継で見てた…か、ラジオで聞いてた(なんか後者っぽい記憶が強いんですけどね)んでよく覚えてるんですが、「甲子園の終電間に合わないんじゃねえの?」って他人事ながら心配してましたねー。

私はZOZOマリンを22時には出ないと青梅線終電が(泣)

この試合かどうかは忘れちゃったんですが、解説の福本豊氏(阪急時代に世界の盗塁王でおなじみの。ちなみに伊集院光氏、チームナックスの戸次重幸氏もそうですが私と同じ誕生日(11月7日)でもあります(苦笑))が、「加古川よりも向こうの人はもう帰られへん」と試合中に思わずこぼしてしまったエピソードがあるんですが…、しかし昨日の広島戦、まあ阪神ファンはネットカフェ等で始発待ちか、車で来た人が大半だったんでしょうけど、果たして広島市内界隈でもどこまで帰れたのか。広島電鉄の終電に間に合ったとは到底思えないんだけども(^_^;)

これは余談なんですが、私が贔屓にしている千葉ロッテの試合、本拠地のZOZOマリンスタジアムのナイターの場合、地元のJR青梅線(首都圏以外の方々に説明すると、都内でも立川・八王子の方、つまり東京の西の端っこになります)の終電に間に合うためには、少なくても22時10分、無理くり東京駅で、京葉線→中央線快速ホームまで走ることを厭わなければ22時半…までには出ないと確実にやばいです。2年前の秋に西武戦で五右衛門と菊池雄星の投げ合いで1-1のまま延長線に入った時には「うーん、延長10回の時点で22時…。さすがに無理だ。」とそこでスタジアムを出て帰ることになってしまいましたし。

千葉ロッテ1-1西武。10数年ぶりに千葉マリンで見てきました。(2016/09/03付)

しかも私がスタジアムを出た後に、故意落球か否かで試合が揉めて更に試合終了時刻が延び、そして延長12回引き分けという結果の上に、さらにひどいことに試合終了とほぼ同時刻に、

京葉線が人身事故で止まる、という(;゚Д゚)。

私はこの時は海浜幕張(京葉線・武蔵野線直通)→西船橋(総武緩行線)→新宿(中央特快)→立川→青梅線で帰ってきたんですけども、まあ意地張って試合終了まで見てたら確実に船橋や小岩あたりのカプセルホテルで一泊になってましたな…。

ちなみにこの人身事故のツイートは総武線に乗ってて新小岩だったか亀戸のあたりでスマホで知って「あぶねー」って思ったもんでした。結局、立川で空腹を覚えたので途中下車して軽く食べてから終電一本前の青梅線で帰ってきたんですけどね。

しかしこれでももう「青梅から向こうの人(奥多摩とか)はもう帰られへん」状態ですし(をい)。

ま、いずれにしても両チームの皆さん、本当にお疲れ様でした。屋外球場は風情があるからいいけどこういう悪天候の時は為す術がないってのが辛いところですな…もちろん、それはZOZOマリンを本拠地にしてる千葉ロッテも決して他人事ではないのですけど。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ