いやーまさか、「リモート笑点」になるとは(爆)

笑点初リモート収録放送「帯状疱疹が出まして」円楽(日刊スポーツ)

いやー放送50年超の長寿番組でまさかこんな放送が実現するとはなあ…。談志・三波伸介・先代円楽・歌丸の歴代司会者諸氏も想像してなかったろうなあ(苦笑)

番組初のリモート収録を行った日本テレビ系「笑点」(日曜午後5時30分)が17日、放送された。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、この日は司会の春風亭昇太(60)以外のメンバーがおのおのの自宅から収録に参加。「笑点」史上初のリモート収録となった。

昇太は「こんなご時世でいろんなところが大変ですが、『笑点』もついにこの時がやってきました。スタジオには私1人。他のメンバーの皆さんは自宅でのリモート放送でお届けします」とあいさつ。モニター越しのやりとりではメンバーが近況を明かし、三遊亭小遊三(73)は「断捨離です。時間があるので古いものを捨てている。思いがけずに若い時の写真が出てきちゃって、見とれて進まない」、林家木久扇(82)は「ずっと孫と遊んでます」、三遊亭円楽(70)は「神経が細いせいか、帯状疱疹(ほうしん)が出まして。ストレスでピリピリして。ずっと医者通いです。ずっと暇だからお医者さんと付き合ってます」などと報告した。

番組は「笑点」50周年の歴史を振り返りながら進行。桂歌丸さんの最後の出演回も放送され、その収録後、歌丸さんが「泣くまいと思いましたけど、やっぱり悲しいです。でも落語はこれからも続けていきます。よろしくどうぞお願いいたします」とあいさつし、手ぬぐいで涙を拭う姿もうつされた。

歌丸さんとのバトルが番組名物だった円楽は、19歳で出会った時のことを振り返りながら「『笑点』に入った時も『私のことでも何でもネタにしていいよ』とおっしゃってくださって、育ててくださった。これからも55年、60年と頑張って参りますので、歌丸師匠も頑張って成仏してください」とジョークを交えて感謝を伝えた。

来週はリモート大喜利に挑戦するという。

で、今日は記事にも書いてあるとおりに、番組50周年と歌丸師匠の最後の出演回の総集編のような回だったんですが、

こんな感じに。昇太師匠だけがスタジオで、他の各師匠は自宅からだと思うんですが…まあ個性が出てましたねえ。

スポンサーリンク

で、座布団運びの山田くんはというと…。

ちなみに座布団運びの山田くんは、といいますと、

よくよく見ると画面の右側に「お休み中」と書かれた等身大ボードが置かれてました(笑)。ま、確かに各師匠がいなければざぶとんの増減もないわけですし…(^_^;)

で、来週はこれで本当に「大喜利」をすることになるとは。お客さんがいないと下ネタを言う小遊三師匠が照れてしょうがねえ、って円楽師匠が言ってましたな。にしても「本当にやろうとすればやれるんだな」というのにびっくりですわ。…とりあえず一日も早く後楽園ホールで収録ができる日が来るといいんですけどね。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。