やっと新小岩駅(の総武快速線ホーム)にホームドアが設置されたそうで…。

By: yagi-s

総武快速初のホームドア=人身事故多発の新小岩駅-JR東(時事通信)

「ついに」か「やっとか」か…は、いろんな方々で意見が分かれるかもしれませんが、とりあえず「ここまでが長かったなあ」感はありますね。

JR東日本は8日、総武快速線新小岩駅(東京都葛飾区)で、乗客の転落事故などを防止するホームドアの運用を始めた。同線でのホームドア導入は初めてという。

 JR東によると、新小岩駅では自殺を含む人身事故が、2013~17年度の5年間に計34件と多発している。同社は事故防止対策として警備員を増員したり、通過する特急の速度を落としたりしていたが、国と都、区の支援も受け、17年2月からホームドア工事に着手していた。

 鹿島良行駅長(55)は「転落事故を防げると思っている」と期待を示した。同駅は1928年7月に開業。17年度の1日平均乗降客数は約15万人に上るという。

確か2011年あたりに、成田エクスプレスに飛び込んだ人に巻き込まれてホームで怪我人が何人か出た、という「事件」から一気にあそこの駅が自殺の名所みたいになっちゃったんですよね。

私自身、10数年前までは数年間、小岩および市川に住んでて、総武線および総武快速線の乗り換えの際に新小岩駅はよく使ってましたけど、その10数年前当時はここまでひどくはなかったんですよね(時折、人身事故で止まってはいましたけど)。むしろ新小岩駅よりも低速で成田エクスプレスとかが通過したり接近してくる、馬喰町駅とか、津田沼駅の方が少しだけ頻度が高かったような記憶がありますし。

特に総武快速線の場合は、その時の来る快速電車が、15両(11両+前に増結4両)か11両かわかんないというホームドアを作るには「ドアの場所がそれぞれ違う」ってのが難点だったんですね。っかし、それをよくクリアしたなあ…(苦笑)

スポンサーリンク

でも、たぶんホームに警備員さんは「まだ必要」でしょうけど。

昨年あたりに総武線に乗った時に見たのは、快速のホームのとこで警備員さんが成田エクスプレスの通過時にロープを張ってたり、ホームを巡回したりしてました。なんつーか、報道のせい…にはしたくはないんですが、この世知辛いご時世、ウェルテル効果のようなものもあるんでしょう。人身事故が多発するとそこにフラフラと来てしまう人もいるんでしょうね。新小岩駅を使っているお客さんや駅員さん、総武快速線ユーザーの諸氏からすると迷惑極まりない行為なのは間違いないんでしょうけども。

…と思うと、たぶん「いやホームドアができたからって、そこを乗り越えて飛び込むやつも出てくるかもしれんから、警備員さんの巡回はやっぱし必要だよね?」とは思うんですけども。

東海道新幹線なんかでもわざわざ駅のホームドア乗り越えて線路に飛び出す人とか、ひどい時は仕事中にフェンスをよじのぼって時速200キロ超の新幹線に飛び込んだって人も過去にはいましたから、「ホームドアができて、(ホームドアがない時に起きてたような)単純なホーム転落事故は減る…だろうけど、自分から飛び込みに行く人は減るかどうかはわからんってとこなんでしょうね、たぶん。

さて、ホームドアができて実際にどう変わっていくのか。…あ、新小岩駅、総武快速線のホームにはドアを付けたけど、総武緩行線の方はまだつけてないんですね。JR東日本も経費的にはとても大変だろうけど、少しずつホームドアのある駅を増やしていってください。