森喜朗氏の会長辞任表明。やはり未練および恨み節タラタラでしたな(失笑)

森喜朗会長が辞任表明も恨み節“女性蔑視問題”は「解釈の問題」、「情けないこと言った」(デイリースポーツ)

で、シンキロウ氏、辞任表明したわけですが、土壇場で(?)川淵キャプテンからも断られるし、案の定、未練と恨み節タラタラで…こんなんで五輪できんのか本当に?(^_^;)

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が12日、都内で行われた理事と評議員を集めた合同懇談会で、女性蔑視ととられる発言の責任を取り、辞任する意向を表明した。

 冒頭挨拶に立った森会長は「今回私の不適切な発言が原因で、混乱をもたらしてしましました。ご迷惑をお掛けしましたことを、誠に申し訳なく思っております。報道のとおり、今日を持ちまして会長を辞任いたそうと思います。五輪を開催するための準備に私がいることが妨げであってはならない」と、述べた。

 ただ、その後、これまでの思い出を振り返りながら「会長である私が、余計なことを申し上げた」としつつ「解釈の仕方だと思うんですけども、そういうとまた悪口を書かれますけども」と、恨み節。組織委での女性登用の実績を強調し「私自身は女性を蔑視する、そういう気持ちは毛頭ありません」、「この(今回の)一言で、こういうことになったということは、私自身の不注意もあったのかもしれませんが、長い83年の歴史の中で、本当に情けないことを言ったものだな」と、述べた。

 最後には「都民、国民、スポーツ団体の皆さんの協力もあって、ここまで準備できた。私も命ある限りスポーツ振興に研鑽していきたい」と、結んだ。

 今後、組織委は後任の検討委員会を立ち上げる方針で、早ければ今月中に後任会長を決定する。

 後任には、森氏が前日に会談し、会長就任を打診した日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)が確実となっていたが、大会委関係者によるとこの動きを政府が問題視。「引責する人物の後継指名はありえない」と、難色を示したという。

 川淵氏は前日11日、会談後に自宅前で取材に応じ、「人生最後の大役」と受諾する意向を示し、森会長を相談役に据える方針を明かしていた。ただ、これに「後継指名」「院政」などの批判の声が広がり、この日、橋本聖子五輪相は後任について「組織委がしっかりとした手続きを踏んで決められていくので、しっかり注視していきたい」、組織委の武藤事務総長も「全く何も決まっていない」と態度を硬化させていた。森会長の辞任について菅総理らは「(組織委は)独立した組織で、権限がない」としてきたが、一転して介入が表面化した。

 川淵氏は前日に菅首相から森会長に「若い人」を据える提案があり、またIOCのバッハ会長からは女性の登用の提案があったことを明かしており、橋本五輪相などが有力候補になるとみられる。

まあ引退会見するとしたらそういう事は言うだろうな、と思ったら喋り倒してましたねえ。

もっとも個人的には最も気になったのは、

ただ、その後、これまでの思い出を振り返りながら「会長である私が、余計なことを申し上げた」としつつ「解釈の仕方だと思うんですけども、そういうとまた悪口を書かれますけども」と、恨み節。組織委での女性登用の実績を強調し「私自身は女性を蔑視する、そういう気持ちは毛頭ありません」、「この(今回の)一言で、こういうことになったということは、私自身の不注意もあったのかもしれませんが、長い83年の歴史の中で、本当に情けないことを言ったものだな」と、述べた。

当然のことながらここの部分。そういうのは身内に晩飯の席でぼやけ、ぐらいの中身しかないんですけども(失笑)

ただ、この森元総理自身が情けないか否かについてはもう正直どうでもよく、ぶっちゃけた事を言えばこれだけの大物政治家氏の首に鈴をつけたり、イエスマンにならずに忌憚なくツッコミを入れられる「人材」が、忌避・敬遠されたのか育てなかった・育てられなかったのかはさだかではないですが、この老害を「暴走」させて世の中に晒した…という点こそが「情けない」「恥を知れ」って強く思いますけどね、五輪組織委もそうだし日本スポーツ界のトップの連中も。

スポンサーリンク

こんな「敗戦処理」、誰もマウンドに立ちたくはないだろうな…。

橋本聖子五輪相、鈴木大地氏が五輪組織委新会長候補に急浮上(スポーツ報知)

で、実務能力はともかく「知名度」的にはここらへんの人たちの名前が。

東京五輪組織委の新会長候補として、森喜朗会長(83)が後任に指名した元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)=日本トップリーグ連携機構会長=が、一転、会長職を受諾しない考えであることが分かった。新たな後任候補にとして橋本聖子五輪相(56)が浮上、初代スポーツ庁長官で、ソウル五輪競泳金メダリストの鈴木大地氏(53)が推薦される可能性も出てきた。

 森会長は11日に就任要請し、川淵氏も受諾していたが、プロセスを政府などが問題視。川淵氏の就任に難色を示していた。

 この日は15時から組織委理事・評議員による懇談会が行われ、森、川淵両氏も出席する。後任選定のためには検討委員会設置の案が出ている。

いやーこれは誰もが嫌だろうな。こんな自爆・自滅的に大量失点して炎上した奴の後に「敗戦処理」としてマウンドに立ったってロクな事がないですもの。野球で言えば3者連続シャットアウトに押さえて「普通」、フォアボールでも更に出してもう1失点…なんてなったら、今までの功績がパーになって森喜朗氏と枕を並べて辞めさせられそうな勢いだし。下手すると新型コロナ禍で海外から選手が来日できなくて中止になったとしても「新会長」が「A級戦犯」呼ばわりされかねないですしね。

いずれにしても前時代的なトップダウン、そして密室で何事も決める・決まるような昭和時代のような悪習はここで断ち切らないとダメだろうね。むろん、「次の」東京五輪がいつ開催になるのかは知らんけど。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ