【サッカー】清水の兄貴んとこで「6700万円もの着服」か。これは非常に痛い…。

清水で前代未聞不祥事、元出向社員6700万円着服(日刊スポーツ)

甲府サポとしては、10数年前の経営難の時に、物心共にいろいろと助けてくださって「兄貴」とリスペクトしている清水エスパルスさんでこんな騒動が。6700万円もあったらどんだけいろんな事ができると思えば…。

清水エスパルスで前代未聞の不祥事が発覚した。清水は3日、元出向社員による売上金などの不正私的流用について発表。経理担当の30代男性が2012年から6年間にわたって、チケット代やスポンサーからの協賛金などから約6700万円を着服し、物品購入や遊興費、貯蓄にあてていたことなどが判明した。着服は7月3日に見つかり、調査を開始。当該元出向社員は、7月31日付で懲戒解雇されている。

 清水の左伴繁雄社長(62)はこの日、静岡市内で会見を開いて謝罪した。

 「当該社員に現金出納を含む多くの経理に関する業務を全て1人に任せていました。会社のチェックも不十分で、管理監督責任もあります」

 同社長は、月額報酬の30%を3カ月間減額。対応策として業務上の全ての手続きにおいてダブルチェックを徹底することと、定期的な人事ローテーションなどを挙げた。

 既に当該元出向社員から約3000万円が弁済されており、今後全額返済されることも決まっていることから、「刑事告訴は見送る」としている。

いやー、全額返済されることが決まってるから…って言ったって、懲戒免職「だけ」で済ませていい問題かね、これ。

スポンサーリンク

甲府の選手何人分の年俸になるんだろう、これ。

しかし6年間で6700万円ですか。なんでこんなバカなことをしたんだろうな。バレるに決まってんじゃん、と。

で、興味本位で調べてしまったのが、甲府…の各選手の年俸は調べた限りよくわかんないんですが、うちのブログでは甲府と共にメインコンテンツ(?)にしてる千葉ロッテの選手の年俸額(推定)で調べたら、

オルモス投手=6700万円

だそうです。…いやー、二軍で大炎上する選手じゃ比較になんねえや(泣)。他の選手でいうと、中継ぎに転向した唐川投手が5700万円、正捕手争いで一歩リードしている田村捕手が同じ5700万円で、つまりは彼らの年俸一人分よりも多い、と。千葉ロッテの選手は昨年はぶっちぎりの最下位だったんで、億単位の選手が助っ人外国人を含めても数人ぐらいしか居ないという事情はあるんですけどね。

となると、甲府にあてはめるともしかしたら主力3-4人分ぐらいの年俸額よりも多いんじゃないのか…と。ジネイとかの助っ人外国人選手がもしかしたらこれぐらいは貰っている…いや、出場給を考えると彼もそこまで行かないんじゃね?ぐらいのえらい金額だな、これ。

ただ、どっちにしてもスポンサーさんから頂いたお金とかもこうして着服されているって事は、チームの上層部はそういうスポンサーさんへのお詫び行脚もしないといけないし、こうしてマスコミに取り上げられる「事件」にもなってしまった以上はその後始末はめちゃくちゃ大変そうですけどね。

現在、清水の兄貴はJ1リーグでは8位にいますが、実際は4位の札幌から12位の磐田までが勝ち点差5の間にひしめきあっている大混戦。こないだまで13-14位あたりにいた浦和が、広島と川崎という強豪を撃破して7位まで一気にのしあがってきて台風の目みたいになってるんですが…清水の兄貴の現場の士気にも影響しないことを祈るだけですわ。