「育てる」ってよりも「話題先行」で潰しちゃった感じだな…千葉ロッテの田中(英)投手の場合は。

Visitor's locker room at AT&T Park

京大出身ロッテ田中英祐が戦力外、イップス疑い苦闘 – プロ野球 : 日刊スポーツ

昨日の記事の続きになりますが…。

ロッテ田中英祐投手(25)が3日、さいたま市内の選手寮で、球団から来季契約を結ばない旨を通告された。14年ドラフト2位で入団。京大初のプロ野球選手として注目された。1年目の15年4月29日西武戦に先発で1軍デビュー。だが、3回6安打5失点と打ち込まれ、2試合で降格。再昇格はかなわないまま、戦力外となった。「やることはやったという気持ちと、ちょっとずつ良くなっていたので、投げられる、投げたいという気持ちと半々です」と心中を打ち明けた。

 入団当初は「京大君」と呼ばれ、一挙手一投足を追われた。「騒がれて入って。1軍でデビューできて。人がいっぱいで、うれしかった」。だが、デビュー戦が唯一の先発となった。「そこからはしんどいことの方が多かった」。投げ方が分からなくなった。ブルペンでは天井にぶつけ、地面にたたきつけた。150キロ近い球速は、120キロまで落ちた。1年目の9月を最後に9カ月以上、実戦を離れた。イップスを疑い、自分で見つけたメンタルトレーナーにも通った。

 昨冬、右肩の機能に問題があることが分かった。キャッチボールから見直し、オーバースローをサイドに変えた。「考えられる一番下まで落ちた。まだ出来ると信じ、周りの支えで踏ん張り続けました」。だが、時間切れだった。2軍の浦和球場で首脳陣にあいさつを済ませ、ファンにも頭を下げた。目元を少し赤くし「まだ、投げたい。投げられる。でも…、未定です」と苦しげに言った。現役続行を目指すか、いったん頭を整理する。

イップスか…、なんか話題先行で騒がれすぎちゃって、その後は2軍に落としてからは「育てる気」がなくなっちゃったのかなあ。

スポンサーリンク

大量に取って大量に切るオリックスみたいだ。

プロの世界ゆえに結果が出なければ「切られる」のはこれは仕方がない話。それはわかるんだが、「切り方も少しは考えろ」ってツッコミも禁じ得ない。これじゃあ「放逐」「使い捨て」じゃないですか、と。

なんか数年前のドラフトで育成契約を含めて10数人もバンバン取って、わずか1-2年でその半分ぐらいを戦力外通告にしちゃうオリックスと似たような「安直さ」しか感じないのがねえ。例えば田中(英)投手なんかは、あと1年ぐらい、例えば育成契約に切り替えた上で、2軍で結果が出て支配下登録で「復活」してという道筋を立ててあげても決して無駄ではないような気がする。学歴が学歴故にデビュー時にあんだけ騒がれて、千葉ロッテ球団には物凄いメリットがあったわけですし。

ま、球団も親会社も「1軍の戦力にすら無駄なカネはかけられないんだから、2軍の施設拡充や育成なんかにはもっとかけられない」ってのが本音なんでしょうけどね。でもそれじゃあ選手層はいつまでたっても薄いままですわ。3軍まで作って福岡近郊に物凄い野球場と選手寮を作ったりして育成にも力を入れているソフトバンクにはますます勝てなくなりますわ。

…親会社と球団本部長あたりにも戦力外通告してえ(意味不明)。

思えば伊東監督って起用や育成は下手でしたね。

こう言っちゃあなんですけど、今季で退任する伊東監督は選手の起用法とか育成に関しては…下手だったなあ(汗)

ロッテ伊東勤監督(55)が3日、戦力外通告を受けた田中英祐投手(25)にエールを送った。

 入団1年目の15年、4月末に1軍でデビューさせた。「騒がれて入ってきて、1軍で1年目にちょっと投げただけで、ほとんど投げられない状況だった。かわいそうな思いはありました。本人は、1軍でという気持ちでずっと頑張ってくれてました。この後どういう道に進むか分かりませんけど、プロで経験したものは無駄にはならないと思うんで、第2の人生に生かして欲しいですね」と話した。

 もう1回、1軍で投げさせたい思いがあったが、かなわなかった。「厳しい世界ですから」。この日は、田中英を含め10人が戦力外通告を受けた。「その他にも何人か若い選手が含まれてますし、次どこかでやれるチャンスがある人も中にはいると思います。何とか頑張ってほしいと思いますし、毎年この時期になると思いますけど、入ってくる人がいれば辞めていく人も多い。そういう世界。逆に言うと、今いる人たちは、そういう危機感をどこかで持ってやってもらいたいと思います」と締めた。

 自らは今季で退任するが、来季もロッテでプレーする選手たちの奮起を願っていた。

勿論、フロントの腕前もアレ(勿論そこには親会社の非協力っぷりもあり)なんで、伊東監督以下首脳陣に全部の責任を押し付けるわけにはいかないんだけど…、それにしても起用法とか、選手を育てるという意味では疑問符がつきましたね、これは。結局、中継ぎ投手の益田、抑え投手の西野あたりは酷使して使えなくなっちゃったわけで(それと数年来2ケタ勝利を達成してた涌井や五右衛門だって、今年はその中に含めてもいいかもしれんぐらいで)。

来年の監督は誰になるのかさだかではないんですが、もしマスコミの言うとおりに引退した井口が、すぐに次期監督になるんだったらそこらへんの「助言」とかは監督にもした方がいいと思うけどね。

これでもし万が一、数球団との競合の末、くじ運に恵まれて早実の清宮君の交渉権を獲得しちゃったら、あのやり手のラグビーの親父さん相手に育成方法とか将来的なプラン等で更に一悶着がありそうですわ…(ただこの親父さん気持ちは物凄くわかるけどね)。

※早稲田大ラグビー部の監督時代に、東伏見から上井草に練習場および選手寮を移転させる際に大学やOB相手に物凄いネゴシエーションを発揮して社会人顔負けのどえらい設備を作らせたそうですし…。

そこはこの田中(英)投手の教訓を踏まえて決して話題先行じゃなくて、チームの実情をふまえて戦力的に誰を本当に取りたいか冷静に考えてから判断しろよ?(呆)。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ