「選挙カーがうるさい」候補者には、一票入れないようにしてます(苦笑)

テレワーク中の選挙カーが「うるさい」苦情相次ぐ 配慮求めない?都選管「大音量流さないでとは言えない」(J CAST ニュース)

そういえばうちの界隈は今回の都議選の選挙カーはうるさくないですね。いつもはもうちょっとうるさいんだけど…。

コロナ禍でテレワーク(在宅勤務)中に、選挙カーが来てうるさかったと、ツイッターで苦情が相次いでいる。

 中には、ウェブ会議が妨害されたと訴える人もいた。国や都は、テレワークを推進しているだけに、対策を求める声が高まっている。

■「候補者はもっと配慮すべき」との投稿に、6万8000件以上の「いいね」

 東京都議選が2021年6月25日からスタートし、7月4日の投開票に向けて、各陣営が連日激しい舌戦を繰り広げている。

 秋までに行われる衆院選の前哨戦ともされるだけに、各党も候補者へのテコ入れに懸命な様子だ。

 そんな中で、ツイッターでは、テレワーク中の人も多く、ウェブ会議も入る中、選挙カーの候補者は、もっと配慮すべきだとの投稿が6月28日にあり、反響を呼んだ。

 選挙カーによる大音量演説が続く都議選を受けての投稿と見られる。このツイートは、7月2日時点で6万8000件以上もの「いいね」が付き、様々な意見が寄せられている。

 「選挙カー テレワーク」などでツイッターを検索すると、同様な声は多い。「うるさくてテレワークに集中できない」「商談でめっちゃ選挙カーの音入るから本当にやめて」「せめて住宅街から離れて欲しい」との訴えが続々書き込まれていた。ウェブ会議や電話の最中に選挙カーが通り、「連呼される候補者名から居住エリアが推測できそうで、嫌だな」との声もあった。

 影響を受けているのは、テレワークばかりではない。コロナ禍で、オンラインによる授業や面接、英語のリスニングテストなども増えているだけに、これらの視聴に支障が出たとの声も寄せられている。動画配信などにも影響があるようで、「時代に応じて選挙も変わって欲しい」と切実な思いがあるようだ。

 もっとも、選挙カーには、一定の役割があるとして、「なくなると、選挙があることさえ気づかず、投票率10パーぐらいになりそう」「支持者は選挙カーが来ないと『真面目にやってるのか!』と怒る」との指摘もあった。

都選管「配慮を求めたら、候補者の権利侵害で選挙妨害になる」

 選挙カーによるクレームについて、東京都選挙管理委員会の選挙課は7月2日、J-CASTニュースの取材に、「普段の選挙から多いですが、音量のせいでテレワークやウェブ会議に支障が出た、商談がうまくいかなかった、という理由が確かに増えています」と認めた。

 各候補者に対し、都が推進しているテレワークへの配慮を求めるかどうかについては、こう話した。

「公選法で決められていて、選挙カーで大音量を流さないでとは言えません。もし配慮を求めたとしたら、候補者の権利を侵害し、選挙妨害になります。それで落選したとすれば、選挙も無効になりますので、テレワークへの配慮は今のところ何もないです。1自治体としては、法律通りにしか運用できません」

 配慮を求めるとすれば、法的な根拠が必要になるという。

「国が法改正するか、特例法を作るかすれば、話は別ですが、私どもは何も聞いていません。総務省には、機会があれば伝えたいとも思っていますが、選管としては何も決まったものはありません」

 これに対し、総務省の選挙課は2日、選挙カーなどへのクレームのとりまとめはしていないとしたうえで、取材にこう説明した。

「公選法では、何デシベル以上はいけないといった音量などの規制はなく、運動している方の判断になります。テレワークへの配慮を求めることは、検討しておらず、事務通知も特に出していません。国会議員で考えている方がおられるかもしれませんので、今後のことは分かりませんが、テレワーク対策といった話は承知していません。公選法改正や特例法は、現時点では検討しておらず考えていません」

しかし今回の都議選、本当にうちの自宅界隈は「ウソみたいに静か」なんですわ。いつもだったらご近所の八高線ぞいに走っている街道を選挙カーが結構ひっきりなしに通っては連呼しては…なんですけど。もしかしたらもっと票が取れそうな青梅とか羽村の方に行ってるのかもしれないですけどね。むしろご近所の横田基地のヒコーキの爆音の方が(苦笑)。

随分昔、某赤いバイクのデリバリー屋さん(謎)の仕事をしてた時にたまたま見かけて「こりゃ凄いこと考えるなあ」と思った候補者がいました。その人は大型スーパー(とはいえ2階建て以上ではなく平屋の横に広いスーパー。ヨークマートとかエコスとかいなげやとかの)の真裏の路上に選挙カーを停めて、お店の方に向かってマイクで喋り始めたんですね。ちょうどそこのスーパーの真裏が住宅地で、建物の裏手が住宅地の一本道だったこともあったんですが、あれにはびっくりしました。確か地元の市議選でその人はかなり上位で当選したんじゃなかったかな…という記憶も。

ただあれ以来、「選挙カーでうるさかった候補者」には絶対に入れないようになりましたね。「とりあえずあんたの名前、覚えとくわ」と。まあ基本的には地方選に関して言えば、支持政党はなく、その時のフィーリングで、なおかつポストに入っていた選挙公報だけは目を通して投票するんですけどね。まあ後述しますが、基本的には期日前投票で済ませてしまうので、選挙公報が間に合わない場合もままあるんですけども…いずれにしても選挙カー、あれ、どうにかならんもんか。

スポンサーリンク

で、期日前投票を終えた今、「ゆかいな泡沫候補」チェックを(をい)

で、私自身は国政選挙にしろ都議選、都知事選、市議選、市長選…いずれにしても、投票日前に市役所の期日前投票に行っちゃうんですね。うちの地元の市役所の期日前投票は、免許証などの身分証明書を持参すれば入場券を忘れても投票ができるシステムになってるもんで…。これは、10年ぐらい前に別件で市役所に行った折に、たまたま期日前投票所の真ん前を通ったらスタッフさんがいて、ダメ元で尋ねてみたら「身分証明書があれば大丈夫です」って言われたもので、それ以来、市役所で期日前投票に行くようになりました。

今回も火曜日に妻と出かける途中に市役所の前を通ることになったんで…あ、今回はちゃんと入場券を持参したんであっさりと終わりました。となると、もう投票しちゃった以上、仮にどこぞの政党さんからお電話受けても(笑)、「(俺はもう投票しちゃったけど)、いやー、頑張ってください」と。そしてその後に楽しみなのは、

↑こちらは最寄り駅の前にあった選挙ポスターの掲示板ですが、

↑いやあいいなあ、大統領(^_^;)

ま、この候補者、時折、うちの選挙区に出てくる泡沫候補の人なんですが、以前は登録名を「大統領」にしてました。私が現住地に引っ越してきたから4回ぐらい立候補してはいつも落選しているんですけども…10数年前に朝の通勤時間帯に最寄り駅の改札前にタスキかけて突っ立ってたのを覚えてますね。で、どこかのおっさんが握手求めてました(笑)。

個人的にはこういう供託金没収を全く恐れないような「泡沫候補」、大川興業の総裁氏的にいえば「インディーズ候補」、私は好きですねえ。もっとも実際に投票するかどうかは別ですが(をい)、ぜひとも8位入賞をめざして頑張って…って、あ、西多摩選挙区は立候補5人だから5位入賞はすでに(以下略)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ