「中止などを求める意見が30件以上」←それは多数意見とは言わない。


Gundula VogelによるPixabayからの画像

羽生選手表紙の仙台観光ガイド 転売懸念「配布しないで」ファンら市に要望(河北新報)

表紙の被写体になってくれた、羽生選手本人の好意を無にするようなことは言うなよ。

仙台市が6月下旬に市内12カ所で無料配布した観光ガイドブック「仙台巡り」について、街頭での配布中止などを求める意見が30件以上、市に寄せられていたことが9日分かった。ガイドの表紙はフィギュアスケート男子で五輪連覇した市出身の羽生結弦選手(24)=ANA、宮城・東北高出=。ファンらが「転売されると選手に迷惑が掛かる」と懸念したとみられる。

 市によると、意見は羽生選手のモニュメントデザイン発表式があった4月20日以降、メールや手紙で寄せられた。内容は街頭での無料配布ではなく、インターネット販売を求めるものが多かった。

 東京都内のファン32人の署名が添えられた要望書もあり、「商業施設で配るなど転売目的の人が簡単に入手できる方法は見直してほしい」との趣旨だった。

 市はガイドを10万部発行。6月29、30の両日、市内の百貨店などで約1万部を配った。残りは14日まで市内のホテルや旅館で宿泊客に贈呈する。

 ガイドは9日時点で、オークションサイト「ヤフオク!」などで700~3000円程度の値段が付けられて出品されている。

 郡和子市長は9日の定例記者会見で「羽生選手を生んだ仙台を訪れてほしいとの思いで発行した。配らないという選択は想定しにくい」と説明。市観光課の担当者も「税金で製作したガイド。販売はなじまないと考えた」と話す。

 市は15日以降、ガイドの電子版をネット上で公開する。

ま、端的にいうとこうだよなあ。

「(仙台市界隈の住民以外の)部外者は黙ってろ」

としか。羽生選手のファン30件以上のクレーム、および32人の署名なんて、ありがた迷惑以外の何者でもないですわ。電子版をネット公開するんだからそれでいいじゃないか。転売云々は別の方法で啓蒙なり、転売サイトへの圧力等(?)をすればいい話で。

スポンサーリンク

だったら仙台方面に旅行でも行ってやれ。

つーか、こんなん「多数意見」でもなんでもないじゃん。32人なんて、仮にこれが「血判状」でも驚かねえわ、2.26事件の反乱将校だってもうちょっと多かっただろうよ(意味不明)。

これがね、例えば「32万人」とかだったら自治体等も考慮しなけりゃならん話になるんでしょうが…32人なんて別に「一部のキチガイなファン」ぐらいの人数にすぎないじゃん。仮に「わざわざ大会まで観戦しにいくぐらい熱心な」フィギュアスケートのファン人口が(かなり多く見積もったとして?)日本に100万人ぐらいいるとして、100万人分の32人。確率としてたったの0.00032%。

そんな超少数意見が「世論」になってたまるか(呆)

ぐらいの突っぱねっぷりでいいと思うけどね。まず「お前らが」転売とかやらなきゃいいだけで。電子版ですら手に入れることは今後は容易にできるんだし。

私自身は思うに、もし本当にファンで、それほどまでに羽生選手のことを思うんだったら、

「ゆかりある」仙台旅行でも行ってカネを落としてこい。

と。そっちの方がよっぽど羽生選手も喜ぶでしょうよ。「搬入選手のために」というんだったらくちゃくちゃと文句をつけることではないでしょう。少なくてもね。ゆえに仙台市長サンも仙台市の観光課氏も「極めて妥当」な事しか言ってないと思うです。はい。それだと「羽生選手を愛してる」じゃなくて「羽生選手…を愛してる自分らが大好き」になっちゃって、その自己愛、見苦しいですよ?としか。

しかし河北新報、なんでこんな「トンチキな少数意見」をわざわざクローズアップしたんだか(しかも事実の報道だけではなく、よくよく見ればこの少数意見寄りな記事をわざわざ拵えてるし)。言うなれば朝日新聞の「市民の意見=サヨクのプロ市民の超少数意見」みたいなもんじゃん、これ。

こんな0.00032%程度のトンチキなファンのせいで大多数の「まともな」ファンを悲しませるようなことを「応援」しちゃダメですわ。つーか、ゴネ得で何でも動くと勘違いして世論を舐めんな。

YUZU'LL BE BACK -羽生結弦写真集2018~2019- (Dancin'on The Edge2)
スポーツニッポン新聞社
スポーツニッポン新聞社 (2019-06-11)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ