仙台育英高校の野球部員と剣道部員、飲食店で飲酒・喫煙って…アホかお前ら。

仙台育英、無期限活動停止!野球部員飲酒喫煙で…3年1人、急性アルコール中毒の疑いで救急搬送(スポーツ報知)

高校生の分際で、飲食店(たぶん居酒屋)で堂々と呑んだ上に急性アル中で緊急搬送か…10年早えよバカヤロウ(爆)

春夏通算38度の甲子園出場を誇る名門・仙台育英(宮城)で、現役の2年生部員3人と引退した3年生の計6人が、先月末に剣道部を引退した3年生の2人と共に飲酒、喫煙をしていたことが6日、分かった。6人の中には、今夏甲子園でベンチ入りした選手も含まれているという。事態を重く見た学校側は6日から、硬式野球部と剣道部を無期限活動停止にすることを決めた。

 今夏甲子園でも8強入りした名門野球部で、現役部員が関わった不祥事が発覚した。2年生部員3人と引退した3年生3人の計6人は、11月27日午後7時ごろから約4時間、仙台市青葉区の飲食店で飲酒、喫煙していた。3年生の1人は、急性アルコール中毒の疑いで救急搬送された。入院などはせず、現在の体調に問題はないという。6人の中には、夏の全国大会でベンチ入りした生徒も含まれているという。剣道部を引退した3年生2人を含め、8人全員が事実関係を認めている。

 部員の一部は寮に住んでいるが、「家族と面談する」と申告し、外出許可を得ていた。同校は4日に事実を確認。既に宮城県高校野球連盟に報告し、関与した生徒への聞き取りなどを進めている。真山晴夫副校長は「多くの生徒が頑張っている中、非常に残念だ。生徒の指導と管理を徹底したい。再発防止に努めたい」と話した。

 チームは今秋宮城大会で2季連続優勝。4試合で35得点、失点は決勝での1点と圧倒的な力を見せつけたが、東北大会では初戦(2回戦)の日大山形戦で、0―1での完封負けを喫していた。

 今後は、ヒアリングをまとめた報告書を宮城県高野連に提出。日本高野連の審議小委員会にかけられ、上申されれば、日本学生野球協会審査室会議で処分が下される。審査室会議は今月中旬にも行われるため、早ければ年内に処分が決まる。

飲食店側もぱっと見、「あ、こいつら高校生だな」ってわかるだろうに。止めろよ、店に入ろうとした時点か、注文を取る時点で。

スポンサーリンク

たぶん搬送先の病院でかなり叱られたんだろうね。

もう何年か前の話ですが、うちの息子が気管支炎がひどくて青梅の総合病院に真夜中、診察してもらったときのことを思い出しますわ。

そこは西多摩地区では最も大きな「救急救命室」がある病院で、後年、うちの妻の母が急逝した際に緊急搬送して臨終を迎えたのも「ここ」だったんですが、まあひっきりなしに救急車が患者さんを運んでくるという病院でして、この日もうちの息子が点滴治療をしてる最中にドヤドヤとやってきたのが、学生の患者さん。

なんとなく話してるのが聞こえたのは、奥多摩だかでキャンプしてる際に酒盛りをやって急性アル中になって救急車を呼んだんですが、この倒れた学生、未成年だったらしいんですね。で、50人ぐらいのグループ(どうも大学のボーイスカウト部だったらしいです)でキャンプをやってる途中に…ということで顧問の先生が同行しておらず、部の幹部の、いかにも「世話役」的な男女の学生さんが救急車に付き添ってきてたんですが、その学生さんたちがおばさん看護師にかなり大きな声で叱られてました。「え、未成年なの?なんで飲ませたの?」って。

その後、息子が点滴を打っている処置室(診察室の隣にベッドが5人分ぐらい並べられてる部屋がありました)の、3つ隣のベッドでその倒れた学生さんは点滴治療を受けていたんですが、本人は興奮して「うげー、気持ち悪ぃー」と小さい声でぼやきまくるわ、他の学生が後から病院にやってきてはドヤドヤしてたり、倒れた学生さんは山梨が実家だったらしいんですが、その親御さんが急に来てもらうことになり、やってきた親御さんが学生さんの労をねぎらいつつお詫びしてたり…と。

いずれもカーテン越し(私は息子が寝てる大人用ベッドの横の椅子でうたた寝をし、妻は両親がデイサービスの日で朝の支度をしないといけないので始発電車で家に帰りました)に聞こえてた話をまとめるとそんな感じだったんですけども…「あー、プチ修羅場ってのはこういうことを言うんだろうね」と軽く失笑してましたわ、ええ。たぶん、この仙台育英の生徒たちも、緊急搬送先の病院でめちゃくちゃ叱られたんでしょうな。

さて、野球部および剣道部、どんぐらいのペナルティが課せられるのやら。下手すると来年の夏まで響くかもね。千葉ロッテの平沢大河の母校か…ったく、しょうがねえ。