【追記あり】あー、西武の相内選手、これで何度目だ?


hoyasによるPixabayからの画像

※追記しました。

西武 佐藤龍世と相内誠を無期限の対外試合出場禁止、ユニホーム着用禁止処分 違反行為が判明(スポニチ)

実際にC2(=首都高の中央環状線)の山手トンネルを運転しててスピード違反したのはもうひとりの方なんですが…ドラフト指名直後のスピード違反から何度目だか。これでもう駄目かもしれないね。

西武は20日、佐藤龍世内野手(23)と相内誠投手(26)が、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から自宅待機および不要不急の外出禁止と定めていた期間中にも関わらず、千葉県内のゴルフ場でゴルフをするために外出し、その際、佐藤が運転する自動車が道路交通法に違反する危険な走行をしていた事実が判明したと報告し、謝罪。両選手を無期限の対外試合出場禁止およびユニホーム着用禁止の処分としたと発表した。

 球団が自宅待機および不要不急の外出禁止と定めていた4月12日、相内が同乗する自動車を佐藤が運転し、千葉県内のゴルフ場へ向かう途中、首都高速道路中央環状線山手トンネル内を法定の最高速度を大幅に超過する速度で走行した。8月17日に佐藤から球団に報告があり、佐藤には18日、相内には19日に詳細を確認し、違反内容が判明した。

 両選手のコメントと飯田光男常務取締役球団本部長のコメントは以下の通り。

 <佐藤龍世のコメント>自分の置かれている立場を考えず、また自らの甘さがこのような事態を招いてしまったと考えています。深く反省しております。今後、二度とこのようなことを起こさないよう、十分に注意するとともに、社会人としてのルールをしっかり守り、責任ある行動をとってまいります。この度は大変申し訳ございませんでした。

 <相内誠のコメント>日頃から応援していただいている多くの方に、ご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。深く反省しております。今回のスピードの出し過ぎやチームのルールについてのみならず、日常から年上の私が模範になるべきでした。社会人としての責任を痛感し、今後、同じ過ちを犯さないよう行動してまいります。

 <飯田光男常務取締役球団本部長のコメント>日頃から、佐藤龍世や相内誠をはじめ当球団を応援していただいているファンの皆さま、関係の皆さまに心よりお詫び申しあげます。当球団といたしましては、今般の事態を大変重く受けとめ、選手2名に対して厳しく指導するとともに、厳正に処分いたしました。今後はファンの皆さまのご期待を裏切ることがないよう、コンプライアンスの再徹底と教育を強化してまいります。

 午後4時から京セラドームで詳細について飯田球団本部長か会見する。

てか、4月第2日曜日…って、土日でスケジュールが空いたからかもしれないけどさ、そもそも君等がゴルフするためにシーズンが遅れてヒマになったんじゃねえんだぞ?(呆)

スポンサーリンク

佐藤内野手はともかく、相内投手はもうアウトかもしれないね。

で、「無期限の対外試合出場禁止」はたまーに聞くけど、「ユニホーム着用禁止の処分」は珍しい。というかこういう処分は初めて聞いたかもしれないな。少し前にこれと似たような(スピード違反および無免許運転)で球団からペナルティを喰らったオリックスの奥浪という選手がいましたが結局は自分で引退して、引退後に事件起こして逮捕されたわけですけども、「ユニホーム着用禁止の処分」までは至らなかったような記憶が。

まあその引退後に引き起こした児童買春と特殊詐欺事件で実刑判決まで至ったそうですけどね。今頃はどこかの刑務所の野球大会やソフトボール大会とかで投手で4番みたいな扱いを受けてんだろうかな(苦笑)。

で、相内投手。一応調べたら過去にこんな事をやらかしてたそうで、

1.高3の時、西武との仮契約直後にアクアラインでスピード違反をやらかす。しかも当人、仮免許中だった

→無期限謹慎および家裁から保護観察処分に。

2.1年目のシーズンオフ中に未成年飲酒が発覚した

→6カ月間の対外試合出場停止および夜間外出禁止、ユニホーム着用禁止の処分も(←あ、ここで出てくるんですね、この「ユニホーム着用禁止の処分」が)。

いやー、あんた高校の時のそれをやらかしてるのに今回も相方のそれを止めないとは…。よほど懲りない人なのかそもそも素行がアレすぎる人なのか(;゚Д゚)。

いや、確かに首都高のC2の山手トンネル、本当にあそこはスピードが出やすいんすわ。私も千葉の実家に日帰り帰省する時には行きはよく使うんですが(帰りはC2の西新宿JCTから首都高→中央道に合流する時にやたらと渋滞するのでレインボーブリッジから都心環状線に乗る事が多いです)、まあノリノリで運転してると他の車もぶっ飛ばすので平気で110-120キロは出てしまうとこなんすね。それと片側二車線なんすけど、右側のレーンは大橋JCT(東名道方面に行くルートになります)で混むんですが、左側は事故渋滞とかがなければ全然スムーズに走れるのと、やはり地下トンネルってスピード感が乏しいんでしょうね。だから自制しないとこれは危ねえなあ…なんていつも思いながら他の車よりも心持ちゆったりした感じで走るようにはしてるとこだったりしますが。

なので一応、この人達はプロ野球選手にもなれたし、我々庶民に比べればそこそこいいクルマに乗って、たまたま練習が休みだったのか自粛期間中だったのかは知りませんが…気晴らしにゴルフなんかに行こうとしてこの始末、と。そうなったわけですね。バレないとでも思ったんかなあ。こういうのこそバレる前提で(そしてバレた後の不始末のめんどくささも含めて)物事を考えなくちゃいけないんだけどな。

で、佐藤内野手はまだ「初犯」(って言い方もアレですけど)だからかろーじて罪一等は減じられるとは思うんですが、相内投手は…さすがに都合3度目でしょう?そろそろアウトかもしれないね。いやー仏の顔も三度まで…って言葉も知らんのか。おそらく石田純一なんかもこんなノリで「タニマチに誘われたから」とか理由つけて好き勝手にやらかすのと行動原理は一緒なんだろうね、しらんけど(失笑)

追記:え、89キロオーバー?(^_^;)

対外試合出場禁止の西武・佐藤 89キロオーバーで走行していた、相内が同乗(スポニチ)

で、後から89キロオーバー、つまりは時速149キロで山手トンネルを爆走してた…と。バカだろお前ら。

西武は20日、佐藤龍世内野手(23)と相内誠投手(26)に違反行為があり、無期限対外試合出場禁止と、ユニホーム着用禁止の処分を下したと発表した。

 詳細について、午後4時からオリックス戦前に京セラドーム内で飯田光男球団本部長が会見。両選手は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、自宅待機と不要不急の外出が禁止となっていた期間の4月12日、佐藤所有の乗用車に相内が同乗して千葉県内のゴルフ場に向かい、その道中、首都高速道路中央環状線山手トンネル内を法定速度時速60キロのところ、89キロ超過の時速149キロで走行した。

ついうっかり気づいたら110-120キロぐらい出ちゃってました…ぐらいの感じかと思ったら。あそこは片側二車線しかないのに150キロ近くも出す神経はわかんねえってば。しかも大橋JCTから大井JCTまで多少のカーブもあるってのに。佐藤ってのもアホじゃなかろうか(←あそこは何度も運転したことがあるだけに実感をこめて言わせてもらいますわ)。

てか、一緒に乗ってるんだったら相内も「ちょっとスピードを落とせ」ぐらい言えや。こりゃ今日にでもクビになっても全く驚かねえ…(失笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ