その「さざ波」程度で常に後手後手になってる事をまず恥じようや、内閣参与殿。

「日本はさざ波、五輪中止とか笑」内閣参与の投稿に批判(朝日新聞)

内閣参与の大学教授、つまりは「安倍ちゃん、ガースーのお友達人事」で選ばれたインテリの人がこう言ったわけですが…まあその「さざ波」程度でオタオタしてる政権の体たらくはどうなんだ?とね(比較)

新型コロナウイルスの感染状況や五輪開催をめぐり、内閣官房参与を務める高橋洋一・嘉悦大教授が9日、ツイッターで世界各国の感染者数を比較するグラフとともに「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」と投稿した。日本の感染者数の低さを示すためとみられるが、ネット上で反発が広がっている。

 このツイートに対し、「ウチの母親も『この程度のさざ波』の中で亡くなったんですよ」「一人ひとりの命が失われていくことに対し、笑笑って…人の命をなんだと思ってるのですか」などの批判的なコメントが相次いだ。

 高橋氏のツイートについて加藤勝信官房長官は10日の記者会見で、「個人としての発言で、政府としてコメントは従来差し控えている」と説明した。記者団から高橋氏が内閣官房参与を続けることが妥当かどうかを問われると、加藤氏は「高橋参与は経済、財政政策に関して意見を述べていただく非常勤の職だ。それにのっとって対応していただくことが非常に大事だ」と述べるにとどめた。

 高橋氏は元財務官僚で、菅義偉首相就任後の昨年10月、内閣官房参与に任命されている。大型連休中の今月4日にも、首相公邸で首相と面会している。

 新型コロナをめぐっては、国内の死者数は4月に1万人を超え、感染者数も9日時点で64万人以上にのぼる。医療体制が逼迫(ひっぱく)し、病床が足りなくなっている地域では、自宅待機中に死亡する事例も続出している。

最近では他者、特に他国の例を引き合いに出して物事を語る輩をネットスラング等では「出羽守」と言うことが多いようですが、財務官僚までやっていて、現政権からもご贔屓されているようなエリートな大学教授については、たかだか「下々の民が活用している」Twitterごときで馬鹿な事をしたもんだ、としか言いようがないですわ。

てか、そんなエリート様が自分からわざわざレベルを下げて「口ゲンカに参戦」してどーすんだか。そんな事をわざわざ質問されて
「お仲間の」官房長官も困ってんじゃねえか(苦笑)

スポンサーリンク

まあ「さざ波」如きでダメダメな現状を「恥を知れ」と。

しかしだな…個人的には東京五輪に関しては、

【記者の目】池江璃花子に「苦しいです」と言わせた おぞましい匿名の圧力(日刊スポーツ)

「五輪、そりゃ無理なんじゃね?」と思いつつも、「あの」闘病生活を経て復活した池江璃花子選手にまで反対派連中、迷惑かけてどーすんだ?とも。

<記者の目>

白血病による長期療養を経て東京オリンピック(五輪)代表入りを決めた競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が7日に、SNSを通じて代表の辞退や五輪への反対を求めるメッセージが寄せられていることをツイッターで明かした。一夜明け、8日までに、この発信を巡る一連の動きに、多くの反応が集まった。

   ◇   ◇   ◇

「とても苦しいです」。

その一文に、心から血がにじみ出ていると感じた。

7日夜に池江がSNSに文章を投稿した。SNS上で「代表辞退」「五輪中止表明」を求める声が届いたという。開催に賛成するのも反対するのも個人の自由だ。だが匿名で自分に都合がいい意見を、20歳の現役選手に無理強いすることが許されるはずがない。

池江は、負けず嫌いで前向きな性格だ。4年以上担当するが、取材現場でもそうだ。必ず質問者の目を真っすぐ見て答える。SNSでもつらい心情を発することもほぼない。思いつくのは19年3月、抗がん剤治療が始まった直後の「思ってたより数十倍、数百倍、数千倍しんどいです」ぐらいだ。そんな池江に「とても苦しいです」と言わせる、匿名の圧力がおぞましい。

池江は闘病中、家族に1度だけ「死にたい」ともらし、深く後悔している。何よりも命が大事であることは身をもって知っている。だからこそコロナ禍の東京五輪を俯瞰(ふかん)した時、葛藤が生まれることは想像に難くない。そんなジレンマを抱えた20歳の心を、筋違いな意見の押しつけが無慈悲に責め立てた。

そもそも東京切符は目標のパリ五輪前に思いがけず手にしたものだ。しかも池江は「ないなら次に向けて頑張るだけと思っています」としている。五輪を開催してほしいと主張しているわけでもない。

そしてもちろん五輪開催は1人の選手が決められることではない。

その「なりふり構わず」な輩共にも同調したくはないのと、かといって「何が何でも開催マンセー」の方にも与するのもそれも嫌なので「やるなら勝手にしろ、そもそも俺は一切中継を見ないから」のスタンスで行こうかなと考えているとこです。ま、実は朝刊は1月末にじいさんが亡くなった直後に、ちょうど50数年来購読してた読売新聞を解約してしまった(奇しくも1月末が契約切れのタイミングでお断りしたんですね。巨人ファンのじいさんが亡くなったんでもう読まないから、と)し、まあ五輪期間は何か大型本でも数冊ぐらい購入して、それをじっくり読み込む期間にでもしようかなと考えている次第です。

…ただ、なんか小池都知事、今年の都議選の為にいきなりひっくり返しそうな気もするんだけどね。「選挙に負けたくないんで、五輪中止公約にします」みたいな。さすがに中止と決めてそれで都民ファーストが大勝した後に「やっぱやります」とは言わないだろうけども(苦笑)

でもさ、いずれにしてもこの安倍ちゃん・ガースーのお友達の大学教授がいうとこの「さざ波」程度のレベルの話ですら、一事が万事、全てにおいて後手後手かつ無責任無関心でいる為政者側の対応は、たかだか参与とはいえ「政権の一員」として恥じるべきだろうな。てか、エラソーにTwitterごときで出羽守やってるヒマがあんなら、元財務官僚および経済のプロとして「適当な国費の使い方、公務員の動かし方」ぐらいの実効性のあるアドバイスでもしてからTwitterごときにドヤ顔した方がいいと思うけどね。つまりはお前の仕事の「順番」が違うだろ、馬鹿、と(失笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ