「ちびまるこちゃん」のさくらももこ先生の訃報には驚いた…。

さくらももこさん、乳がんで死去 享年53(オリコンニュース)

これはかなりびっくりした。そんなまだ亡くなるような年齢でもないだろうに…と。

『ちびまる子ちゃん』で知られる漫画家のさくらももこさんが、乳がんのため15日に死去した。享年53。メディア向けの書面や公式ブログで発表された。

 ブログで「さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます」と発表した。

 さくらさんは1984年に漫画家としてデビュー。ブログでは30周年を迎えた際の言葉として「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」と紹介した。

 ブログでは「作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです」と呼びかけている。

 なお、フジテレビは放送中のアニメについて「今後も変わらず放送を続けてまいります」としている。

なんか「ちびまるこちゃん」全盛期に、アニメでは次の時間帯だった「サザエさん」の長谷川町子先生の訃報を接したのを思い出しますな…。調べたら、平成4年5月に72歳で亡くなられて、御遺族の要望とかで1ヶ月後ぐらいに朝日新聞とフジテレビから訃報が発表されてた記憶がありますね。それももう26年も前のことなのか…と。

↑こういうツイートも流れておりました。

スポンサーリンク

まあアニメも漫画も見てましたね。妹から「りぼん」を借りて(苦笑)

しかしいつぐらいから見なくなったのか…と思い出せないぐらい、高校生ぐらいの頃はよく見てましたねー、「ちびまるこちゃん」のアニメ版。当時、妹が小4ぐらいで、「りぼん」を毎月買ってたのでよく見せてもらってました。なんか九州旅行の折に、暇つぶしに単行本も買った記憶もありますし。

あの当時はフジテレビは怒涛の勢いで、サザエさんもさることながらちびまるこちゃんの視聴率も物凄かったんですね。30%40%とか行ってたんじゃないかしら、と。たぶんあのキャラクター構成と、話の流れ的にはサザエさんのように1年を無限ループ(?)して延々と続いていくんだろうななんて思ってたんですが、本当に現在もフツーに、サザエさんと共に放送されてますしね(一時期、3年ほど中断してた時期もあったようですけど)。

しかし「笑点」の歌丸師匠と同じ年に亡くなるとは。そしてやはり、平成から次の元号に替わる「時代の端境期(?)」なので、昭和→平成の前後数年の間に、石原裕次郎、美空ひばり、手塚治虫…の「昭和を代表する」各氏が亡くなるようなことが本当にあるんだなあ、と、一抹の寂しさも感じてやまない次第です。

改めて、ご冥福をお祈りいたします。楽しい作品を本当にありがとうございました。