監督に続いて選手6名とスタッフ3名が感染か…大変だな、サガン鳥栖も。

サガン鳥栖、選手6名とスタッフ3名の新型コロナ陽性を確認。監督含め計10人(フットボールチャンネル)

昼間の記事の話の続きになりますが…サガン鳥栖は、監督さんに続いて選手・スタッフの皆さんからも陽性患者が出てクラスター状態になってしまったのか…と。

J1のサガン鳥栖は12日、クラブ内で11日に実施した新型コロナウイルス感染のPCR検査の結果により、トップチームスタッフ3名およびトップチーム選手6名の計9名から陽性反応が確認されたことを発表した。

 11日午後には、前日に金明輝監督から新型コロナウイルス感染の陽性反応が検出されたことが発表されていた。その後の検査により、複数名が「陽性」または「陽性の可能性が高い」と診断されたとして、12日に開催が予定されていたJリーグYBCルヴァンカップグループステージ第3節のサンフレッチェ広島対鳥栖戦は中止が決定された。

 その後開かれた緊急会見の中で、鳥栖は2名が「陽性」、7名が「陽性疑い」と診断されたことを明らかにしていた。「陽性疑い」の7名に対しては再検査が行われたが、全員の陽性が確認されたことになる。また、陽性判定者以外にはクラブ内で新型コロナウイルス感染症や風邪の症状などを呈している者はいないとされている。

 クラブの経過説明によれば、陽性と判定された9人の大半は無症状のようだ。体温についてはスタッフ1名のみが12日に37.5℃となっているのを除けば、全員が9日から12日まで36℃台以下。また選手1名のみが11日から12日にかけて「のどの痛み有り」だが、それ以外の者は体調不良や味覚・嗅覚障害などの症状を訴えてはいないとのことだ。

 監督を含めて計10人の新型コロナウイルス感染が確認されたことで、鳥栖のトップチームが保健所から「クラスター」と認定される可能性もある。一定期間のチーム活動停止や試合日程の変更など、今後に大きな影響が及ぶことになるかもしれない。

とにかくこの病気の一番怖いところは、喉の痛みとか味覚障害とか、そして重篤になれば死に至る…という点もさる事ながら、自覚がないまま検査したら陽性反応に、という点だと思うんですよね。そしてそういう人たちからも感染するリスクもあると。いやーこれは本当に手強い。

スポンサーリンク

明日検査だという、鹿島の皆さんのご無事をひとまず祈る次第で。

【鹿島】8日鳥栖戦での濃厚接触者はおらず。明日J公式検査を受けて16日の神戸戦へ(サッカーマガジン)

一方で先日、鳥栖と対戦した鹿島アントラーズの方は一応、明日の検査待ちということのようで。

鹿島アントラーズは12日、先日対戦したサガン鳥栖の選手・スタッフに新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを受けて、あらためて現状を報告。週末のヴィッセル神戸戦(16日)に向けてしっかり準備を進めていくとした。

16日に鹿島は神戸と対戦

 鹿島は、8月8日開催の明治安田生命J1リーグ第9節でサガン鳥栖と対戦した。その後、11日に金明輝監督に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認され、12日夕方には複数名に対し「陽性」または「陽性の可能性が高い」との診断および検査結果が発表された。
 12日夜に予定されていたルヴァンカップのサンフレッチェ広島対サガン鳥栖が中止になるなど、大きな影響を及ぼす事態を受け、鹿島が現状報告を行なった。

 12日夕方時点で鳥栖の陽性判定者との濃厚接触者はおらず、明日13日(木)にはJリーグによる公式のPCR検査を実施予定。また、ホームゲームの試合会場となっている県立カシマサッカースタジアムでは、12日までに清掃業者による消毒作業を実施したという。

 クラブとしては、引き続きクラブ内における新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を徹底し、公式戦においても安心・安全な試合運営につとめていくとしている。

いやーこれは鹿島の方も戦々恐々だろうなあ。仮に鳥栖戦で伝染されたわけではないにしても、検査したら陽性反応の人が出てくるかもしれないし、実は既に治癒していて抗体ができてる人が出てくるかもしれないしで。まあここは本当に感染予防を徹底して、それでも感染者が出てきたら致し方ないって感じなんでしょうね。

鳥栖の社長は昨日、平謝りしてましたけどね。

監督コロナ陽性で鳥栖社長おわび「至らない点多かった」 12日ルヴァン杯はコーチ指揮で出場目指す(西日本スポーツ)

で、こちらは昨日時点の記事ですが…あのアクの強い鳥栖の社長さん、平謝りだったんすね…。

J1サガン鳥栖は11日、金明輝監督(39)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。Jクラブの監督で感染者が出たのは初めて。同日、選手ら89人がPCR検査を受けた。選手に感染者は出ておらず、スタッフ3人以外の濃厚接触者もいないため、12日のYBCルヴァン・カップのアウェー広島戦は予定通りの出場を目指している。

 クラブによると、金監督は8日昼、発熱や味覚障害などはなかったが、体調の違和感を抱く中で同日夜のアウェー鹿島戦の指揮を執ったという。オンラインで会見した竹原稔社長は「8日の段階では、監督の中でも体調不良というものではなかった」と釈明した。

 その後、金監督は9日夜に38度の発熱があり、10日朝は平熱だったものの、倦怠(けんたい)感がありながら練習に参加。同日午後に佐賀県内の病院でPCR検査を受けて陽性と確認された。結果として金監督が体調の違和感をJリーグ側に報告せず8日鹿島戦の指揮を執ったことなど、竹原社長は「至らない点が多かったことは認めたい」と反省の言葉を述べた。

 金監督は平熱に戻っており、佐賀県内の病院に入院している。保健所の指導により、スタッフ3人が濃厚接触者と認定され、隔離した上、クラブハウスの消毒を行うなど感染対策に努める方針。PCR検査の結果は12日に判明する予定で、判明後に試合当日に広島に移動する予定。竹原社長は「濃厚接触者は確認されているので、開催はできると思っている」と見解を示した。同日の広島戦は桑原勇斗コーチが指揮を執る見通し。

ま、酷暑で就寝中もエアコンつけっぱなしで寝ちゃって朝起きたら「風邪かな?」みたいな感じだったかもしれないし、これはあくまでも結果論で責められませんわ…。これが例えばタレントの石田純一みたいなことをやらかしたら(例えば行かなくてもいい繁華街で飲み歩いてたりとか…)「自覚が足りん!」ってお叱りを受けても仕方がないとこではありますけどね。

特に鳥栖は新型コロナ禍云々以前に、昨年・今年と経営もかなり厳しいらしいだけに本当に正念場になってくるんだろうな、これらも。いずれにしても感染してしまった監督さんはもとより、選手・スタッフの方々のご快復をお祈り申し上げます。

以上です。