「いや、そのりくつはおかしい」→かんぽ生命の営業社員様たち(呆)

日本郵政 社員120人が持続化給付金申請 会社は取り下げ求める(NHKニュース)

「いやいや、君たちの収入が減ったのは新型コロナウイルスのせいじゃなくて、それよりも前の、保険の不適切な販売をしたからでしょう?」って誰もがツッコミを禁じえないこと…を120人も申請してたとは(呆)

日本郵政グループは、かんぽ生命の保険の不適切な販売問題をきっかけに収入が減ったおよそ120人の社員が新型コロナウイルス対策の持続化給付金を申請していたと明らかにしました。制度の趣旨に反する申請だとして陳謝するとともに、社員に申請の取り下げなどを求めています。

持続化給付金を申請したのは、日本郵便で保険の販売などを担当する社員、およそ100人と、かんぽ生命の社員、およそ20人の合わせておよそ120人です。

会社によりますと、これらの社員はかんぽ生命の保険の不適切な販売問題がきっかけで収入が減ったにもかかわらず、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだとして、個人事業主などの場合、最大100万円を受け取れる持続化給付金を申請していました。

保険の販売を担当する社員は給与とは別に、営業成績に応じた手当を事業所得として受け取っていて、この部分の減少を理由に申請したということです。

これについて日本郵政グループは、制度の趣旨に反する申請だとして申請の取り下げや、すでに給付金を受け取った場合の国への返還を求めています。

これに対して、日本郵便の社員10数人は取り下げに応じていないということで、会社は引き続き取り下げを働きかけるとしています。

オンラインの記者会見で、日本郵政の木下範子執行役は「申し訳なく思っている。グループ全体としてしっかりと厳正に対処して参りたい」と陳謝しました。

ま、そもそも論として「誰がそんな不適切な営業まで命令して、それをさせてきたか」という点は「そりゃかんぽ生命の偉い奴らや、日本郵政グループの現場に関心がない経営陣、だろ?」というのは当然あるのはさておき(苦笑)。

スポンサーリンク

まさに「行きがけの駄賃」「どさくさ紛れ」というか。

しかしそれにしても「そもそもこれらの営業を長年、「命令」したのはあんたらなんだから、なんで下っ端の俺らがワリを食わなきゃならんのだ」と上の方に反論、または然るべき労働関係の役所に相談したり、いっそのこと法的措置でも取る…のが筋で、なんでこんなカンケーもない新型コロナ禍の国の「給付金」を騙すように申請するのかがいまいちわからない。これが他の保険会社の、それこそ歩合給で営業成績がなければ給料もなくなりメシも食えないみたいな「保険のおばちゃん」的な勧誘員の人たちが「新型コロナ禍で営業回りもできませんでした」で、給料に大打撃を受けてそれで申請するならまだしも、ある程度給料が保証されているかんぽ生命の営業社員が「個人事業主」面して申請するのはそりゃおかしいだろう、としか。

と同時に「あんなに正社員面して町中を行ったり来たりしてるのに、都合悪いとこは「個人事業主」かよ」という意味では「やり方が筋悪だなあ。それにどさくさ紛れに申請してゲットできちゃったらラッキーってとこが、その了見はどうよ?」って点は「さすが。口も八丁手も八丁のごとく、あることないこと言いまくって、顧客をダマしてきたかんぽ生命の営業社員だけあるわ」って感じで(皮肉)。

で、最終的にはこれどうなるんだか。万が一これ、本当にゲットできちゃったらできちゃったでたぶん会社の中でゴタゴタするんだろうね。とはいえ、明らかに「趣旨が違いすぎる」んで国およびこの事務手続きをするセクションが「はい、さうですか」でカネを支払うとも思えないんだけども。…まさに「行きがけの駄賃」「どさくさ紛れ」とはこのことですな(^_^;)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ