千葉ロッテの今季初の月間勝ち越しと、西野投手の復活は喜ばしい。

ロッテ西野、右肘痛から復帰で5カ月ぶり白星「よかった」― スポニチ Sponichi Annex 野球

シーズン序盤に何度かノックアウトされてからしばらく名前を聞いてなかったなーと思ってたら。

右肘痛から約5カ月ぶりに先発したロッテの西野が6回2失点。4月13日以来、170日ぶりの2勝目に「本当によかった。肘の状態がよくなくて苦しかったが、最後のチャンスで自分の投球ができた」と安どした。

 2回までに50球を要して2失点も、尻上がりに調子を上げた。先発に再転向したプロ9年目は悔しい一年となったが「今年はチームに迷惑を掛けたので、その分しっかりやれれば」と力強く来季を見据えた。

今季は守護神の西野が先発に転向して、その代わりに中継ぎから抑えになった益田がほとんどダメで、西野とコンビを組むようにセットアッパーで安定してた内が抑えになった、という経緯がありました。益田と内で何試合落としたことやら…ゲフンゲフン(謎)

肘の怪我とかであれば仕方ないんですけど、いやあ抑えに戻ってくれねえかなあって気持ちは正直いってありますね。先発の駒は少しずつ足り始めてきてるだけに。

スポンサーリンク

今季初の「月間勝ち越し」だったそうで…(苦笑)

ロッテ伊東監督「本当?」今季初めての月間勝ち越し – プロ野球 : 日刊スポーツ

そりゃ伊東監督からしても「本当?」って言いたくなりますわな(爆)

<楽天3-4ロッテ>◇30日◇Koboパーク宮城

 ロッテが今季初めて月間勝ち越しを果たした。

 約5カ月ぶりに先発した西野が6回5安打2失点で2勝目。打線は、3回に大嶺翔が同点2ラン。6回にはペーニャが勝ち越し犠飛を放った。ペーニャは8回にはソロを放ち、貴重な追加点を挙げた。

 これで、9月は12勝10敗で終えた。開幕から大きく沈んだが、シーズン終盤でようやく白星が先行した。伊東勤監督(55)は「西野は久々にしては、試合をつくれた。4番(ペーニャ)がきっちり仕事をした」と、投打の殊勲者をねぎらった。月間勝ち越しについては「開幕から、こういう試合が出来てればね。勝ち越したの? 本当? 残り秒読みになったけど、最後まで(相手チームを)苦しめられるようにしたい」と残り5試合に向け、気を引き締めていた。

やはり井口の引退試合の井口自身の同点弾と、大地キャプテンのサヨナラ打が大きかった…(感涙)

それと昨日の試合は、

いやあ本当にペーニャさまさまだ(感涙)。

つーか、ロッテ球団、ペーニャだけは本気で契約しにいけよ。去年のデスパイネみてーなことをやらかしたら許さんからな(呆)。

ロッテ・大嶺翔が5号2ラン「うまく反応することができた」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

ここはたまたま晩飯食べながらCSで見てまして、

この同点弾がいい「きっかけ」になりましたね。いやあホームランとスリーベースを打っちゃったんだからサイクルヒット行けるかなーと思ったんスけどね。

ある時は競輪場まで…突撃取材にも嫌な顔をしなかった伊東監督― スポニチ Sponichi Annex 野球

本当に伊東監督、競輪好きなんだな(笑)。どこだろう、(現役時代の本拠地だった)所沢に近い都内の自宅ってことは、西武園か立川か…。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ