しかしまー楽天の新監督に、まさか石井GMが就任することになるとは(^_^;)

楽天・石井一久GMが来季監督に就任 三木監督は2軍監督へ(デイリー)

昨年Aクラスに持ってった平石前監督を更迭して、今年4位で終わった三木監督をどーすんだろうと思ってたらそうきましたか(大汗)。

楽天・三木肇監督(43)が退任し、来季監督として石井一久ゼネラルマネジャー(47)が就任することが12日、分かった。三木監督は2軍監督に配置転換される。

 楽天は三木監督が就任1年目となった今季、投手陣の故障や負傷者などの影響で8月以降に失速。55勝57敗8分けの4位に終わり、CS進出を逃した。

 球団は今季のチームの戦いぶりを踏まえ、課題だった走塁への意識改革や若いコーチの成長など、三木監督の手腕を評価。来季の続投を検討する一方で、中長期的な常勝チーム構築へ、三木監督の能力を生かすための配置転換を含め、適材適所への人材配置を模索してきた。

 球団はコロナ禍での変則日程によって新体制を作りの時間が限られる状況で、これまでの方向性を維持しながら、さらに来季のチームを前に進めるための検討を続けてきた。

 その中で18年9月に現職へ就任し、編成部門でチーム作りの中心となってきた石井GMが、来季監督として現場の陣頭指揮を執る方向に固まった模様だ。

しかしなんだろうこの

「来年の解任フラグ」

にしか見えないのは(爆)

スポンサーリンク

なんか古巣のヤクルト&西武からFA選手を採りそうな予感しか(^_^;)

ま、野球ではないですが「監督兼GM」というのは千葉ロッテと共に贔屓にしているJリーグのヴァンフォーレ甲府で何度か見たことがあります。いずれもシーズン途中で成績不振で監督を更迭して、佐久間GMが監督兼任で指揮を執った…という件なんですけども。その佐久間悟氏はもともとは大宮アルディージャで監督経験もある人だったんですが、しかしGMとしては優秀なんです…が監督、特に戦術面としてはちょっとアレな人でもありましたねえ。で、監督兼GMの間に株主総会が行われて「監督兼GM兼取締役」とか「監督兼GM兼副社長」という肩書までついちゃって…いやさすがにそこまで行くと寝る暇もねえからシーズンが終わったら監督は誰か据えなさいよ、と思ったもんですけどね。実際にそうなりましたけども。

で、個人的には、ロッテの井口監督を見ていると「なんか甲府の佐久間監督を思い出すなあ」と思うことが多く、最も似てる部分である戦術的な部分を不得手としている井口監督は、実は親会社やフロントとの交渉やチームの(選手・コーチ陣・環境などの)補強の方が得意そうで、監督よりもGMの方がいいんじゃねえの?…と、鳥越ヘッドコーチでも、2軍コーチをやっている福浦コーチでもいいから井口氏は監督からGMに「昇格」して戦術家・勝負師タイプの人を監督に据えたほうがいいのに、と思うようになりましたね。10月の大不調を見ていて(^_^;)

話を楽天に戻しますと、仮に石井GMがいくら全権委任された状態で「監督兼GM」のような立場になったとしても(または石井新監督の上に形だけでも新しいGMの人がやってきたとしても)、果たして現場との齟齬のようなものは起きずにやっていけるか…は全然未知数ですね。これが星野仙一氏とか野村克也氏あたりまで経験豊富な「策士・勝負師」まで行っちゃうとわくわく感が止まらないんですけども。特に楽天のオーナーさんは「カネも出すけど、その何十倍も口も出す」お方ですから(苦笑)

とりあえず手始めに石井新監督としてやる「仕事」は、今年も何人か権利を取得したFAの選手を「古巣」の西武やヤクルトあたりから取りに行くってことなんでしょうな。まあここ数年は石井「GM」が手塩にかけて育て上げたチームですし、集大成として1シーズンをみなしてみるのも今後の経験としていいのかもしれないですね。ただしちょいと歯車が噛み合わずに連敗のトンネルに突入した際に楽天のオーナーさんやその周りの親会社の管理職の人達が堪えることができるか否か。ここが「チームを前に進めるため」に本当に重要なことなんですけど…ねえ?(^_^;)

↑あ、本当に甲府の佐久間氏みたいな(苦笑)

よく見ると元ロッテの岡田幸文氏が楽天の1軍コーチに就任していた。

楽天、“石井一久内閣”に注目人事 久保裕也が2軍投手C、元ロッテ岡田幸文も入閣(Full-Count)

で、石井新監督と同時にびっくりしたのが、引退後ロッテから栃木に出向してた岡田幸文氏を楽天が引き抜いたのか??

三木監督は2軍監督、奈良原2軍監督が1軍内野守備走塁コーチに

 楽天は12日、来季監督に石井一久GMが就任すると発表した。また、1、2軍のコーチングスタッフも併せて発表され、今季が就任1年目だった三木肇監督は2軍監督に配置転換に。1軍ヘッドコーチには育成総合コーチだった真喜志康永氏が昇格し、2軍監督だった奈良原浩氏が1軍内野守備走塁コーチを務める。

 また、この他にも注目人事が並ぶ。今季で現役を引退した渡辺直人氏が今季も選手と兼任していた1軍打撃コーチとなり、久保裕也氏は2軍投手コーチに就任。1軍外野守備走塁コーチにはルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでコーチを務めていた元ロッテの岡田幸文氏が就任する。

そうか、楽天のファームディレクターをサブロー氏が就任してたんだったな、今季。岡田氏の現役の守備および走塁をする後継者が現れたら確かに楽天、これは強くなるかもしれない。で、岡田氏はまた単身赴任になるのか…今度は仙台へ。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ