先生、そのクイズの「賞品」はただの罰ゲームですやん…(;゚Д゚)

小学校の40代男性教師 児童に「正解で、ハグ・なでなで・ベロベロチュー」担任交代も処分せず(石川テレビ)

昨今のちょいとしたクイズブーム(実際、「競技クイズ」と称して、あちこちのクイズの大会・イベントの参加者が近年倍々ゲームのごとく増加してるそうで…)とはいえ、こんな「クイズ」、厳密に言うと「こんなクイズの正解の賞品」は嫌だ(爆)

金沢市内の小学校で今年4月、男性教諭が児童に対して不適切な発言をし担任を交代していたことがわかりました。

 金沢市教育委員会によりますと今年4月、市内の小学校で6年の担任を務めていた40代の男性教諭が児童に対し、「クイズの問題に正解すれば『ハグ』『なでなで』『ベロベロチュー』などから選ばせてあげる」などと発言したということです。

 この発言を聞いた女子児童がショックを受け、その後、遅刻や早退を繰り返すようになったということです。

 男性教諭は責任を感じ、「担任を続ける自信がない」と自ら校長に担任の交代を申し出て7月11日付けで認められました。

 女子児童は通院などはしておらず、現在も登校しているということです。

 金沢市教育委員会では、今のところ男性教諭に対する処分などは考えておらず、児童への言動に配慮するよう厳重注意をしたということです。

ま、他紙の記事によると、実際は「ハグ」「なでなで」「ペロペロチュー」の他に選択肢としては「握手」もあったそうで、最終的には握手をしただけで事は済んだらしいんですけど…。

スポンサーリンク

にしても嫌な「賞品」だ(泣)

しかしまー、多感な時期の女子児童に「うっかりやっちゃったな」って感じですな。通常だったら、

「それって罰ゲームですやん?」

って周りからツッコまれてそれで終わりな話…なんでしょうけど、なまじっか担任の先生で、そういう「断る」ような事ができる雰囲気の持ち主とかではなかったから大事になっちゃったのかもしれないですね。

で、これを見て思い出した話がありまして。

うちの妹が小2ぐらいの時に、何かの学校の行事で一緒になった若い男性教諭の先生(妹とは6学年離れてたので入れ違いでしたが、この先生は私の在校時にもいました。結構「二枚目な」先生でしたな…)に、冗談で「チューしてくれない?」って言われて、実際は当然しなかったらしいんですが、後から妹に「あの先生にチューしてくれない?なんて言われちゃったー」と嬉しそうに母親に報告したら、母親がちょっと怒ってたのはよく覚えてますわ。その先生、一昨年ぐらいに近所の小学校の校長先生として定年退職したんで、無事に教諭人生を全うできて何よりでしたが…(苦笑)。

一方でこの「二枚目」な先生と共に行動することが多かった(なぜかずっと同じ学年の別のクラスの担任をしてましたので)やはりイケメン的な男性教諭がいたんですが、この人の場合は「チューしてくれない?」とかそういう冗談は言わない先生で、キャラクター的にはクラスの子供達にそこそこ人気があったらしいんですが、唯一の欠点が「すぐにキレる」ことでして、しかも「どこでキレるかわからん」と。

そしたらある時、校内放送で掃除の時間だったか昼休みだったかに、本来かける曲を間違えたと思われることがありまして、「大変失礼いたしました」と放送委員の男の子がお詫びのメッセージを言い始めた途端に、このキレる先生がたまたま放送委員会の顧問の先生で、この委員の男の子の頭を「ゴン」と殴った音が全校に鳴り響いた…という事がありました。「えー、そこまでする?」って皆、口々に言ってましたね。時代は昭和末期でまだまだ体罰等があった頃の話でしたが。

結局、この先生は職場結婚で同じ学校の女性教諭と結婚して私が卒業した年に別の小学校に異動となったんですが、その別の小学校でやはり何かでキレて何度か暴力問題を起こして懲戒免職になった…という話を聞いて「変わらねえな、あの人」と(失笑)。

なのでこの手の小学校の教諭の「不祥事(?)」を聞くと、どうしてもこの2人の先生を思い出して仕方ないっすね。それにしても「担任の自信が無くなった」って凄い話だ。まあ年度末に替わるよりか、年度の前半の方で替わる分だけまだまし…なのかな?

結論:クイズの「賞品」は「人から喜ばれるもの」を用意しましょう(←をいw)

以上です。

東大発の知識集団QuizKnockオフィシャルブック
QuizKnock
クラーケン (2018-09-12)
売り上げランキング: 4,137