市道で時速145キロもかっ飛ばして摘発されたのはなんと現職警察官…(;゚Д゚)

警官が異例失態、歯科医予約で市道を時速145キロ(日刊スポーツ)

いやあ直線が長い首都高速の湾岸線でもさすがに145km/hは出せないわ…それを千葉市内の、しかも一般市道で出すとは(大汗)

千葉県警は19日、同県警中央署地域課に勤務する20代男性巡査が千葉市の市道で、歯医者の予約に間に合わせようとして法定速度を85キロも上回る、時速約145キロで自動車を運転したとして、道交法違反(速度超過)の疑いで14日に書類送検したことを明らかにした。同巡査は、14日付で減給100分の10(1カ月)の懲戒処分となっている。

県警によると、男性巡査は1月10日午後、勤務を終えて帰宅する途中に、千葉市稲毛区の直線道路をスポーツカータイプの車で走行。法定速度の60キロを85キロ上回る時速約145キロという危険極まりない猛スピードで走行し、交通取り締まりで摘発された。巡査は容疑を認めており「歯医者の予約があり、早く寮に帰りたかった。それでスピードを出してしまった」などと供述している。

速度超過の理由が、歯医者の予約に間に合わせるためという、警察官として異例の“失態”に、捜査関係者は「これまでに、あまり聞いたことがない話」と戸惑いを隠せなかった。その上で「決して、あってはいけないこと」とした。

県警の監察官室は、今回の書類送検を受けて「誠に遺憾で、深くおわびする。署員全体に指導、教養を再徹底して、信頼回復に努める」としている。

ま、当然のことながら、一発で免停か免許取り消しの行政処分は喰らうでしょうな。ついでに違反金…どころか、裁判沙汰になって執行猶予付きの有罪判決ぐらいまで行くかもしれないし。そしたらたぶん依願退職モノになるんだろうから、それ込みで、千葉県警の減給処分は「ぱっと見、思ったよりも軽い」んだろうかな、と勝手に想像しちゃってるわけですが。

まあ地域課のおまわりさんだったら、別に車の免許がなくても自転車とかで勤務はできるんでしょうけどね。これが白バイに乗る交通課のおまわりさんだったら一発アウトだったでしょう(失笑)

スポンサーリンク

「そんなに遅れると怖い歯医者さん」だったのか(をい)

ま、スピード違反で思い出すのは、

去年の今頃に、中央道とアクアラインで時速230キロ超をかっ飛ばした馬鹿がいて「…まさに命知らずな」とツッコミを禁じ得ない次第だったんですが、昨年秋にそれを遥かに超える猛者が現れまして、関西の「第二阪奈道路」という自動車専用道路で、日産GT-Rで280キロも出した上にしかもそれを動画撮影してネットにアップしてた…という「ツワモノ」にはびっくりしましたな(苦笑)。

あと、記事自体は見つからないんでリライトした際に整理して消しちゃったらしいんですけど、首都高速の湾岸線でゼロヨンレースみたいなスピードの出し合いをしてた(しかもそれでお仲間の一人が死亡事故まで起こした)「お仲間」な輩どもってのも。

もっとも上記のこれらは、いずれも自動車専用道路な高速道路で、交通量が比較的少ない夜・深夜の時間帯を「狙って」猛スピードを出してる…という共通点があるんですが(無論、オービスにひっかかって逮捕されるのは言うまでもない話ですが)、

歯医者の診察時間内=平日午後に市道でかっとばしたん?

って意味では、ある意味で前代未聞ですわな(ちなみに1月10日というのは木曜日のド平日でもありました)。しかも市道ってことは現場の稲毛区を通る国道14号線みたいに道幅が広くてスピードが出しやすい道ではなかったろうに、よくまあアクセルを思いっきり踏み込んで時速145キロも出したね?って感じ。しかも警察官が(^_^;)

…ま、柔剣道で黒帯を持ってそうなおまわりさんを「予約時間に遅れる、やばい。」と我を忘れて(?)市道で時速145キロも出させるぐらい「恐懼」させるほど、そんだけ「予約時間に遅れると厳しくて怖い」歯医者さんだった、という事だったんかな(をい)。

やってはいけない歯科治療 (小学館新書)
岩澤 倫彦
小学館
売り上げランキング: 9,828