よりによって大砂嵐でしくじった大嶽部屋の力士が飲酒運転・当て逃げ事故か…。

大嶽部屋の幕下力士 飲酒運転で当て逃げ(日テレニュース24)

他の部屋の力士でも「こりゃ駄目だ」なのに、よりによって無免許運転で角界を追われるように引退した大砂嵐が在籍してた大嶽部屋の幕下力士がこれをやったんかい…と。事の重大さ、わかってねえだろ?としか。

福岡市で、大相撲・大嶽部屋の力士が飲酒運転で当て逃げ事故を起こしたとして15日、書類送検された。

書類送検されたのは大嶽部屋の24歳の幕下力士。警察によるとこの力士は今月9日午前3時頃、福岡市東区志賀島で酒を飲んで軽トラックを運転し、ガードレールなどに衝突したにもかかわらず、警察に届け出なかった疑い。

同じ日の午前9時40分頃、所有者などが車のへこみなどに気づき発覚し、警察が調べたところ、夜になってこの力士が飲酒運転し事故を起こしたことを認めたという。

調べに対し、「同じ部屋の力士と部屋で瓶ビール2本と日本酒をコップで4~5杯飲んだ。コンビニでお金をおろそうと思って運転した」などと容疑を認めている。

一応、補足しておきますと、現役力士の車の運転は規定で禁止されてます。ただし車の免許を持つこと自体は構わないんだそうですが(中には幕下以下で出世できずに引退する力士に、他の仕事に就く前に自動車教習所に通わせて車の免許を取らせる相撲部屋の親方もいるそうですけど)。

ただ、地方場所(3月の大阪、7月の名古屋、11月の福岡)については、従来は東京近郊での相撲部屋の生活スタイルをそのままこちらに持ってくる関係上、関取の力士が巡業等に出てる間に、相撲部屋では幕下以下の力士が「先発隊」と称して先に地方の宿舎に乗り込んで、一年使ってなかった宿舎の大掃除や、土俵づくりなどをする必要もあるそうで、その際にどこぞの倉庫にまとめて生活用品たる荷物を預けといてそれを軽トラなどに積み込んで宿舎に運ぶ…という事もやっているそうです。その規模たるや、「一年で6回(=地方場所が終わったら東京に戻るから)も相撲部屋を引っ越ししてるようだ」と思うぐらい凄まじさで。

その際、大概は地元の後援者の方々の協力を得て、重い大荷物の搬入は力士たちが、運転は力士以外の人たち(後援会やタニマチ筋の人たち)が…というのがあくまでも「ルール」なんですが、まあ中には後援会やタニマチの人たちが多くない部屋では、やはり運転する人も実は…という事もなくはないそうなんですけどね。なのでそういう部屋だとしたら、実は「こっそり力士が運転してたのが横行」していた可能性は正直言って否めませんが…。

スポンサーリンク

本場所初日を迎える数日前になんで「深酒」してんの?(;゚Д゚)

ついこないだも、

大嶽部屋に所属していた元幕内力士の大砂嵐が、引退後に再就職(?)した総合格闘家になっても、また無免許運転をやらかして契約解除される始末になった…という話を紹介しましたが、いやあ部屋単位でこれはどうよ?って感じ。

しかもこの幕下力士、見た感じ「ごっつあん」で所有者に何も言わないで車を借りて、飲酒運転状態で運転してあちこちぶつけて車もへしゃげるぐらいになってるのに、「すぐに」連絡を入れなかったんでしょう?ということは、決して部屋単位でリースで借りてる車だったわけではなく、後援会・タニマチ筋なのか、その宿舎のご近所さんの顔見知りなのか、土地を借りている大家さんなのかは知らないけど、

俺だったら不安で仕方がなくてすぐに連絡しにいくわ。

って思いますけどね。後先のことを考えればどんなに飲んでてもそこで酔いが醒めますって。「これ、どうしよう」って背中に尋常じゃない汗をかいて、深夜帯で申し訳ないけど電話等で連絡して、土下座とかするかもしれませんね。「お借りしてる車をどうもすみません!!」と。

…でも、現実は持ち主が気づいて通報して、警察が調べるまで当人は「しらばっくれてた」「だんまりを決めてた」わけで、いやあどうするつもりだったんだか。相撲部屋単位での信用問題にもなりかねないのに。これ、大嶽親方へのペナルティも凄そうだな。大砂嵐の一件と「合わせ技一本」って感じで…。

しかしもっと単純な話をすれば、本場所の初日をあと数日に控えて、幕下力士なんだから早朝からの稽古もあるハズだというのに、深酒をして午前3時すぎに「深夜のドライブ」にでかけるってのがそもそもおかしい。これが本場所が終わったあとの「息抜き」の一週間だったらまだしも(あ、それでも飲酒運転と当て逃げは駄目ですけどね)、本場所初日数日前にやっちゃいかんだろ、としか言いようがない。

結局、当人、謹慎の意味も込めて休場してるそうですが、いい加減、力士として身の振り方も考えたほうがいいんじゃねえの?ってツッコミも禁じ得ないよなあ。あ、この力士と一緒に深酒かました他の力士も含めてね。