「大口病院事件」元看護師を逮捕と。で、神奈川県警は2年も何してたの(以下略)

殺人容疑で元看護師逮捕=患者点滴に消毒液、容疑認める―横浜患者殺害・神奈川県警(時事通信)

犯行が発覚した時点から「あの殺し方は外部のやつが侵入してやる方法じゃねえよ」ってワタシも思ってたし、ネットでも散々言われてましたけどね。というか、そもそも2年近くも解決に時間がかかる「事件」なのか、これ?

横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で2016年9月、同じ病室に入院中の男性患者2人が相次いで中毒死した事件で、神奈川県警は7日、うち1人の点滴に消毒液を混入し殺害した疑いが強まったとして、同病院の看護師だった久保木愛弓容疑者(31)を逮捕した。

 県警によると、同容疑者は「間違いない。申し訳ないことをしてしまった」と容疑を認めているという。

 県警は、もう1人の男性の死亡にも久保木容疑者が関与した疑いがあるとみて、裏付け捜査を進める。

 逮捕容疑は16年9月18日午後3時~4時55分ごろ、当時勤務していた同病院の4階に入院していた西川惣蔵さん=当時(88)=の点滴に異物を混入し、殺害した疑い。

 県警によると、久保木容疑者は同日、夜勤に当たっていた。夜勤は通常、午後5時から翌朝8時半までだが、引き継ぎを受けるため午後3時ごろ出勤。約2時間後に西川さんが死亡するまでの間に、点滴に消毒液を混入させたとみられる。

 事件は、西川さんの死亡から2日後の同20日、同じ病室に入院していた八巻信雄さん=同=が死亡して発覚した。八巻さんの死亡時、点滴が泡立ったことを不審に思った病院関係者が警察へ通報。司法解剖などの結果、点滴や八巻さんの体内から消毒液に含まれる界面活性剤の成分が検出され、中毒死と判明した。

 捜査関係者によると、西川さんは病死とされていたが、司法解剖の結果、体内から同成分の界面活性剤が検出され、県警は連続殺人事件として捜査。混入された点滴のゴム栓から注射針の跡が見つかったことなどから、医療関係者の関与を視野に調べていた。

で、呑気にも大口病院の偉い人は「名前を変えればイメージも払拭できるしね♪」と改名までしてた…んでしたっけ?

大口病院「事件も未解決だけど、名前だけはリニューアルします♪」と(汗)(2017/11/17付)

どうも大口病院事件の過去の記事はこれ以外を、数度の移転(SSL化にしくじってデータ消去→はてなに暫定移転→今度はSSL化に成功して再びWordPressに移転)した際に割愛しちゃったようですね。

スポンサーリンク

「深夜の馬鹿力」の”3点ゲーム”じゃないんだから(爆)

以前、TBSラジオの深夜番組「伊集院光の深夜の馬鹿力」のコーナーで、ファミ通のクロスレビューをパロディにした「3点ゲーム」というコーナーが有りました。まあ簡単に言えば「10点満点中3点しかつかないようなクソゲーをでっちあげて、おもしろおかしく酷評する」という趣旨だったんですが、この中に、探偵ゲームもので

結局、ナイフを持って返り血を浴びた第一発見者が犯人だったとは。

みたいなレビューがあって、伊集院氏も大爆笑、ラジオを聞いてた私も大爆笑ってネタが有りました。

で、一応どこかにデータ残ってねえかなあと検索したら、なんとありました(笑)。

「パローン警部が帰ってきた!」というが、どなた?
ストーリーも、最初に血まみれのナイフを持っていた男が犯人とは。
裏の裏をかいたつもりらしいが、しつこく尾行してまで殴り続けた容疑者たちは何だったの?

ゲームと関係なくブルり続ける2コントローラーも最悪。

ゲラゲラゲラ(爆笑)。誰だよ、パローン警部って(失笑)

ま、実際はフレーズがもっと簡潔だったんですが、イメージとしては記憶に残るんですねー、こういうクソゲー。…で、怖いのは、これが本当に現実社会の事件でも同じようなことが起きて、

これを解決するのに2年弱の時間をかける神奈川県警

という間抜けさっぷりがなんともはや…。こんなん司法解剖して状況証拠固めて、関係者の事情聴取すれば「あいつが怪しい」って奴を締め上げりゃ早くて3日、遅くても司法解剖の精密検査待ちでも2ヶ月って案件でしょうよ。どうしちゃったのかなー、神奈川県警の捜査一課には毛利小五郎ばりの珍推理をする誰も逆らえないようなキャリア警視でもいるんじゃねえの?または鑑識や科学捜査とか一切否定する平塚八兵衛みたいな昭和のアホ刑事しかいなかったんじゃねえの?とかね。

いやあ神奈川県警の言い分が聞きたいね。これはいくらなんでも遅すぎる。地元の小学生でも当てそうな事件じゃんこれ…。