大口病院「事件も未解決だけど、名前だけはリニューアルします♪」と(汗)

「横浜はじめ病院」 大口病院が名称変更へ (tvkニュース(テレビ神奈川)) – Yahoo!ニュース

マンションやアパートだったら「事故物件」ってんで賃料安くすれば入ってくれるお客さんはいると思うけど…病院は無理だろう。こんな「金田一少年の事件簿」みたいな連続殺人があったとこは(呆)

去年9月、入院患者2人が相次いで中毒死した横浜市神奈川区の大口病院が、来月1日から「横浜はじめ病院」と名称を変更することが分かりました。

病院などによりますと、「横浜はじめ病院」という新たな名称は職員への公募などから決定し、来月1日より使用されるということです。大口病院では去年9月、入院していた当時88歳の男性患者2人が相次いで中毒死し、2人の体内からは消毒液などに使われる界面活性剤の成分が検出されました。

県警は何者かが点滴に薬剤を混入した連続殺人事件として捜査を進めていますが、当時病院内に防犯カメラはなく、物的な証拠や目撃証言に乏しいことなどから捜査は難航しています。

今回の名称変更は事件のイメージを払拭することが狙いとみられ、現在受け入れを取りやめている入院診療再開のため、病棟の一部改装もおこなったということです。

しかし、入院診療再開のために必要な看護師確保の目処が立っておらず、再開時期は未定だということです。

そりゃ近所のおじいちゃんおばあちゃんみたいな「徒歩圏内で行くには他の代替病院がない」「ここの病院が一番都合がよい」って人は仕方ないかもしれないけどさ、「名前だけリニューアル」して何になるんだろうな。

スポンサーリンク

事件も未解決なのに(大汗)

たぶん建物も「現場」をちょいちょいとリフォームして、どこぞの神社から神主さんが来てお祓いをして、防犯カメラもちょいちょいと設置して…で、それで「心機一転、病院名を替えましょう」って話になったんだと思うんですけど、

事件が全然未解決なのに

それでご近所の人が「あー、病院の名前も替わってよかったよかった。これで一件落着だね♪」って納得する…と本気で思ってるんだったら病院の経営者は心底「おめでたい」連中だと思うわ、これ。

たぶん探せばいろいろと粗は出てくると思うよ。防犯カメラがハリボテでしたとか、死角ありまくりとか。何より看護師さんが集まらないじゃないですか。そりゃそうでしょう。殺人事件が起きた現場なんか給料を10倍ぐらい積まれないと働く気も起きねえわ。しかも何かあったらいの一番に疑われるのは看護師さんなんでしょう?(苦笑)

で、この事件、よほどの決定的証拠が見つからない限り、たぶん事件の命日のたびに、「10年後、警察発表で新事実が…」みたいな「それ今更ニュースで流れるの?」的な話しか出てこなくなるんでしょうね。しかも捜査してるのが、ただですら上層部から末端までが既に「アレ」な神奈川県警だし(以下略)。

逆に言えば「そういうおめでたい経営者だからこういう事件が起きるんじゃねえの?」としか。とりあえず後で「大島てる」で調べてみやう(←やめなさい)

運命が変わる“プチ改名”: アドレス、SNSネーム、呼び名をラッキー画数に

運命が変わる“プチ改名”: アドレス、SNSネーム、呼び名をラッキー画数に

↑病院名の「改名」よりも先に事件の「解明」をしろよ(泣)