【千葉ロッテ】【VF甲府】「恩返し」…したりされたり(爆)

昨日の千葉ロッテ戦と、一昨日の甲府戦の話題を1つずつ。

「活躍して感謝伝えたい」―ロッテ岡&レアード、元ハム戦士が有原攻略の一発(Full-Count)

昨日は奇しくも去年まで日ハムに在籍していた岡選手とレアード様の「古巣への恩返し弾」が炸裂した一戦でした(笑)

岡は5回に同点弾&レアードは6回にダメ押し弾「他の球団に比べて特別な思いがある」

■ロッテ 5-3 日本ハム(6日・ZOZOマリン)

 今季、ロッテが2度の苦杯を舐めさせられた日本ハム有原。その右腕を打ち込んだのは、2人の元ファイターズ戦士だった。

 ロッテは6日、今季2戦2敗(対戦防御率1.38)だった日本ハム・有原を相手に、初回先制点を奪うものの3回に逆転を許す苦しい展開。そこから再逆転の突破口を開いたのが、この日3試合ぶりにスタメン起用された7番・岡。昨年シーズン途中で日本ハムから移籍してきた男が、5回裏の攻撃に「塁に出て次へ繋ごうという一心で」先頭打者として打席に立った。

「(日本ハム戦は)他の球団に比べて特別な思いがあります」という岡。昨年途中までともに戦ってきた1年後輩の有原が1ボール1ストライクから投じた低めのカーブを見事にとらえると、打球は低い弾道でそのまま左翼席に飛び込む同点弾となった。「うまく体が止まってくれた。僕自身もどうやって打ったかわからないくらい」と岡。価値ある今季1号は「スタンドに届いてほしい!」と念じながらの一撃だった。

 この一発が呼び水となったのか、その後、有原の2つの暴投でさらに2点を挙げてロッテが勝ち越すと、トドメを刺したのはその有原と同じ2015年に日本ハムに入団し、今年からロッテに加入したレアードだった。

「必ず真っ直ぐを投げてくる。その真っ直ぐに負けないようにしっかり仕留めよう」と打席に入った6回。1ストライクからベルト付近の高さに投じられた外角145キロの直球をしっかり捉え、中堅バックスクリーン右へ11号ソロ。チームに大きな追加点をもたらした。

なかなかレアード様がホームランを打った試合で勝てなかったんで、

をを、「今度はエビの握りですか」と(爆)

しかし岡のホームラン、あれだけ低い角度でもレフトスタンドまで届く…ってのはここ数年、千葉ロッテの選手ではほとんどいなかったよなー。たまに荻野貴司がバットを短く持って振ってみたらスタンドインしちゃいましたという「ヒットの延長がホームラン」というバッティングをしてたぐらいで。しかもホームランラグーンの恩恵を全く受けてないし(笑)

一方、ほぼ完璧なホームランだったレアード様が、釣って捌いて握って三木亮が食らう、と(笑)。

スポンサーリンク

種市、GJ!(笑)

ロッテ種市が堂々2勝目、お立ち台では初々しく照れ(日刊スポーツ)

エース涌井と五右衛門、ボルシンガー様…の間に割って入れるような本格的右腕を目指してほしい。願わくば有吉とか岩下とかとうまく競り合って。

<ロッテ5-3日本ハム>◇6日◇ZOZOマリン

ロッテ種市が2勝目を挙げた。6回に2四球を与えて交代したが、1回1死一、二塁のピンチで日本ハム中田を併殺に仕留めるなど2失点で踏ん張った。

「相手が有原さんだったので、最少失点でと思った。何とか粘れた」とつかんだ本拠地初勝利。不慣れなヒーローインタビューに言葉を詰まらせ「うん」「はい」と照れ笑いする初々しさでファンに祝福された。

ちゃんと20代前半の若手が台頭してるのがいいですね。

この初々しさが何年かしたら、「あの種市も若かったんだな」と思えるようなロッテのエースを目指してほしいっす。

2軍戦では安田尚憲がゴジラ松井氏のようなホームランを…。

ロッテ安田、2軍で完璧サヨナラ本塁打 打った瞬間に“確信”の豪快弾(Full-Count)

と思ったら、2軍戦も日ハム戦で、こちらでは安田尚憲が物凄い一打を(^_^;)

同点の9回に圧巻の一発、1軍昇格へアピール

 ロッテの安田尚憲内野手が6日、イースタン・リーグの日本ハム戦で圧巻のサヨナラ本塁打を放った。昨年のドラ1が1軍昇格へアピールを続けている。

 安田は5-5の同点で迎えた9回2死一塁の場面で打席へ。フルカウントから日本ハム右腕・井口の内角への直球を完璧に捉えた。打った瞬間にそれと分かる豪快なサヨナラ弾。ゆっくりとダイヤモンドを回り始めた。

 本塁に戻ると、チームメートから祝福を受けた安田。サヨナラ本塁打は今季2本目。ロッテは0-5からの逆転勝利を収めた。

 この試合の前まで33試合出場で打率.293、4本塁打、22打点。今季はまだ1軍昇格がないが、イースタン・リーグでしっかり結果を残し続けたいところだ。

で、動画がパ・リーグTVに出ていたんですが、

いやあ松井秀喜氏の再来のようなすさまじいバッティング。5月2日は、

やはり2軍戦で藤原恭大が凄まじいホームランを打ってましたし…もっと鍛え上げて満を持して1軍に上がってきてほしい。平沢大河を含めた3人がこれだけのバッティングができるようになれば、5年後の千葉ロッテは本当に楽しみですわ(笑)。

甲府も「恩返し」されてました(爆)

19位千葉が敵地で4位甲府を撃破!!船山FK弾&エベルトのボレーで逃げ切る(ゲキサカ)

19位…とは言うものの、千葉がこの順位にいるのが「おかしい」だけで、ここはいつでも昇格争いに絡んでくる強豪だと思ってますよ?(苦笑)

[5.5 J2第12節 甲府1-2千葉 中銀スタ]

 J2第12節が5日に行われ、19位ジェフユナイテッド千葉は敵地で4位ヴァンフォーレ甲府を2-1で下した。後半17分にFW船山貴之、同25分にDFエベルトが得点をマーク。同45分に甲府のFW佐藤洸一にゴールを奪われたものの、1点のリードを守り抜き、5試合ぶりに勝ち点3を積み上げた。

 互いに3-4-2-1の布陣を敷いてミラーゲームとなった一戦。膠着状態から徐々に甲府がペースを握る。前半30分、左サイドのMF内田健太が外側に開いたFW曽根田穣に預けて中央へ。曽根田が右足で送ったクロスは内田に合わなかったが、跳ね上がったボールの落下地点にFW横谷繁が入り、右足でシュート。しかし、相手に当たってクロスバーを越えた。

 前半36分には千葉の左サイドのFKから船山が右足でシュート性のクロスを蹴り込むが、ゴール右隅に飛んだボールはGK河田晃兵に弾き出される。甲府も同38分、左サイドからのクロスがDFにクリアされ、セカンドボールを拾ったMF田中佑昌がシュートチャンスを迎えるも、GK佐藤優也がビッグセーブ。両守護神が試合を引き締め、前半はスコアレスで終了した。

 ハーフタイムが明けて先に決定機を創出したのは甲府。後半11分、内田からのロングパスを収めたFWピーター・ウタカがエベルトに対し、並走する曽根田と2対1の状況を作る。右に持ち出しながらPA内に進入し、フェイントでエベルトとGK佐藤のバランスを崩した上で右足のループシュートでゴールを狙うも、クロスバーの上に外れた。

 ピンチをしのいだ千葉は後半17分に先制。PA手前左のFKからキッカーの船山が右足でシュートを放つと、壁を越えて落ちたボールがワンバウンドし、左ポストに当たってネットを揺らす。船山は9試合ぶりのゴールで今季2得点とした。

 続けて後半25分、左サイドのFKから船山がクロス。跳ね返されたボールをMF為田大貴がゴール前に放り込み、DF新井一耀がヘッドで落としたボールに途中出場のDF増嶋竜也が反応する。合わせることはできないが、こぼれ球に詰めたエベルトが左足のボレー。相手に当たってゴール右に決まり、リードを2点に広げる。エベルトは今季初得点となった。

 その後、ウタカを中心に多くのチャンスを生み出した甲府は、途中出場のFWドゥドゥ、佐藤、MF橋爪勇樹も加勢して前への圧力を強める。後半45分にゴール前のこぼれ球を佐藤が右足で蹴り込んで1点を返したが、1-2でタイムアップ。3試合ぶりの黒星で今季2敗目を喫した。

で、この試合、去年まで甲府でプレーしていた堀米勇輝が今年から千葉に移籍してプレーしていたんですね。

【VF甲府】堀米勇輝が背番号7を継承し、兵働昭弘が清水に復帰するらしい。(2017/12/30付)

この堀米は甲府出身の甲府のユース出身の選手で、まさに「甲府の至宝」とまで呼ばれた若手選手でして、2017年末に引退した「ミスター・ヴァンフォーレ」石原克哉の背番号7を引き継いで…と思ったら、なかなか甲府で躍動できず、スタメンからも外れることが多くなった堀米が千葉に移籍して「マジか?」と甲府サポがびっくりした…という事がありまして、その「凱旋」の試合が今日だったわけですね。

で、試合後、甲府のゴール裏まで来てくれたそうで、

いやあ、人によっては「裏切り者」と罵倒すらされかねないとこを来づらいとこをわざわざ来てくれたその心意気や良し、って感じですねえ(そして拍手で迎え入れて一緒に涙ぐんでた甲府サポも多かったそうです)。そして堀米にはゴールは決められなかったものの、きっちり「古巣に恩返し」されちゃったし(苦笑)

この「GIANT KILLING」のシーンを思い出しちゃいましたわ。奇しくも「ETU対甲府戦」でしたが(笑)

ま、堀米だってまたいつか甲府でプレーするかもしれませんしね。そうなる事を楽しみに技術を高めてこい、と言いたいですな。で、今年から背番号7を引き継いだ高卒ルーキー・中山陸選手にも頑張っていただいて…。

奇しくもその翌日は石原克哉氏の引退試合でした。

【甲府】バンディエラ石原引退試合に小倉や鈴木啓ら…盛田はラーメン店出店“二刀流”参加(スポーツ報知)

そしてその千葉戦の翌日は奇しくもその「背番号7」をつけてた石原克哉氏の引退試合でした。

J2甲府の「バンディエラ」MF石原克哉氏(40)の引退試合が6日、山梨中銀スタジアムで行われ、ヴァンフォーレ甲府レジェンズ(レジェンズ)が、8-5で石原克哉とゆかいな仲間たち(仲間たち)に勝った。17年シーズン限りで現役を引退し、クラブのアンバサダーを務める石原氏は前半は「仲間たち」、後半は「レジェンズ」でプレーし、「仲間たち」で先制点を、「レジェンズ」ではPKなどで2点を挙げ、ハットトリックを達成した。

 石原氏は韮崎高、順大を経て2001年、甲府に加入。引退まで同クラブ一筋でプレーした「バンディエラ(イタリア語で旗頭の意味)」。引退試合では最終所属クラブと、それまでに所属したクラブ選手によるチーム分けが一般的だが、甲府一筋でプレーしてきたため、甲府所属経験者だけでなく、親交ある元浦和のバンディエラ鈴木啓太氏(37)らも姿を見せた。小倉隆史氏(45、FC伊勢志摩理事長)は乱闘を演出するなど盛り上げ、盛田剛平氏(42)はプレーのみならず、この日限定のラーメン店を出店するなどしてかつての盟友のために一役買った。

 試合には約3500人の観衆が詰めかけた。「天気がよかったし仲間がたくさん集まってくれた。まだできるという気持ちがあったんですけど、(引退から)1年半たつとできませんでしたね」と90分フル出場した石原氏は苦笑い。「日本代表になったこともないし、17年間ずっといただけの選手だと思っている。アカデミー(下部組織出身)の選手が今は(トップチームに)少ないのでスタメンに5~6人入るようにしたい」と今後は育成に深く携わり、令和の甲府を支える人材育成へ決意を新たにしていた。

で、新旧の甲府のメンバーの他に、個人的には「引退する前に甲府で1年はプレーが見たかった」浦和の鈴木啓太氏もプレーしてくれてましたね。まあ不整脈とか抱えてたから厳しかったんでしょうし、浦和一筋で引退できたというのもなんとも彼らしいなあ、と。

で、千葉ロッテに話を戻すと、先日某所でこんなやりとりがあったんですね、私。

千葉ロッテの福浦和也と、ヴァンフォーレ甲府の石原克哉の「物凄い共通点」とは。(2016/12/18)

以前こんな記事も書いたことがあるんですけど、「地元出身の、新人で入団以来そこのチームに一筋」という共通点があるんですね。千葉ロッテの福浦和也と甲府の石原克哉は(そしていろいろなポジションを経験してコンバートされてる共通点もありますし)。そして福浦は今年で引退を発表してますので、おそらく今年の秋に「引退試合」が行われると思うんですけど…たぶん一昨年の井口資仁の引退試合と同じぐらい盛り上がるんだろうなあ。

しかし基本的にはトレードとFA、自由契約以外ではあまり移籍が激しくないプロ野球で26年目の福浦和也と、毎年下手すると半年・3ヶ月ぐらいで移籍もありうるJリーグで、しかも経営がそれほど楽ではなくひっきりなしに選手が出入りしている甲府で17年も頑張った石原克哉、私としては「甲乙つけがたい」って感じですわ。長い間、お疲れ様でした。

で、できれば何年か後に、どこかのスポーツ雑誌とかで「弱いチームで長年、心がけてた秘訣は?」みたいなので福浦和也・石原克哉両氏の対談を見てみたいっす(笑)。

以上です。

 

小ネタの恩返し。ビートルズさんに挨拶を編 (ほぼ日文庫)
ほぼ日刊イトイ新聞
東京糸井重里事務所 (2016-08-26)
売り上げランキング: 162,967

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ