尼崎の交番で夜勤中に「リアルお巡りさんプレイ」か…うらやまけしからん(をい)

夜の交番、勤務の警官同士で性行為 尼崎東署の2人処分(朝日新聞)

んな今どき、某F×NZA動画でも某ソフト・×ン・デマンドでも、正直恥ずかしくて企画モノとしてはなかなかやらないような、おバカかつベタなネタを、恥ずかしげもなく「リアル」にやっちゃうなんて(意味不明)。

兵庫県警尼崎東署の男女2人の警察官が昨年12月~今年2月、夜間勤務中に交番で性行為をしていたとして、同県警が2人を19日付で処分したことが関係者への取材でわかった。ほかの警察官が上司に相談して判明。2人は事実関係を認めているという。

 県警関係者によると、2人は30代の男性巡査部長と、20代の女性巡査。夜間勤務中、他の署員がいない管内の交番休憩室で複数回、性行為をしたという。県警の業務への支障はなかったとされる。

 既婚の男性巡査部長が、部下で独身の女性巡査を誘っていたといい、県警は信用失墜行為として、19日付で男性巡査部長を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分に、女性巡査を本部長訓戒にした。

しかしすげーなー、「こち亀」の黎明期の話であった”正月勤務中に4人でギネス記録を作るべく三日三晩ほど耐久麻雀やってた”話とほとんどおんなじノリで、あっさりと「県警の業務への支障はなかった」って言い切っちゃってんだもん、兵庫県警(爆)

スポンサーリンク

で、どうやって「他の警察官」バレたん?(^_^;)

ところで最も気になるのは、「ほかの警察官が上司に相談して判明」の部分。この「ほかの警察官」がこの事を知ったシチュエーションってどんなんだったんだか。

まあ個人的には、単純に考えて「これ」かなーと推測するのはいくつかありまして。

ケース1:実は同じ上司と事に及んだことがある別の女性巡査だった。

ケース2:実はこいつらと一緒に夜勤していた同僚警察官で、所用で交番の席を外して戻ってきたら事に及んでいた。

ケース3:30代の男性巡査部長が同僚に自慢めいた事を話していて、つまりは「自爆」した。

てなとこですかねー。一番たちが悪いのは「ケース1」で、一番ありそーなのが「ケース3」なんすけどね。ケース3なんかは、巡査部長が単純に無神経な女狂いだったらキャバクラとかでオネーチャンに自慢しそうなシチュエーションですもの。でも一番「悲しい」のは言うまでもなく「ケース2」ですけどね。仮眠・休憩しようとしたら、休憩室がリアルにイカくさいってのは仕事として一番「やってらんねー」って思いますもの(爆)。

ま、こんなん全国ニュースで流されて、満座で恥かかされるような事をやってもクビにならねえで減俸10パーってのは「ちょろい」職場だな、兵庫県警。せいぜい管轄の警察署とか「現場」の交番に「あそこが仕事してもエロプレイしても首にならないヌルい警察ですよ」と失笑されるのがオチだと思うけどね、あーあ。

警察官をクビになった話

警察官をクビになった話

posted with amazlet at 20.03.19
ハルオサン
河出書房新社
売り上げランキング: 2,031

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ