「王族の末裔」を騙ってる割にはリターンとキャバクラ遊びが実にしょぼい(爆)

王族の末裔かたり「建国費」詐取 会社役員の被告、福井地裁で28日判決(毎日新聞)

昔っから「M資金」だの「山下将軍の財宝」だの高松宮殿下の落胤を自称した「有栖川宮詐欺」だの…といろいろとその手の詐欺事件はありましたが、しかし21世紀、元号も替わってもこんなん仕掛ける詐欺師っているんだな…。

「私は王族の末裔(まつえい)。海外にある資産を回収して王国を建国するために支援してくれれば、1・5倍にして返す」――。そんなうたい文句で多額の金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた住居不定、会社役員、王見禎宏被告(67)の判決が28日、福井地裁で言い渡される。

6月1日に福井地裁で開かれた王見被告の論告求刑公判。4月に懲役5年の判決を受け控訴した東京都文京区、会社役員、五百旗頭(いおきべ)正男被告(71)と共謀し、2013年に東京都と福井県の2人から計6150万円をだまし取ったとされる王見被告に検察側は懲役5年を求刑した。しかし、王見被告は最終意見陳述で資産が存在すると信じて疑わない様子だった。「逮捕されたからといって事業が終わるわけではない。生きている限りやりとげなければならないという責務がある」などとよどみなく話した。

で、記事が思ったよりも長いんで冒頭とその他に分けさせていただきますが…しかし「王見」だの「五百旗頭」だのと被告人の苗字がまず物々しいのが何とも凄いw

スポンサーリンク

「王族の末裔」が気軽にキャバクラなんか行くなや(^_^;)

で、記事の本文に戻りますと、

 五百旗頭被告の判決や起訴状によると、王見被告らが描く事業とはこうだ。

 明治天皇の父である孝明天皇がバチカン市国に数十兆円という膨大な資産を隠しており、その引受人が王族の末裔の王見被告である。その資産を引き出すため、英国南東部の都市ブライトンに王見被告が元首となる信託統治領「ブライトン王国」をつくり、バチカン市国に眠る資産を運用する金融機関を設立する。そのための経費として支援金を募る――。

 孝明天皇やブライトン、バチカン市国といった実在の人物や地名以外は王見被告らが作り出した架空の話だ。

 王見被告は1953年、広島県に生まれた。王見姓は孝明天皇から授けられた王族の末裔を示すものだと父親から聞き、家系が特別なものだと思いこむようになったという。皇学館大学(三重県伊勢市)では古代や中世の歴史を学んだ。90年に上京。96年に海外の投資話を通じて五百旗頭被告と知り合う。

 五百旗頭被告の判決によると、当時から王見被告は自分が王族の末裔だと周囲に吹聴していたといい、五百旗頭被告が王見被告の出自に対する自負を利用し、犯行を計画したとみられる。

 2000年以降、王見被告の財産や「ブライトン王国」に関する情報が王見被告の元に届くようになった。00年ごろ、2人の共通の知人から英国の会計省に王見被告の財産200億円があると聞かされ、英語が得意な五百旗頭被告と渡英したがそのような財産は確認できなかった。

 02年には王見被告のために五百旗頭被告が米ニューヨークに留学する必要があるという書面が「チャールズ伯爵」らから届いた。王見被告は数百万円を五百旗頭被告に渡したが、五百旗頭被告は渡米することはなかった。

 その後も、02年に「(王見被告が)欧州連合銀行の理事に欧州王族連合と英国王族代表として推薦された」という文書が「欧州連合認証部門代表キャビン・ジョージ」から届き、06年には「欧州王室連合」の「デヴィッド・ヴァン・ダイク」から「英国のブライトンに王見被告を元首とする信託統治領をつくり、資産を運用する金融機関を設立するための経費が必要だ」という書簡が届いた。これらは五百旗頭被告が作成したものだったが、王見被告は自身の出生が特別なものだと確信を持つようになった。

 これ以降、王見被告らは支援者から現金を集めるようになった。時にはセミナーを開き「王見は王族の末裔で外国にある多額の資産を引き出せればブライトン王国の王になれる。そのための費用が必要で、支援してもらった経費は5割増しにして還元する」と言葉巧みに金を集めた。電話や面談で「5割増しの還元は今だけ」「1・5倍になるのだから借金してでも支援したほうがいい」「バチカン市国からの資産引き出しは順調だ。まだ支援金を集めている」――などと何度も金を振り込ませたという。

 検察側の指摘によると、被害届が出されていないものも含めると、2人は30億円以上を集めたとみられる。五百旗頭被告は09~18年の間に、少なくとも約12億円を王見被告から受け取り、少なくとも2億円を生活費や知人女性への仕送りなどに使った。五百旗頭被告は生活する高級マンションや車などについて「欧州王室連合からあてがわれている」と王見被告に対して説明していたが、事業が実現する気配がないまま、王見被告も支援金の一部を私的に流用し、12年からの3年間だけでも約4500万円を生活費やキャバクラなどの遊興費に使った。19年2月、2人は詐欺容疑で福井県警に逮捕された。

 6月1日の王見被告の論告で、検察側は「当初は五百旗頭被告にだまされていたとしても、私的に利用していたのだから王見被告も詐欺行為だと認識していた」と指摘した。弁護側は「検察側は事実の存在を確認したとは言えず、臆測論だ」と反論。共謀も成立せず、無罪を主張した。

 王見被告は最終意見陳述で王族の末裔だとする生い立ちを述べた後、「新しい財源として世界に組み込むその寸前で逮捕された。元本となる金や銀がバチカン市国に保存されている。その元本があるから日本は債券を発行できている」と持論を展開。「多くの方々の金で生活させてもらったのは事実」と認める一方で「大変な時間がかかったことをおわび申し上げる。やりとげることで世界に貢献させていただく」と語った。判決は28日午後1時半に言い渡される。

いやー最後まで読むと結構大変なんですが、何がびっくりって、

ストーリー構成が「緻密」で意外におもしろい

ってとこなんすよねえ。でも詐欺として巻き上げたカネは生活費や「キャバクラなどの遊興費」ってのがそこが庶民的なのがちょっとアレなんすけど。これが(いや、巻き上げたカネで遊ぶこと自体がアウトとはいえ)、もっと銀座の超高級の会員制スナックとか、京都でお座敷遊びとかの「バブル期顔負けな高級な大人な遊び方」とかしてたり、欧州方面の株式投資とかハイリスクハイリターンの投資とかに費やしてたら…と。てか、孝明天皇の末裔とか「ブライトン王国」の国家元首予定者とかを自称するぐらい「高貴な」人物だったら率先してキャバクラなんか行くなよと(以下略)。

※たぶんキャバクラとかでは「王様の末裔」とか吹聴してカネ遣いも荒かったんだろうな。おねいちゃんたちからは「閣下」とか「殿下」とか言われてた可能性は極めて高そうだw

それとこの手の詐欺事件の中でも、今回は「それはないわー」と思ったのが、「1・5倍にして返す」ってとこなんすね。

いやー1.5倍って随分としょぼいリターンだな、と(爆)

まあいずれにしても詐欺事件なんでこれが15倍にしても150倍にしても騙されちゃいけない案件なんすけどね。なんつーか、ここらへんの低金利的なリターンの低さが逆に「現実味あり」という事で騙された人が出た要因だとしたらそれも悲しいけどな…。

さあて、福井地裁、どういう判決を出す?

で、被告側。無罪を主張しているし共同謀議もないと弁護士も含めて言ってるようですが…果たして福井地裁はどういう判決を出すんだか。まあ世間知らずの裁判官が下級審には少なくないから「この人たちのおっしゃってる事は全て事実と認定します」と敬語つきで無罪判決を出しちゃったりしてね。うーん、そしたら大阪高裁とか最高裁、とりあえず頑張れ(苦笑)

↑そんなタイムリーなTシャツもあったんか(爆笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ