凄いなー、ラジオの生放送中に「やめさせてくれ」って直訴か…(大汗)

生放送中にラジオ降板直訴の小倉優香、来週以降の出演白紙に MBS「事務所と協議する」(デイリースポーツ)

しかし似たような名前の芸能人2人分(←誰と誰とはあえて申しますまい(苦笑))な芸能人さんで、しかも「来たくなきゃいいよ。でも明日から仕事ないよ」的な芸能界稼業にしては…本当に珍しい。

MBSは30日、29日放送の同局ラジオ「アッパレやってまーす!水曜日」(水曜、後10・00)内で「やめさせてください」と降板を直訴したモデルの小倉優香(21)について、来週以降の出演が白紙となったことを明かした。同局側も寝耳に水の発言だったようで、「来週以降は白紙で、(小倉の)事務所と協議する。来週の放送の形もギリギリまで決まらない可能性がある」とした。

 29日の番組終了間際、ケンドーコバヤシ(48)が「お知らせの方はいかがですか?」と共演陣に“告知”があればと振ると、小倉が「ちょっと時間あるかな?あと1分?手短に話しますね」と名乗りを上げた。そして、「朝早く起きて、夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなったのでやめたいと事務所に言ったんですけど、3~4カ月、話してくれないのでここで言います。やめさせてください」と突然、訴えた。

 予想外の衝撃発言に、共演するAKB48の柏木由紀(29)やアンガールズが「えっ!?」と驚き、ケンコバも「ものすごいこと言うね…」と困惑した。山根が「卒業したいってこと?」と真意を問うと、小倉は「卒業したいんです。はい」とはっきり返答した。

 ケンコバは「それは申し訳ないけど、事務所の方で…。我々には何の権限もないので」と苦笑い。放送終了後も、リスナーらから戸惑いの声が上がっていた。小倉のツイッターは30日午後5時現在、更新されていない。

これもまた珍しい…。

スポンサーリンク

まさに「直訴」ですな(謎)

まあ見た感じ「メインパーソナリティ」ではないのが唯一の救いかな、と。

これが例えばFM局の番組のDJみたいにひとりで喋って、ストップウオッチ片手に時間調整をして…みたいな立場の人じゃないのが番組スタッフ的には唯一のラッキーかもしれないね。だって「そこの空いた枠」に別のタレントを起用すればいいわけですから。たぶん「じゃあ私が!」みたいな売れてない、売れたい芸能人はかなりの数いるハズですしね。

ま、この手の芸能人だと、特に喋りが好きなわけではなく、さりとて自分から望んだ仕事ではないのが飛び込んできてそれを受け身でやらねばならない…というバイト感覚なタレントさんだと「そんな事は喉元まで何度も出かかったわ」って経験はあると思うんですけど…それを生放送で言っちゃうとは。このタレントさんが強心臓なのか世間知らずなのかは知らんが…。

で、これで面子を潰されたのが所属事務所。どうも「エイジアプロモーション」というとこらしいんですが、一応調べたら、このタレントさんと同じぐらいの若くてきれいなモデル兼タレントさんがたくさんいるとこなんで、放送局のMBSが「出禁」にしなければ代わりのタレントさんをすぐそこに充てられるんじゃないんすかね。

しかし事務所も「推してる」から仕事を与えてるんだろうけど…そういうのはしっかり話し合いなさいや(苦笑)。たぶんこのタレントさんの性格は知り尽くしている筈だろうから、「青天の霹靂」とか「自爆テロ」的な言い訳は通用しないと思うけどね。酷使しすぎたのか、本人の性格が奔放なのかは知らんけど。

 

↑すげえ。裸エプロンじゃん(←そこはどうでもいいw)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ