個人的には落合博満氏が「阪神で」監督をやるのを見てみたい、かも(笑)

ラミレス監督は今季限りか DeNA新監督候補に落合博満氏も浮上(東スポ)

…とまあ、「世界の」東スポさんがこんな記事を載せてました。この記事の真偽はともかく(だって世界の東スポさんですもの…)、個人的には横浜よりも「ぬるま湯甚だしい」阪神の監督をやってくれねえかなあ、と思ったりと(苦笑)

DeNAのアレックス・ラミレス監督(45)の周辺が騒がしくなっている。チームの指揮を執って5年目となるが、今季は“奇策”ともいわれる采配をめぐって球団内外から批判が殺到。球団周辺で後任監督候補の名前が早くも取りざたされている。今季限りとなれば三浦大輔二軍監督(46)の就任が順当な流れとなるが、後任候補に元中日監督・落合博満氏(66)の名前も浮上。“オレベイ誕生”が一部から熱望されているという。

 これまでの足跡を見れば、ラミレス監督には評価されるべき点も数多くある。2016年の就任初年度にチームを3位に押し上げ、球団としてCS初出場。翌17年は3位からのCS突破を成し遂げ、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たした。就任4季でAクラス入り3回。昨季はチームを22年ぶりの2位に導き「今年こそ優勝!」と球団内の期待値を大きく引き上げた。

 しかし、契約1年延長で迎えた今季は、度重なる奇策の失敗や、リリーフ陣の酷使など不可解な采配のオンパレードで周囲の評価も急落。特に象徴的だったのが、今月1日からの首位・巨人との直接対決だった。当時は5・5ゲーム差と十分に逆転Vを狙える位置にいたが、それまで先発で2連勝中だったピープルズを中4日で中継ぎ起用したかと思えば、大事な3戦目にはセットアッパーのパットンを来日4年目で初の先発起用。これがハマれば“神采配”と称賛されたのかもしれないが、パットンは2回途中9失点と大炎上し、3連戦3連敗で巨人の独走を後押しする最悪の結果となった。

 こうした状況下で球団周辺や球団OBから聞こえてきたのが今季限りでラミレス監督が退任となり、その次を担う後任監督候補の名前だった。大筋の見解では「ハマの番長」こと三浦二軍監督が最有力候補ということだが…。ここへきて意外な人物の名も急浮上。それがあの名将・落合氏だ。

 DeNAの球団内情にも詳しい球界関係者の一人は「三浦監督誕生の前に、もうワンクッション置く意味で大物に指揮官を任せた方がいいという声も少なからずある。それが落合さん」と言い、こう続けた。

「落合さんの名前はこれまでもベイスターズの周辺から『監督候補』として幾度か出てきた。中日監督を退任してからGMとして再復帰する(11年オフ~13年10月までの)間に、球団に近い有力者が落合さんに水面下で接触していたとの話も聞いたことがある。現在の落合さんは中日のGM職を離れて事実上フリー。条件さえ一致すれば実現できるのではないか」

 落合氏に関する話は別の関係者からも聞こえてくる。「(落合氏の)側近のモリシゲさん(森繁和氏)の動向も非常に気になります。2人は昵懇(じっこん)の間柄。以前、落合さんにベイスターズの監督就任説が浮上した際に『モリシゲさんも一緒に行くらしい』という話もあった。今はモリシゲさんもフリーの立場だし、そのモリシゲさんが入閣した上で落合さんが監督を務めるなら、番長(三浦二軍監督)もいい勉強になるのは間違いない」

 ちなみに落合氏は01、02年に横浜の臨時コーチを務めたことがあり、森氏も02、03年に一軍投手コーチを務めている。両者ともベイスターズとまったく縁がないというわけではない。

 DeNA・落合監督誕生となれば「巨人1強」となりつつあるセ・リーグに大きなうねりが生まれることも期待できる。いずれにせよ今オフ、ベイスターズのストーブリーグはかなりバタつきそうな気配だ。

(例によって「この記事の信憑性」はともかく、という前提で書きますが(苦笑))ま、落合氏からすると東京の自宅から単身赴任とかせずに横浜に「通勤」できるのは大きいかもしれませんね。ただねえ、落合サン、あまりファンサービスをやらないだろうし、横浜は今は熱いファンが増えてよりチームとしてはファンサービスを増やして観客動員を図ってる側面もあるだけに、そこが水と油なのが唯一惜しいってとこでしょうかね。

もっとも、ラミちゃんも悪くはないと思いますけども、でもたぶん「球団の流れ」からすると、ラミちゃんの次は三浦大輔氏なんでしょう?そんなにぬるま湯体質だと思わないし、言っちゃ悪いけど「昔っから巨人の人気におんぶにだっこ」な中日・阪神に比べれば独自によく頑張ってると思いますけどね。

スポンサーリンク

むしろ「阪神の」監督を落合氏にやってもらいたい(苦笑)

阪神フロントに今オフ“大ナタ”が…2度目のコロナ集団感染に親会社激怒!矢野監督も解任危機(日刊ゲンダイ)

同じく信憑性については「アレ」な(笑)日刊ゲンダイさんの記事より。

【阪神タイガース 腐食の構造】#1

「親会社はフロントの管理体制の甘さに怒り心頭です」

 阪神OBがこう言った。先日、糸原、岩貞ら選手、スタッフ合わせて7人ものコロナ感染が発生したことについてだ。

 阪神の谷本副社長兼球団本部長が「会食が原因だと推察できる」と話したように、感染の契機になったとみられるのが9月19日、名古屋遠征中の選手、スタッフによる会食だ。

■選手がこぞって内規違反

 球団は名古屋と広島遠征時に限り、指定日を設けて球団関係者や家族との外食を認めていた。人数は4人以内で2時間をメドとし、同じポジションの選手同士での会食を禁止していたが、感染した糸原、岩貞、陽川ら人数制限を超える8人が集まり、同一ポジションの選手も参加。感染した馬場と浜地も、同じ投手の岩崎、小川の4人で食事をしており、ルール違反を犯していた。

 外食くらい……とみる向きもあるだろうが、阪神に限っては、より厳格なコロナ対策を講じてしかるべきだった。

 というのも、3月に藤浪、伊藤隼、長坂の3選手が感染。直前に男女20人以上が集まる“合コン”に参加、一般人も含めて複数の感染者が出る事態となったからだ。球界関係者が言う。

「その際、揚塩球団社長は記者会見を開き、『結果的にこのように感染者が出たということに対して、今から思えば、もう少し厳しく外出禁止という形で臨んでいた方が良かったのかなという反省もございます』と陳謝した。にもかかわらず、再び感染者を出し、選手の自覚のなさが明らかになった。球界全体がコロナ禍でのシーズン遂行に四苦八苦する中、水を差したわけで、阪神は他球団、というより球界全体からも白い目で見られています」

 今回、揚塩社長は会見を行わず、管理部門のトップである谷本本部長が「私のミスジャッジだった」と陳謝したが、改めてチームのユルフン体質が明らかになり、親会社である阪急阪神ホールディングス(HD)、阪神電鉄内では、「球団の管理体制が甘すぎる」とフロントの責任を問う声が上がっているという。前出の阪神OBが明かす。

「6月の阪急阪神HDの株主総会では、藤浪らがコロナ感染したことに関し、株主から『藤浪君は悪くない。周りがチヤホヤしすぎだ』との指摘があった。これに対して親会社・阪神電鉄担当役員の百北常務は『プロ野球人、社会人としての自覚を強く促し、より厳しく行動処置を取るべきではなかったのかなと思う』と頭を下げている。半年で2度のクラスターはコンプライアンス重視の風潮にあって企業としては致命的。今年末で3年目を終える揚塩体制は刷新される可能性が高い」

■やりたい放題を助長

 もしフロントがテコ入れされれば、矢野監督の立場も危うくなる。ただでさえ巨人に4勝12敗と大きく負け越すなど、V逸は決定的。評論家やファンからは、再三にわたって采配ベタを指摘されている。選手が平気でルール違反を犯す土壌は、矢野監督のマネジメントの拙さも一因だという。

「西勇輝への対応しかりです」とは、球界OB。

「西は5月の緊急事態宣言中に滋賀でゴルフ、出身地の三重で不倫密会をしたにもかかわらず、球団は厳重注意処分でよしとしたし、矢野監督の対応も疑問。二軍降格させるなど、厳しく対処するどころか、エース扱いを続けてチヤホヤするばかり。結果、身内である球団職員の言うことを聞かなかったり、横柄な取材対応をしたりと、西のやりたい放題を助長している。前任の金本監督のように、締め付けすぎて選手が萎縮したら元も子もありませんが、締めるところは締めないとチームのタガが緩みますよ」

 開幕直後に2勝10敗と低迷した際には、親会社で矢野監督の後任候補の名前が浮上したほど。すでに、いざというときに向けての調査をしているとの情報もある。そこにきて球団トップが交代すれば、矢野監督は後ろ盾を失うことになる。今年は3年契約の2年目とはいえ、このままでは去就問題に発展しかねないのだ。

■後任候補に岡田彰布氏、平田二軍監督ら

 ただし、仮に矢野監督が退任することになっても、監督人事は混沌としそうだ。

「かねて親会社内で将来の幹部候補として評価を受けていた福留は、名古屋で8人での会食に参加、ミソをつける格好になった。後任候補としては2005年の優勝監督である岡田彰布氏に加え、実務経験が豊富な平田勝男二軍監督、生え抜きOBでテレビ解説者の赤星憲広氏の名前が挙がっている。特に岡田氏は監督在任中、投手を中心とした守りの野球で巨人、中日と3強時代を築いた。今季の阪神のチーム失策数59は12球団ワーストと立て直しは急務。阪神周辺では、『巨人の原監督ではないが、経験と実績があり、どっしりと構えられる監督が今の阪神に求められている』という声もあります」(前出のOB)

 組織自体が崩壊寸前。その病巣は非常に根深い。

まあこちらも信憑性はアレ、という前提でネタ1500%のつもりで書きますが…、

そこで阪神の監督として落合氏が就任して抵抗勢力を「粛清」したらどーなるか?

これは見てみたいかもしれないですねえ。むしろ横浜よりも劇的な変化を遂げるかもしれないしで(^_^;)

まず落合氏が三顧の礼を尽くしてきた阪神の親会社の「遠慮なく血の入れ替えをしてやってください。責任は我々が負います」という全面バックアップを受けて、まずコーチ陣のほとんどを「外様」で占めて、更に現有戦力をトレードだの戦力外通告だのをバッサバッサと「斬って」、おまけにグラウンドに降りてきて現役選手に余計なアドバイスまでやらかす阪神OBの野球解説者連中を出禁にして…とかを遂行したら、一気に阪神、あっさりと常勝軍団になるかもしれないですね(笑)。そしたらたぶん福留はたぶん引退か阪神追い出されるでしょうし、そして藤浪なんかはどうなるんだろう。あっさり見限られて3年後ぐらいにはパ・リーグのどこかのチームで先発ローテの一角を占めてるかもしれないね。

そして親会社には「胆力」が求められる、と(苦笑)

で、ここで問題はたぶん在阪マスコミは「監督としての」ファンサービスもしない(しかしそれを言ったらノムさんや星野サンはどうだったんだろうという素朴な疑問はあるのだが)、リップサービスもしないから落合監督と冷戦状態になって、先にも書いた出禁を喰らった「おせっかいな」阪神OBの野球解説者とともに「落合おろし」を始めていくんでしょうね。

ただし肝心の阪神の成績はとても絶好調、ぶっちゃけ阪神ファンは今までの勝率から思えば「冷徹だけどそれでも結果を出しちゃった」落合監督は星野監督以来の「救世主」になってるでしょうから観客動員力は全く落ちず、甲子園も含めて敵地も阪神ファンで膨れ上がる…みたいな事になった際に、親会社に胆力があるかどうかが勝負なんでしょう。「野球は強いし、しかも満員だからええやん。マスコミはそこをあえて必死に取材してネタを探すのが仕事や!」と落合監督を庇えるかどうか…ですな。ま、(反落合で凝り固まった(?))在阪マスコミの報道を真に受けて、親会社の株主総会で「阪神強いのは嬉しいけど、落合サン、ちょっと冷酷すぎますわ」と株主質問で泣きを入れる人が出てきそうだけど(爆)

ちなみに私は落合監督、現役の頃から好きなんですね…ま、素晴らしい打者というのもあるんですが、実は(20年前に亡くなった)母方の祖母に顔がそっくりなもんでどうも親戚のような親近感を(^_^;)

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ