うーん、日刊スポーツさんの気持ちはわかる(泣)

プロ野球6・19開幕へ「日常」取り戻す先陣切る(日刊スポーツ)

「さすがにプロ野球が始まらねえと辛いわー。どうにかなんねえもんかなあ」という日刊スポーツさんの記事なんですが…いやーわかるわ。私も最近、ブログのネタが無くて正直倦(う)んできてるもんで…(ノД`)シクシク

プロ野球が最短で6月19日の開幕に向けて準備を本格化させていく。新型コロナウイルスの感染状況を注視しながら、複数球団が今月中旬からの全体練習再開を検討。6月上旬に対外試合が行えれば、開幕まで約1カ月の準備期間の完了が見える。

当初の3月20日開幕から延期が長期化。ただ感染の鈍化傾向も見られ、全国的にも日常を取り戻すために段階的に制限緩和への動きも出てきた。国内スポーツも自粛の日々を過ごしたが、国民的プロスポーツが旗手となり、底力を示す。

   ◇   ◇   ◇

桜が散り、初夏を迎えても「日常の風景」を失って久しい。人間に備わった「投げる」という特殊能力を磨き上げ、職人が丹精に削った木を唯一の相棒に、超人的な反射神経と鍛え抜かれた腕力で対峙(たいじ)する。単純にして精巧。相反する要素を持つスポーツに娯楽のDNAをくすぐられ、多くの人々が魅了されてきた。間もなくプロ野球の幕が開ける。

6月19日。忍耐を強いられた日々の1つの出口であり、これから生まれる無数の希望の入り口になる。3月20日の開幕が延期され、専門家も交え、球界は開幕の是非について議論を交わしてきた。止まらぬウイルスの猛威に4月10日以降、同24日とカレンダーは無情にめくられていく。

5月に入り、同月末まで緊急事態宣言は延長となった。7月まで開幕がずれ込むことも予想された。一方で、感染状況は鈍化の傾向も見られる。全国的にも活動自粛に段階的な緩和が検討されている。延長前の5月6日までの同宣言発令中は、全体練習も控えた。だが緩和の流れに加え、各自治体の理解も進み、複数の球団が今月中旬の全体練習再開を視野に入れている。

同宣言が解除となれば、6月初旬の練習試合も可能となり、約1カ月の準備期間というロードマップで、待望の「6月19日の開幕」が見えてくる。11日にはJリーグとの対策連絡会議、臨時12球団代表者会議が予定され、開幕日を煮詰めていく。

プロ野球が発する底力。選抜高校野球、全国高校総体の中止で高校生は夢を奪われた。東京五輪の延期でトップアスリートは祭典まで1年の歳月を待たなければいけない。そんな状況下で国民的スポーツが先陣を切る意義は大きい。開催が不透明な夏の甲子園大会への希望の轍(わだち)となってほしい。

依然、予断を許さない状況は変わらない。節度ある我慢を緩めれば、これまでの努力が水泡に帰する。開幕までも、開幕してからも感染予防という経験のない神経戦を繰り広げなければいけない。選手自身もリスクと背中合わせ。その上で最高のパフォーマンスを披露しても、しばらくスタンドは空虚な無観客試合になることは必至だ。現状では最大125試合で交流戦もない。球宴の実施も難しい。長年の歴史で培ったシーズンの様式美ではない。それでも日々、プロ野球が行われる。

その先に生まれてくるもの。日常を取り戻すための、目には見えない、だが大きな歩みになる。【広重竜太郎】

てな感じなんすけどね。

勿論、今のところは「6月19日開幕確定」というわけではなく、「最良の結果」であったとしても緊急事態宣言を解除されて1ヶ月前後の準備期間を置いてもたぶん6月19日開幕は結構厳しいんでしょうが、それはそれとしても、この日刊スポーツの広重竜太郎記者の気持ちは「わかる」ような気はしますね。あえて前向きに記事を書かせろ、という感じで一気に書いたんでしょう、これ。

…かといって個人的には、「この状況が状況だけに」能天気に構えたり、ぶっちゃけて言えば「あー、もうどうでもいいから開幕しちまえよ」みたいな無茶な事を言える状況ではなく、引き続き厳しいのは百も承知なんですけどね。

スポンサーリンク

ま、このブログも「ネタ」的にはさすがに…(苦笑)

うちのブログはあくまでも趣味としてやってまして、グーグルアドセンスさんの広告を貼ったりして多少のお小遣い程度の収入(よそのブロガーさんからすれば本当にお恥ずかしい程度の金額ではありますが)ぐらいでして、「アクセス数を稼ごう」とか「お小遣いを得よう」というよりかは(勿論「多ければ多いほど」励みになるのは言うまでもありません(感涙))、自分の趣味の野球・サッカー観戦の記事や、所属してるクイズサークルの趣味の一環で何かおもしろい知識や雑学を得るために時事ネタでも…みたいな事を書くのを優先してる今日この頃です。

で、一応自分として守ってるのがいくつかありまして、

・あまりに書くのが辛い・重い記事は書かない(例えば大きな死亡事故とか)。

・好きなジャンルでも筆が進まない記事はなるべく書かない。

・あまり露骨な「内輪ネタ」はなるべく書かない(ようにしている)。

というのは一応、守って書いていますね。もっともクイズサークルの話もあの会はあの会で一応「(サークル内でしか通用しないような)鉄板な内輪ネタ」というものがあるんですが、あくまでも外に向けての「こういうサークルやってます」という宣伝でもありますんで(笑)。

…で、最近はどうも新型コロナ禍の影響で、個人的には「Twitterとヤフーニュースをあまり見ない」「テレビのワイドショーは絶対に見ない」というのを心がけるようになりまして、基本的には所用がない限り家にいるか、たまに買い物しに近所のスーパーに行く程度でこの緊急事態宣言の日々を過ごしてるんですけども、やはりどーしても、

何か倦(う)んでしまう

そんな感じになるんですね。要するに去年までだったら「毎試合の結果と内容をブログで触れて、次の試合の時にはリセットしてまた記事か書ける」みたいな感じだったんですが、今はそもそもシーズンが開幕してないのでそれもできない…というのも大きいようです。かといって新型コロナ禍関連の記事ばかり書くのも正直言ってどうかと思いますし…。

ま、東日本大震災の時の「自粛ムード」の時も似たような気持ちになりましたが、その頃は前職の営業周りの仕事があまりにも忙しくて(何せ朝7時すぎには出勤して夜7-8時ぐらいに帰ってくる生活でしたから…)むしろテレビ等を見る時間がなかったのが逆にここまでには至らなかった…ような気がします。あの計画停電とガソリン不足には正直「辟易」しましたけどね。

しかしどーなるんでしょうかね今後。個人的には、安倍政権が各宅に配布する「アベノマスク」(まだ届いてません)と、例の10万円の「特別定額給付金」(うちの地元の自治体では郵送での申請書は5月下旬に来るらしいです)が届く頃に、なんとかプロ野球やJリーグが開幕してくれないなあ、と薄ぼんやりと考えてるとこです。たぶん「良くても・最速でも」7月に入るんだろうなあ。その間に新型コロナ禍の「第2波」「第3波」とかが来ないといいんだけど。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。