「怒ると叱るは違う」←いい言葉だ。っかし修行先のパン屋を炎上させる程の話じゃないだろ(呆)

「欅坂46パン屋事件」の真実。なぜネット炎上したのか、店主に聞いてみると(bizSPA!フレッシュ)

この番組のこの回の放送、本当に偶然に深夜、なかなか寝れなくてなんとなくテレビをつけたらやってたんで見ちゃってたんですが…あれはアイドルの子の態度が悪いなあなんて思ったんで、まさか「炎上」してただなんて(^_^;)

ネット炎上という現象が一般に定着して久しい。ひとつの発言、ひとつの言動に対してネット上で不特定多数が集中砲火を浴びせる。気づいたら、このような現象が日常の風景となっていた。

 山梨県富士川町にある「無添加ベーカリー・デッセム」の店主・廣瀬満雄さん(69歳)も、2020年にネット炎上を経験した一人だ。テレビ番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系列、放送終了)の収録で同店を訪れた欅坂46(当時、現・櫻坂46。以下同じ)のメンバー渡辺梨加さんと長沢菜々香さん(2020年3月卒業)が廣瀬さんの指導のもと、パン作りに挑戦した。

 放送中、返事をしない2人の態度を改めさせるために、「返事くらいちゃんとしろ!」「それが社会生活の基本だろ」などと廣瀬さんが強い言葉を使ったことが炎上のもととなった。放送終了後にネット上は荒れ、一部の熱狂的なファンからの廣瀬氏個人や店舗に対する誹謗中傷の書き込みもあった。

 厳しい上司のもとで働く若いビジネスマンは、つい欅坂46メンバーに共感しがちだが、廣瀬さんがあえて彼女たちを怒った真意とは。また、炎上についてどのように思ったのか。今回、東京都から中央自動車道で約2時間、山梨県にある「ベーカリー・デッセム」で本人に話を聞いた。

私は欅坂46を怒っていない

 非常に温厚な人。取材をした私の廣瀬さんの印象だ。恥ずかしながら直接お会いする前は気難しく怒りっぽく、取材中に怒鳴られたりするのではないかと緊張していた。

 しかし、廣瀬さんは「一番聞きたいのは欅坂46の件ですよね」と、自ら話を切り出すと、驚く私を尻目に、温和な表情で話しはじめた。

「番組が放送された後に、すぐにプロデューサーから電話がありましたよ。『炎上してしまって、そちらにも苦情の電話がいくかもしれない』と。その後は知り合いからも炎上についてよく心配されました。ただ、私自身、フェイスブックやツイッターへの投稿はしますが、それ以外にネットを見ることはないので、まったく炎上しているという自覚はなかったんです」

 廣瀬さんは炎上については周囲の話で知ったそうだ。しかし、その中で不思議に思うことがひとつあったという。

「炎上の中で『欅坂に激怒した』という風に言われていたみたいですね。ただ、激怒というのは私には身に覚えのないことです。私はあの子たちを怒ってはいないんですよ」

「怒る」のでなく「叱る」指導法

「私が欅坂の子たちにしたことは“怒る”ではなく、“叱る”です。確かに私は欅坂の子たちを叱りました。私は叱る時には徹底的に叱ります。ただ、パンを学びにきた人間を怒ったことは欅坂の子たちも含めて一度もありません」

 廣瀬さんは「怒る」と「叱る」は根本的に違うという。自分の私情が入ってしまえば「怒る」になる。「叱る」というのは私情を入れずに言動を正すことであり、廣瀬さんが欅坂46をはじめとする厨房に入ったこれまでの数多くの弟子にしたことは、後者であった。

「厨房から離れれば、欅坂46の子たちも普通の女の子で、普通に生活している人です。そのことはよくわかっていますし、厨房の外に出たら私から言うことは何もないです。ただ、厨房の中では私の流儀を守ってもらいたい」

パンに対して失礼であってはならない

 そもそも廣瀬さんが2人を叱ったのは返事についての指導だった。廣瀬さんがパン作りについて教えても、2人は黙ったまま。聞いているのか、聞いていないのかわからないことに対して、声を上げたのだ。

「相手の言うことがわからなければ返事をしてほしいと言いました。『はい、なんでしょう』『はい、どういう意味ですか』と返事をしてほしい。『はい』という返事ができないというのが叱る要素でしたね。ただ、彼女たちに腹を立てたとかそういったことではないです」

 とはいえ、欅坂46のメンバーはテレビ番組の収録で1日だけの関係だ。それだけの関係性と割り切って、叱らずに1日を終えることは考えなかったのだろうか。

「それはできないですね。一歩厨房に入ってしまえば、誰であろうと、1日だけであろうと関係ありません。パンを前にしたら、パンに対して失礼であってはならないと考えています」

で、全文引用するには長すぎるんで、このパン屋のご主人のルーツなどの話が入って(ここらへんもおもしろいんですけど…すんませんです)、文章の最後に飛びますが、

叱られ慣れていない若い世代に思うこと

「世代による変化は必ずしも悪いことだけではなく、良い面もあります。今の若い世代はある意味では非常に打たれ強いです。私が若かった頃に比べれば、努力もしているし、根性があると思います。ただ、若い人と接するときに、どこまで響いたのか判断できないこともあります。話したことがどれだけ心に刺さったのか、それが見えづらいんです。もちろん、そう思ってしまうのは私の経験不足、勉強不足な面もあります」

 廣瀬さんは間もなく70歳。パン屋を開業して以来、これまで28人の弟子がパンづくりを学び、そして各々の看板を持つ形で独立していった。

「多くの世代、多くの人を指導してきましたが、今の若い世代の置かれた環境は恵まれている一方、彼らを叱る人はもっと必要だと私は思います。怒る人でなく、叱る人です。もちろんそこにはお互いの信頼関係が必要です。上司も相手の気持をわからないとダメだと思います」

 廣瀬さんのように、目上の人が若い人を叱るということは珍しいことになった。もちろんハラスメントになってしまっては問題だが、この記事を読んでいる若手ビジネスマンが上司に怒られているときは、こうした言葉を思い返してみてもいいかもしれない。

とまあこんな感じに。

スポンサーリンク

つーか、本当にこんな程度の話で炎上させたバカどもがいたのか…。

私自身は本当に偶然、この時期は新型コロナ禍の緊急事態宣言の真っ只中で、外出もなかなかままならず、趣味のスポーツ観戦もクイズサークルも全くできない状態で悶々としてた頃でして、たぶん早寝はしたんですけど夜中にトイレに起きた際に寝れなくなっちゃったんでしょうね。で、なんとなくパソコンの電源をつけつつ、横のテレビの電源をリモコンでつけたらたまたまテレビ東京のこの番組をやっていた…という感じで、文字通り「本当にたまたま偶然」って感じで見てました。まあ実際は「見てた」ってよりかは「眺めていた」って方が言い方としては正しいんでしょうけどね。なにせ「乃木坂」「欅坂」「日向坂」「櫻坂」などの各46のグループの違いすらよくわかってませんし。いずれも服装が清楚っぽくてかわいいおねいちゃんたちが多くていいなあ、という印象だけで(笑)

で、あくまでもそのような「誰々がパン屋の修行に行った」みたいな前提知識が全くない状態で「眺めていた」私の感想としては「アイドルのおねいちゃんたちの態度、あれは怒られても仕方ねえんじゃね?」でしたね。少なくても返事ぐらいしろよ、と。仮に地元の高校生あたりのアルバイトの子ですらそれやったら1500%叱られるぞ?仮にそれが「美食倶楽部」なんかだったら海原雄山に半殺しされるぞ?みたいな(意味不明)

むしろあれが「テレビの演出(「修行」という名前でパン屋にわざわざ訪れて、教えを請うという意味での)」で台本ありきの言動(?)だったらどんだけ後で起承転結的に円満に話がおさまるんだろう…と思いながらって感じでしたが、まさかあの番組がきっかけであのパン屋に対して炎上させるバカが出ていたとは。むしろ記事を読んで「ああ、あの時の」って逆にびっくりした始末でした。

でもこのパン屋のご主人の「怒ると叱るは違う」って言葉、これは本当に良い言葉ですね。私なんかは「批判と非難は違う」ってのはよく意識していまして、批判というのは「相手に良くなってほしいから言う事」だと思っててそれがない場合、つまりは投げっぱなしのノーフォローなやり方はただの「非難」、または「罵倒」に過ぎないんよな、と。なんともそれに通ずるものを感じますね。

なので、あのパン屋さんに炎上を仕掛けた連中はみんなで「ごめんなさい」した方がいいと思うけどね。まあこのコロナ禍の中、今すぐ山梨まで買いに行ってやれ…とまでは言わないけどもだ(失笑)。で、叱られたおねーちゃんたちは今は何してんだろう、知らんけど。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ