しかし「#二宮の唯一の欠点は伊藤綾子」のハッシュタグはひでえな(苦笑)。

※追記しました(11/13 15:45)

活動休止待たず嵐二宮結婚 祝福か逆風かファン複雑(日刊スポーツ)

しかし嵐の二宮くんがもう36歳だったってのにそっちの方が驚いた。結婚おめでとー。

嵐の二宮和也(36)が、元アナウンサーの一般女性(38)と結婚した。人気絶頂の国民的アイドルグループメンバーの結婚は衝撃的だ。一方、近年ジャニーズ事務所所属のタレントの結婚が続いている。アイドルの高齢化が進み、“適齢期”のメンバーが増えたことが一因と言えそうだ。

ジャニーズでは、今年9月にTOKIO城島茂(48)がタレント菊池梨沙(24)と結婚したばかり。TOKIO国分太一(45)が結婚した15年以来、5年連続で所属タレントが結婚している。少年隊、SMAP、TOKIO、V6といった80年代から90年代に結成された人気グループのメンバーが続々と“適齢期”を迎えていることが背景にある。

15年に国分が結婚した際、ジャニーズ事務所前社長で、今年7月に亡くなったジャニー喜多川氏(享年87)は、アイドルの結婚について「(立場上)奨励するわけにはいかないけど、遠慮なく適齢期になったら結婚すべき」と話していた。36歳で結婚を決断した二宮は、アイドルとしてもまだまだ脂が乗っており若い印象も受けるが、木村拓哉(46)は00年に28歳で、V6井ノ原快彦(43)は07年に31歳で結婚しており、過去の前例を見ても特別結婚が早いわけでもない。

ただ、ジャニー氏は当時、「自分の責任のもとで結婚するわけで、『人気が落ちたりするのはプロダクションのせい』と思うタレントなんていない。結婚は結婚として、本人は(自分を)認めながら信じながら、結婚するんじゃないですか」とも話していた。アイドルという職業の特性上、熱愛や結婚が人気に影響を及ぼすことは必然。これについては“自己責任”ということだろう。

嵐は今月3日にデビュー20周年を迎えた。来年末をもっての活動休止も発表している。このタイミングでの結婚には、関係者の間でも賛否両論が巻き起こっている。「もちろん祝福する気持ちもあるけど、せめて活動休止まで待ってほしかった」と話すテレビ局関係者もいる。ファンからすれば当然、なおさらだろう。

ジャニー氏は当時、こうも言っていた。「国分は真面目でちゃんと仕事をやっています。(結婚は)当たり前だと思いますよ」。二宮が人気・実績ともに十分なのは誰もが認めるところ。ファンクラブ会員には「この決断が後に、良かったと言ってもらえる様に、今日からも変わらず、そして来年以降も二宮和也は頑張って参ります」とも伝えている。逆風も吹く中でのゴールインとなるが、今後の仕事ぶりで関係者やファンを納得させられるのか注目される。

◆二宮和也(にのみや・かずなり)1983年(昭58)6月17日、東京都生まれ。99年に嵐として「A・RA・SHI」でCDデビュー。クリント・イーストウッド監督「硫黄島からの手紙」などの映画に出演。山田洋次監督「母と暮せば」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞。ドラマは、フジテレビ系「フリーター、家を買う。」TBS系「ブラックペアン」など。168センチ。血液型A。

20年前にコンビニでバイトしてた時、そこの店は店内のBGM代わりにBay-fmを朝から夜までずっとかけっぱなしだったんで、嵐としてデビューしたての頃の二宮くんの番組もよく聞いてただけに(計算したらまだ16-17歳の頃だったんだな…)、あのメンバーの中では一番印象深い人ではあるんですけども。ま、「声と名前」はそこで知った反面、「顔」を知ったのは随分後だったんすけどね(苦笑)

スポンサーリンク

しかしハッシュタグがひでえひでえ。

と同時に、あれだけのジャニーズ事務所、それどころかSMAP解散後は日本では最も人気があるアイドルグループのひとつになってしまった昨今、いくら36歳とはいえ、熱狂的なファンの女の子からバッシングを受けたり、ファン離れが始まるのかな?と思ってたら、

Twitterのハッシュタグのトレンドに

「#二宮の唯一の欠点は伊藤綾子」

のハッシュタグが。「はー、そっちに流れましたか」と(爆)。

※ま、その下の「#櫻井翔失踪届」には、「いかにもネタくせえ」んであえて触れませんがw

でも奥さんになる人は二宮くんより年上なんでしょう?結婚してお子さんを作るとしたらさすがに初婚ではギリギリの年齢でしょう。しかし「屈折」してるなあ。「二宮くんの結婚は反対はしないが、でも…」的なのが長年のファンの乙女心(?)を垣間見る感じになりましたな。

…で、ジャニーズ事務所のタレントが「なかなか結婚できない」ってのは、あれはジャニーさんの意向ってよりも、姉のメリーさんの意向の方が強そうだけどね。「あんたらは”商品”なんだから」とか平気で言いそうだし。それとジャニーさんとかの意見が独り歩きして、事務所のスタッフがトップに忖度しちゃってタレント自身が「なんか怒られそう、そして仕事を干されそう」と、なかなか決断できないという側面もありそうだ。

もっともそれ以前に、近年はアイドルとしての第一線は退きつつも未だにそれぞれで芸能活動は続けている少年隊は別にしても、SMAPやTOKIOみたいに「30歳・40歳を過ぎてもバリバリでアイドルとして芸能界の第一線で活躍してる(orしてた)」というケースが、むしろ「ジャニーズ事務所のアイドルとしてはレアケース」だったんかもしれないね。考えてみたら、光GENJI以前だと主にグループでの活動場所ってのは「歌手」だけだったんで、メンバーの加齢・嗜好の変化(歌手やドラマ、演劇などなど)で解散してそれぞれがピンに…という流れだったのがSMAPが「解散せずともメンバーそれぞれがピンでも活躍できます」という道を開いたってのが、ある意味で画期的であり、そして想定外だったのかもね、と。

ま、いずれにしてもおめでとーございます。お幸せに。個人的には次はできれば大野くんの朗報も聞きたいですな(笑)

追記

で、所用を終えて帰宅してTwitterを見たら、こんなハッシュタグがトレンドになっていた。

「#二宮和也死ぬ気で幸せになれ」…か。本人からすると「言われんでもそうするわ」的な感じだろうけど…いいファンもたくさんいて彼は幸せだな。できれば相葉くんや大野くんもそれに続いて(もしお相手がいれば、だが)幸せになってほしい(笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ